ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

2017年11月13日 (月)

高橋ユニオンズOB会よ永遠に(第851回)

Photo 11月8日、都内で高橋ユニオンズOB会が開催されました。毎年、この時期に原稿を書いているので馴染みの読者はご存じだと思うが、ユニオンズは言わずとしれた1954年から3年間だけ、パ・リーグに在籍した球団(55年の名称はトンボ・ユニオンズ)である。OB会は1980年にスタート。消滅した球団のOB会が選手の自主運営によって中断もありながら、2013年から幹事はフジテレビ系の人気番組「プロ野球ニュース」のキャスターを長年務めた佐々木信也さん。そうです、今年は源田(西武)の新人最多安打で何度もスポーツ紙に登場した佐々木さん(1956年に新人記録の180安打)です。そして、3年前に大作「高橋球団(ユニオンズ)」3年間のあゆみを自費出版された秋山哲夫さんを中心に続けられていた。

続きを読む »

2017年11月12日 (日)

大谷のメジャー行きは時期尚早? 行くなら故障無く規定投球回クリアを(第850回)

 大谷が「10勝&10本塁打」を目標とした事が報知新聞に初めて掲載されたのは3勝&3本塁打に終わったプロ1年目の13年12月25日付けの4面。クリスマスイブの誓いとして「最低でも2ケタ勝てるように、(本塁打も)まず2ケタを目指したい」というものだった。それを受けて、私は翌年の開幕直前に“大谷、日本プロ野球初の10勝&10本塁打なるか”と題したコラムを掲載。1982年、韓国プロ野球の金城漢(キム・ハンソン)、1918年ベーブ・ルースの達成例を書いた。

Pip171112ht1050132000000_2

 2年目の飛躍を期待しての原稿だったが、その年、11勝、そして10本塁打と成するとは思わなかった。そして4年目の昨年は、勝利こそかろうじて10勝も本塁打を22本放ってすごさを見せつけた。彼のピッチング、バッティングに魅了された一人だ。

続きを読む »

2017年10月21日 (土)

全米野球記者協会選定の4大表彰種目を予想

 9月のニュースセンターで掲載したメジャーリーグのポストシーズン予想は現在のところ外れっぱなし。優勝の本命としたナ・リーグのナショナルズ、ア・リーグのレッドソックスはあえなく地区シリーズで姿を消してしまった。今回はメジャー担当として、全米野球記者協会選定の4大表彰種目を予想する。なお、開票は11月に順次発表される。

(スポーツ報知ベースボール・アナリスト=蛭間豊章)

続きを読む »

2017年10月10日 (火)

大谷君にナ・リーグのススメ

 日本ハム・大谷の大争奪戦がスタートする。今季、メジャー30球団中28球団までが視察に訪れた。獲得に熱心だったレンジャーズは、ダニエルズGMがポスティング入札を一番乗りで明言するなど、準備万端だ。チーム力や環境などを踏まえ、大谷が最も力を発揮できそうな球団はどこだろうか。

続きを読む »

2017年9月30日 (土)

報知のスクープで「1万1号」が1万号に

20100525235723650507_s_19760117f0eh 「ヒルマニア」は、スポーツ報知で野球を担当し続けて45年の蛭間豊章記者が、マニアックなメジャーネタをお送りします。

 日本のプロ野球第1号は1936年5月4日、タイガースの藤井勇が打った。当時両翼が約110メートルあった甲子園(7月から両翼91メートルに)で行われたセネタース戦、5回のランニング本塁打だった。その様子を読売新聞の小島六郎記者は「中堅手(大貫賢)の手許を抜いて遠く転々とするホームランとなった」と、記念すべき1号ながら淡々と書いただけだった。

続きを読む »

2017年9月16日 (土)

米大リーグ見続けて40年の蛭間記者がPSを独断予想

 メジャーのペナントレースも残り3週間を切った。10月3日(日本時間4日)から始まるポストシーズン(PS)出場を巡って厳しい戦いが続いている。今年はダルビッシュ有(31)、前田健太(29)両投手所属のドジャースがナ・リーグ西地区5連覇を目前としている一方、田中将大投手(28)所属のヤンキース、上原浩治投手(42)のカブスもPS進出が濃厚だ。メジャーを見続けて40年の蛭間豊章記者が、新システムとなった過去5年間のデータからキーポイントを読み取り、リーグV、そして世界一はどのチームか独断で予想する。

 ※数字などは紙面に掲載された2017年9月16日時点

続きを読む »

2017年8月24日 (木)

ボンヤリ気候攻略で埼玉県勢初悲願

  花咲徳栄(埼玉)が16安打14得点で広陵(広島)を倒し、春夏通じて初の全国制覇を達成した。全試合9得点以上での優勝は、1921年の和歌山中以来96年ぶり2度目。06年の60発を大幅に更新する大会新記録68本塁打が飛び出した大会を、圧倒的な攻撃力で勝ち抜いた。埼玉・大宮高野球部OBで、長年、同県の高校野球に愛情を注いできた本紙・蛭間豊章記者(63)が、県勢初の全国制覇までの道のりをつづった。

 夏の県大会表彰式では県高野連会長が「今年こそ埼玉県初の深紅の優勝旗を持ち帰ってください」とあいさつするのが恒例だった。来年からはちょっと変わるのかと思うと感慨深い。

続きを読む »

2017年8月 9日 (水)

夏の甲子園、50年前にサヨナラホームスチールがあった(第849回)

19670815 7月12日付けの朝日新聞、月刊高校野球7月号は、2014年の第96回大会で大会タイ記録の8盗塁をマークした健大高崎の平山敦規にスポットを当て、それに最近のホームスチールの話も加えて面白い読み物だった。しかし、「甲子園を沸かせた盗塁の数々」と題した写真4点の中に大切な試合が入っていない。それは、春夏を通じて1度しかいないサヨナラホームスチールだ。

 今からちょうど50年前の1967年8月14日、大会4日目の第3試合、大宮(埼玉)と報徳学園(兵庫)の1回戦だった。大宮が2回、4番・吉田誠が左中間中段に飛び込む木製バット時代の甲子園史上最長アーチを放ち、1死後新井も2ランを左翼ポール際にたたき込み3点を先取。報徳も2回に大西、8回も米田がソロアーチ。この時点で当時の大会新記録となる1試合4本の本塁打が飛び交っていた。1点差で迎えた9回、春のセンバツで8強に入った優勝候補の一角の報徳は粘る。

続きを読む »

2017年7月19日 (水)

メジャーの球宴オールスターズはこれだ(第848回)

Photo_3 報知新聞の6版読者に「ヒルマニア」で、投手と野手の2回に分けて日本プロ野球(NPB)の球宴オールスターズをお送りしたので、今度はメジャー(MLB)版もやってみた。世紀の本塁打王ベーブ・ルース(ヤンキース)と左腕投手カール・ハッベル(ジャイアンツ)の対決が見たいという少年の言葉をきっかけに1933年に始まったMLBのオールスター戦。今年で88回目を迎え43勝43敗2分けと偶然にもまったく同数となった。回数が合わないって。それは太平洋戦争中で移動規制があった1945年が中止となった一方で、1959年から4年間は2試合ずつ行われた事があるためだ。

  【投手】投手選定の規準は、NPBより試合数が少ないため、8試合以上か投球回10以上にして5人を選んだ。まず、10イニング以上投げて無失点だったメル・ハーダーだ。インディアンス一筋で通算223勝した右腕で、初出場の1934年には何と5イニング1安打に封じるなどナ・リーグ打線に対し計4度登板し13イニングを9安打しか許さなかった。2試合行われた1959年に両方で先発するなど通算最多投球回となる19回1/3イニングを投げ防御率1・40のドン・ドライスデール(ドジャース)、1935年に先発し未だに破られない1試合6イニングを投げるなど最多の3勝、防御率も2・50のレフティ・ゴメス(ヤンキース)、18イニング投げ8人の走者しか出さなかった防御率1・00のジム・バニング(タイガース&フィリーズ)。そして通算最多の4セーブをマーク1失点も自責は0で防御率0・00のマリアノ・リベラ(ヤンキース)も抑えには欠かせない。球宴記録の5連続奪三振をマークした前記したハッベル、フェルナンド・バレンズエラは投球回10未満で惜しくも外れた。

続きを読む »

2017年7月16日 (日)

一塁は世界の王ではなく、お祭り男の清原で決まり…ヒルマニアが選ぶオールスターの中のオールスターチーム(野手編)

1990 過去のオールスターからベストナインを選出するヒルマニアの後編。打者はポジション別に人選してみた。《10回選出か30試合か75打席》という基準をクリアしたのは、投手に比べると多く、42人いた。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.