ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月28日 (水)

野球殿堂の規約改正(第368回)

 来年の野球殿堂入り候補者が27日に発表された。表彰規定の変更に伴って48回目の記者投票で初の候補者公表となった。今年の大幅改正の趣旨は、資格取得が現役引退5年後だったにもかかわらず、その資格を得る前に監督、コーチなどユニホームを着た場合はその5年に換算されずに、伸び伸びになるケースが多く見られた。たとえば、通算320勝を挙げた小山正明さんのように、1973年に現役引退したが、のべ5チームで投手コーチを務めたために殿堂入りは2001年と時間がかかった。

続きを読む »

2007年11月22日 (木)

イチローの中堅守備は現役3位(第367回)

Img004_2  米大リーグ(MLB)のプレーを数値化したことで知られるビル・ジェームス氏(現レっドソックスのアドバイザー)の2008年版のハンドブックが届いた。2007年にMLBで1試合でもプレーした全選手の年度別成績に加え、中日からFAとなっている福留孝介外野手の年度別成績も掲載されている。それだけではなく、スタジアム別の成績や監督の采配成績、来季の成績予想など各種の分析記録も巻末に載っており、毎年重宝している。

続きを読む »

2007年11月19日 (月)

ボンズの記録の扱いは大リーガーの投票に委ねたい(第366回)

Barry_lamar_bonds_2  ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手が2003年12月のバルコ社関係の詳言を巡って、米連邦大陪審から偽証罪などで起訴された。最大30年の禁固刑の可能性もあるビッグニュースに、私は17日付けのスポーツ報知に次のような意見を書いた。

続きを読む »

2007年11月12日 (月)

物足りなかったイチローの守備機会(第365回)

Ichiro  イチローが7年連続ゴールドグラブ賞を受賞した。彼の打球に対するスタート、処理、そして強肩と守備の三要素を兼ね備えたプレーは、米大リーグでもとどろき渡っており、当然の結果だと思う。イチローは日本時代と同じ7年連続の受賞で、200安打と共に自ら課している目標を成し遂げ「(中堅に転向し)これまでとは違った意味のゴールドグラブになった。個人的には(日本時代のゴールデングラブ連続受賞回数)7に並んだことも大きい。パズルの最後のピースが入った感じです」と語った。

続きを読む »

2007年11月 6日 (火)

ドジャースが9万人集めたコロシアムで公式戦開催か(第364回)

 ドジャースが来季、ロサンゼルス(LA)移転50周年を記念して1958年から4年間本拠地として使用していたロサンゼルス・コロシアムで1試合公式戦を行いたいと発表した。同コロシアムは1923年に完成。1932年と84年のロサンゼルス五輪のメーン・スタジアム。また、アメリカン・フットボールの南カリフォルニア大・トロージャンズの本拠地として健在だ。ドジャースは1957年限りでニューヨーク市のブルックリンから移転した。その理由は、駐車場の狭さと観客席増のために新球場建設を市側に要求した(構想ではドーム球場だった)が、賛同を得られなかったためだ。同じようにニューヨークに本拠を置いていたジャイアンツも1958年にサンフランシスコ移転。ナ・リーグの看板カードが西海岸で行われるようになった。
Dodgers

続きを読む »

2007年11月 1日 (木)

スター選手を監督に起用しないヤンキース(第363回)

Hiruma  ヤンキースの新監督がジョー・ジラルディ元マーリンズ監督に決まった。ヤンキースは、ジョー・トーレ監督との延長契約がまとまらなかった段階で、ジラルディ氏に決めていたふしがあった。メディアでは最有力とされていたドン・マッティングリー・ベンチコーチだったが、キャッシュマンGMを含めヤ軍首脳陣はトーレ色一掃する思惑があったのではないだろうか。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.