ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

2018年2月14日 (水)

京都・嵐山の「酒の神様」

 京都市の西の端、観光名所・嵐山の南側にある松尾大社は、お酒の神様としても信仰を集めているという。その近くで知人たちと会う機会があったので、帰りに訪ねてみた。そこには、古代日本の「神社」の姿があった。

_1

続きを読む »

2018年2月 1日 (木)

さぬきうどんの勲章

 今年も恒例の「さぬきうまいもん祭りin 大阪」が開催された。今年は小豆島でオリーブ栽培が始まって110年の節目とあって、各テーブルに小豆島産のオリーブオイルの瓶が2種類ずつ置かれ、「どんな料理にも合います」とアピール。会場ではさぬきうどんの大御所が、見事な技を披露してくれたが、出来たての手打ちうどんを見て、ある挑戦を思いついた。

_1

続きを読む »

2018年1月26日 (金)

道後「飛鳥乃湯泉」に入ってみたら

 前々回に少し触れた道後尾温泉の新しい別館「飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」。西条市の取材の翌日、松山まで足を運んで見学させてもらった。一般の方が入浴し、浴衣で休憩する施設だけに、内部の写真撮影は難しいが、今回は特別に、2階の個室休憩室のひとつを撮影させてもらった。そこがすごかった。

_1

続きを読む »

2018年1月19日 (金)

休暇村で飲んだお酒は

 取材で愛媛県西条市にある休暇村瀬戸内東予に宿泊した。着いて驚いた。休暇村からの景観はどこも素晴らしいが、瀬戸内東予からは海と山の両方の眺めが楽しめるのだ。夕食は季節の旬の会席をいただいたが、料理とともに、お酒にもびっくり。そこには西条ならではの魅力が秘められていた。

_1

続きを読む »

2018年1月11日 (木)

道後温泉にクマが立つ

 4年ぶりに道後温泉を訪ねたら、前回来た時と比べて、本館が宝石箱のようにきらびやかに見えた。おなじみ「坊ちゃん列車」(伊予鉄道)の道後温泉駅も様変わり。今年は本館の改修工事が始まる予定だが、一方で、人気アート作品を集めた「道後オンセナート(温泉とアート)2018」もすでにプレオープンしている。そんな道後温泉を歩いてみたら、巨大なクマにびっくり。

_1

続きを読む »

2017年12月11日 (月)

「ぼたん鍋」の食べ方

 先日、取材で丹波篠山名物の「ぼたん鍋」を食べた。本格的なものではなく、イノシシの肉が入った小鍋が中心の定食だったが、普段は牛、豚、鶏しか食べないので新鮮な味わいだった。しかし、気を付けなければならないこともあるという。それは。

P1050153_1

続きを読む »

2017年10月31日 (火)

越前がにの町 謎のモニュメント

 11月6日はズワイガニ漁解禁日。来年3月20日まで、冬の味覚の王様を堪能できる。実は10月中旬、ズワイガニ(福井県では越前がに)の水揚げが福井県内の7割を占める越前町を訪ねた。まだカニがない季節だったが、これまで不思議に思っていたズワイガニの謎が解けた。それは。

_1

続きを読む »

2017年10月27日 (金)

「良縁の樹」というパワースポット

 福井県の東部、岐阜との県境にある大野市には「良縁の樹」というパワースポットがある。縁結びの神様は多い。しかし、その神様の姿は見えない。ところが、この「樹」は、目の当たりにすれば、「なるほど、良縁だ」と納得する。地元には言い伝えも残っていて、町の人たちの信仰も集めているようだ。はたして、その実体とは。

_1

続きを読む »

2017年9月19日 (火)

箕面の滝まで歩け!歩け!

 報知新聞社主催「大健康チャリティーウオークin箕面公園」が10月8日、大阪府箕面市の「明治の森 箕面国定公園」で行われる。今年歩くのは、落差33メートル、幅5メートルの箕面大滝まで約7キロの「箕面ええコース」と、滝から北の箕面川ダムを一周する約13キロの「箕面ごっつええコース」。渓谷の絶景と新鮮な空気を楽しみながら歩いてみた。

_1_1

続きを読む »

2017年9月 5日 (火)

松阪牛を松坂城跡で食べる

 パスタソースキッチンの「松阪牛ひとくちステーキ イゾラ風リゾットを添えて」を、どこで食べようか迷った。市街地の北側には、かつて紀州藩のお城番が住んだ「御城番屋敷(ごじょうばんやしき)」(江戸時代末期)が保存されていて、内部も一般公開されているが、国の重要文化財なので、もちろん内部で飲食などできない。そこで向かったのが。

_1_3

続きを読む »

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.