ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

鬼塚静信

2018年1月19日 (金)

休暇村で飲んだお酒は

 取材で愛媛県西条市にある休暇村瀬戸内東予に宿泊した。着いて驚いた。休暇村からの景観はどこも素晴らしいが、瀬戸内東予からは海と山の両方の眺めが楽しめるのだ。夕食は季節の旬の会席をいただいたが、料理とともに、お酒にもびっくり。そこには西条ならではの魅力が秘められていた。

_1

続きを読む »

2018年1月11日 (木)

道後温泉にクマが立つ

 4年ぶりに道後温泉を訪ねたら、前回来た時と比べて、本館が宝石箱のようにきらびやかに見えた。おなじみ「坊ちゃん列車」(伊予鉄道)の道後温泉駅も様変わり。今年は本館の改修工事が始まる予定だが、一方で、人気アート作品を集めた「道後オンセナート(温泉とアート)2018」もすでにプレオープンしている。そんな道後温泉を歩いてみたら、巨大なクマにびっくり。

_1

続きを読む »

2017年10月31日 (火)

越前がにの町 謎のモニュメント

 11月6日はズワイガニ漁解禁日。来年3月20日まで、冬の味覚の王様を堪能できる。実は10月中旬、ズワイガニ(福井県では越前がに)の水揚げが福井県内の7割を占める越前町を訪ねた。まだカニがない季節だったが、これまで不思議に思っていたズワイガニの謎が解けた。それは。

_1

続きを読む »

2017年10月27日 (金)

「良縁の樹」というパワースポット

 福井県の東部、岐阜との県境にある大野市には「良縁の樹」というパワースポットがある。縁結びの神様は多い。しかし、その神様の姿は見えない。ところが、この「樹」は、目の当たりにすれば、「なるほど、良縁だ」と納得する。地元には言い伝えも残っていて、町の人たちの信仰も集めているようだ。はたして、その実体とは。

_1

続きを読む »

2017年9月19日 (火)

箕面の滝まで歩け!歩け!

 報知新聞社主催「大健康チャリティーウオークin箕面公園」が10月8日、大阪府箕面市の「明治の森 箕面国定公園」で行われる。今年歩くのは、落差33メートル、幅5メートルの箕面大滝まで約7キロの「箕面ええコース」と、滝から北の箕面川ダムを一周する約13キロの「箕面ごっつええコース」。渓谷の絶景と新鮮な空気を楽しみながら歩いてみた。

_1_1

続きを読む »

2017年9月 5日 (火)

松阪牛を松坂城跡で食べる

 パスタソースキッチンの「松阪牛ひとくちステーキ イゾラ風リゾットを添えて」を、どこで食べようか迷った。市街地の北側には、かつて紀州藩のお城番が住んだ「御城番屋敷(ごじょうばんやしき)」(江戸時代末期)が保存されていて、内部も一般公開されているが、国の重要文化財なので、もちろん内部で飲食などできない。そこで向かったのが。

_1_3

続きを読む »

2017年9月 1日 (金)

松阪牛を食べ歩く

 松阪牛(まつさかうし)といえばブランド牛肉。サーロインやリブロースなどといった高級部位は、よほどのお金持ちでないと、めったに食べられるものではない。ステーキや焼き肉、すき焼きなどガッツリ食べるには、それなりの支払いを覚悟しなければならない。しかし生産地の三重県松阪市では今、正真正銘の松阪牛の肉を少しずつ使った料理をテイクアウトできる。名付けて「ちょこっと松阪牛」。先月、取材に行ってきた。

_1

続きを読む »

2017年8月 4日 (金)

神様のソバと鉄のキツネ

 島根県奥出雲町のランチタイム。出雲といえば「そば」。そこで有名な「姫のそば ゆかり庵」へ向かったが、不思議な店だった。玄関口まで行く間に鳥居をくぐる。そして、広い座敷に座って庭園を見てびっくり。神様が立っているのだ。

_1_1_4

続きを読む »

2017年8月 1日 (火)

真夏にオススメ 神秘の滝

 先月の旅の取材で訪れた島根県雲南市と奥出雲町で、一番印象に残るのは「龍頭が滝」だった。巨大な岩の上から滝が流れ落ち、岩には岩窟があって、滝を裏側から見ることが出来る。日本国内で「裏見の滝」はほかにもあるが、「龍頭が滝」の雄滝の眺めは神秘的。この夏の冒険にオススメだ。

_1

続きを読む »

2017年7月26日 (水)

出雲の国のワンダーウーマン

 島根県の取材では奥出雲町の奇勝「鬼の舌震(したぶるい)」も訪ねた。黒雲母花崗岩の地層が大馬木川の流れに浸食されて切り立った断崖となり、V字渓谷の底には巨岩、奇岩が、まるで川をせき止めるかのように折り重なっている。ど迫力の奇勝で国の天然記念物だ。「出雲国風土記」にはこの地にまつわる説話が収められているが、そのストーリーは、まるでアメコミのワンダーウーマン。古代日本人の発想は奇想天外だ。

_1

 

続きを読む »

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.