ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 松阪牛を食べ歩く | メイン| 箕面の滝まで歩け!歩け! »

2017年9月 5日 (火)

松阪牛を松坂城跡で食べる

 パスタソースキッチンの「松阪牛ひとくちステーキ イゾラ風リゾットを添えて」を、どこで食べようか迷った。市街地の北側には、かつて紀州藩のお城番が住んだ「御城番屋敷(ごじょうばんやしき)」(江戸時代末期)が保存されていて、内部も一般公開されているが、国の重要文化財なので、もちろん内部で飲食などできない。そこで向かったのが。

_1_3

 松阪は江戸時代初期には「松坂藩」だったが、治めていた古田家が浜田へ転封された後は紀州藩の城代が置かれたという。その城跡は公園になっていて、石段を上っていくと、市内が一望できる。最初は、御城番屋敷を見下ろすベンチで食べようかと思ったが、あいにく雨が降ってきて困った。

_1_4



 ところが、公園内には屋根とテーブルのあるあずまやがあった。そこが食卓に早変わり。調理されてから少し時間は経っていたが、ひとくちステーキは軟らかく、口の中でとろける。肉汁を吸ったリゾットもおいしい。量は「ちょこっと」とはいえ、あの値段で、このグレードの料理を出して、採算が取れるのか心配になるほどだった。
 2品いただいたが、まだ食欲は健在。最後は松阪牛のサンドイッチだ。お店は、スペイン石窯で焼いたパンが地元で大人気のチェーン「513BAKERY(コイサン・ベーカリー)」の「特製松阪牛サンド」(432円)。

_1_5



 特製ダレで味付けした松阪牛の細切れを、歯切れのいい独特の食感のパンでサンドしている。それを買って、向かったのは郊外の松阪農業公園ベルファームだ。雨がやんだので、サンドイッチをピクニック気分で食べてみようというもくろみだった。
 ところが着いてみると、エントランスに黒毛和牛の像があった。台座の解説によると兵庫県産(主に但馬牛だろう)の子牛を厳選し、松阪市とその近郊で900日以上飼育し、出産をしていない雌牛をモデルに作られたという。松阪牛そのものの像だ。厳しい製品管理が、独特の口どけを生み出すのだろう。

_1_6



 この日は、サンドイッチを含めて松阪牛の料理を3品堪能したのだから、その黒い像に手を合わせた。その牛の像を見ながらベンチで食べる松阪牛のサンドも格別だった。
 この企画「ちょこっと松阪牛」は、11月30日まで。歴史情緒あふれる街中を散策しながら、生産地ならではの質と値段の松阪牛を味わうのも楽しい。そして、テイクアウトだから、伊勢志摩観光の帰りにお土産に買うのもオススメだ。
 詳しくは、ここを参照。
 https://travel.rakuten.co.jp/movement/mie/201703/matsusaka.html
 (2017年9月5日、文と写真・鬼塚 静信)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.