« When one door shuts,another opens.グッバイ、オーティズ。 | メイン | 坂元弥太郎、いざトライアウトへ。扉よ、ひらけ。 »

2013年8月29日 (木)

晩夏、復活のステージへ。お楽しみはこれからだ

 季節は移ろう。猛暑が続いた所沢でも、吹き抜ける風に秋の気配を感じるようになった。

 西武・菊池雄星は左肩の炎症のため、8月7日に出場選手登録を抹消された。翌8日からはファームでリハビリの日々が始まった。当初、2軍選手の中で雄星の白い肌はあまりにも目立っていたが、所沢の太陽光線を浴びまくり、すっかり小麦色になっていた。

 8月27日午後。

「ちょっと、緊張しますね」

 雄星はそうつぶやいて、3週間ぶりのキャッチボールに向けて準備していた。グラウンドへ出ようとするその時、荒川ブルペン捕手が呼び止めた。

 「せっかくだから、こっちのボールを使ってよ」

 差し出したのは新品の硬球だった。雄星は「ありがとうございます」と感謝し、銀紙を剥いだ。真新しい白球を黒いグラブの中に携え、西武第二球場の芝生の上へと走った。大きく振りかぶり、からだ全体を使って、キャッチボールが始まった。距離は最大で30メートル。10分ほどだったが、その表情が徐々に、野球少年のような「いい顔」へと変わっていくのが分かった。

009_2

 「まだまだです。痛みは今の段階ではないので、これから少しずつ上げていければと思います。順調に、右肩上がりでいければいい」

 そして、こう言葉を紡いだ。

 「やっぱり、野球っていいなと思った。もっともっと、投げたい気持ちになった」

 その日、ちょうど同時刻。

 同じ首都圏とはいえ、所沢からだいぶ離れた鎌ヶ谷スタジアムでは、右肩痛から復活を目指す日本ハム・斎藤佑樹がイースタン・西武戦に先発していた。わたしは所沢にいたので見られなかったが、5回を6安打されながらも1失点と粘投し、2軍戦ながら今季初白星を挙げたというニュースは、胸が躍るものだった。

  野球選手も生身の人間だ。負傷とは無縁で野球人生を終えられれば最高なのだが、それはなかなか難しい。1軍で躍動する選手に声援を送ることはもちろん無上の喜びではあるが、困難や逆境からはい上がろうとするアスリートに思いを致し、復帰を「待つ」こともまた、野球というスポーツとの付き合い方の一つであると思う。

  ひとこと伝えたくて、斎藤にメールをした。返信は翌朝、夜型の野球記者にはいささか早すぎる時間帯に届いた。早朝から、鍛錬への準備をしていることが、うかがえた。

  ペナントも大詰めの晩夏。激闘は続く。しかし表舞台だけでなく、復活に向けて自らと真摯に向き合い、闘い続ける男達にも、関心を寄せていきたい。

 お楽しみは、これからだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/31808469

晩夏、復活のステージへ。お楽しみはこれからだを参照しているブログ:

コメント

私はこの日、鎌ヶ谷にいました。
やはり怪我からの復帰を目指す坂田選手の実戦復帰初日を観るために。
正にこの記事のとおり、彼をずっと待っていました。
情報がなかなか入らない中、今頃どうしているんだろう、リハビリを頑張っているかな、なんて時々思いながら。
久しぶりに元気そうに動き回る彼を観て心が踊りました(≧∇≦)

雄星くん、やっと投げられるようになったんですね!
抹消される前の時期にはしなくなっていた大きなワインドアップモーションで投げる姿をまた西武ドームで観るのを楽しみにしています。
復帰したら必ず観に行きます!

昨日、雄星くんがキャッチボールを始めるって知って気になってました。
画像を載せて下さって、ありがとうございます。
オールスターがあり岩手凱旋投板があり、期待が大きくてまた無理をさせてしまいました…(;_;)
痛みがなくなって良かった〜(^o^;)

去年、花巻でのイースタン戦に斎藤佑ちゃんがいたのに声を掛けなかった事、ずーっと後悔してました。
昨日の白星は、ライオンズファンの私でも嬉しかったです。
今年は今度の土曜日。
戦い続ける男達に会いに行きます!
(大谷くんの凱旋は無理でしたね…(>_<))

加藤さんの事、Kスタでも岩手県営球場でも見てましたよ♪(*^^*)

雄星くんにせめてもう一個☆白星を〜!!

加藤さん、お元気でしたか?
久しぶりの斎藤くんの明るいニュースにもう大喜びです(^o^)二軍での一勝なのに、こんなに嬉しいなんて!それは今までの苦しみを知っているからでしょうね!!
やっと明るい光が見えてきたような気がします♪
斎藤くんとメールだなんて羨ましいですね〜
これからも斎藤くんの記事をよろしくお願いします!!

いつも心あたたまる記事ありがとうございます。

雄星くんが左肩痛で離脱したときは本当にショックでした。
もう少し早く言っていれば…
オールスターと岩手での登板があったから我慢していたんでしょうね。

順調に回復することを祈っています。

せめてあと一つ、一つでいいから勝ってほしいです。
加藤さんにお願いがあります。
これからはどんな理由があろうと我慢せず痛いときは痛い、と正直に言うように雄星くんに伝えてください。
宜しくお願いしますm(__)m

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。