ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ルース弾で幕開けヤンキースの時代 | メイン | さすがトーレ采配13年連続PO »

2008年9月24日 (水)

王さんは日本プロ野球界最高の功労者(第427回)

 王貞治ソフトバンク監督が23日、退任を発表した。現役時代数々の本塁打記録を作ってきた背番号1は、1980年に「30本塁打しか打てず、自分のバッティングが出来なくなった」として現役生活に別れを告げた。1988年に巨人監督として68勝59敗3分けで2位ながらリーグ連覇を逃したとして辞任させられた。その後、6年間の解説者生活を経て、1995年からダイエーの監督に就任。1999、2003年に日本一となり福岡の地に、かつての西鉄ライオンズを思い起こさせるような強力チームを築いた。

 しかし、ここ数年は井口資仁、城島健司という主軸打者のメジャー挑戦で戦力ダウン。それに加え胃ガンの全摘手術を行って体調面でも、つらい日々の連続だったのだろう。ここまで采配を振るってこられて「御苦労様」とねぎらいの言葉しか浮かばない。

 長嶋ファンだった少年時代、王さんが本塁打を打つたびに「何で長嶋じゃないんだ」と思った事が度々あった。しかし、王さんが浪人時代に世界少年野球大会で何度か話をさせていただいた時に、周囲の人を思いやる人柄の素晴らしさを教えてもらった。また、いつも自分を育ててくれた日本の野球を忘れたことはないという姿勢にも感服している。

 巨人のユニホームを30年間着続けた後に、ダイエーのユニホームを着た。藤本定義、水原茂、三原脩の3氏が巨人の監督の後にパ・リーグの球団で采配を振るっている。しかし、選手時代に残した功績は王さんに遠く及ばない。それだけに東京から遠く離れた福岡行きを決断するのも勇気が必要だったのではないだろうか。しかし、ダイエー監督に就任後は、パ・リーグ、そして福岡、九州の野球熱発展に大きく寄与したことは疑いない。巨人の大スターでありながら、巨人に固執せずに、2度目の監督人生を全うして、野球人気をより盛り上げた点では、日本球界最高の功労者と言って過言ではないだろう。

 通算868本塁打した実績で、米国のスター選手も敬意を表す存在。一昨年のWBC優勝は日本の野球の底力を見せつけたが、決勝を中継したESPNの実況アナのジョン・ミラーと解説のジョー・モーガンは、試合の冒頭で王さんの話を延々と語り続けていたのも、偉大さを証明する一コマだった。

 米国の関係者は王さんだったら、メジャーでも多くの本塁打を打ったはず、と話しているという。実際、アメリカ野球学会の2005年版の「ベースボール・リサーチ・ジャーナル」に掲載したジム・アルブライト氏は日米のレベルの差を考慮した上で通算527本と弾き出している。21日限りで閉鎖されたヤンキー・スタジアムで日本人選手は松井秀喜の62本を筆頭に計68本を同球場で記録した。もし、王さんがメジャー、それもヤンキースに飛び込んでいたら、尊敬したベーブ・ルースが活躍した“聖地”で何本打っていただろうか。

コメント

まったく同感です。王さんの選手としてのホームランは少年時代、後楽園球場で見ました。すばらしかったです。その裏には荒川コーチのもとでの厳しい指導に耐えたご自身の努力がありました。監督としても、松中、小久保、井口、城島(ホークス四天王)を育て、他に川崎、本多、投手で斉藤、星野、吉田、杉内、和田、新垣、間原~書ききれないほど多くの選手を育てています。ホークスでの優勝3回(日本シリーズ優勝2回)。何よりWBCの優勝がすごい!ここ5年ほどは変転するパリーグのプレーオフ制度に苦しめられていましたが、それでもAクラスは維持していました。球界の重鎮OBの評価によると、プレーオフの導入がなければ本来、ホークス4連覇に相当する戦績。
王さんのように、選手としても監督としてもおそらく「球聖」という名に値する人は日本の球界からは今後、もう出ないような気がします。
王さんが育てたホークスの選手たちがスタジアムで躍動する姿をもう一度、見たかったです。ホークスの選手の皆さん、プレーオフは王貞治監督の仇と思ってこれから戦いなさい!
せめて、来年のWBCは総監督でもシニアアドバイザーでも、何でもいいから王さんにユニフォーム着てベンチにいていただけないでしょうか?
闘病生活も抱えている王さんに、まだユニフォームを着ていてほしい我侭,どうか、お許しください。
王監督、本当に長い間、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

私も王さんは最高の功労者だと思います。私のように少年時代にテレビにかじりつき、一本足打法のまねをした人はどれ程いるいるでしょう。それ程魅了させてもらうことが何よりのファンサービスだったのです。テレビのインタビューにしても王さん長嶋さんは何度同じことを聞かれても丁寧に答えていました。大人になってその姿に気づき改めて尊敬しました。一流選手は何人もいますが、ファンから尊敬される超一流は王さんが最後かもしれないと私も思います。その王さんの全盛期をタイムリーに見ることができたことはとても幸運でした。これからはゆっくり体を治してください。
ただ、残念なことはプロ野球界はあまりにもONに頼りすぎた。私としては、ONはもっと若い時に現役を退き、コミッショナーの職についてもらってプロ野球界の改革の先頭に立って欲しかった。ONの言うことならファンもマスコミも皆が応援しただろうから。

私は王さんと同じ町内で育ちました。小学校も同じで、6年後輩ということになります。
王さんがエース&4番打者として活躍し、早実が春の甲子園で優勝したのは、私が小学校6年のときでした。町内で祝いの行事が開かれ、小さな縁談に学生服姿の王さんが上がってスピーチをしたあと、提灯行列が行われました。私はその最後尾で歩きました。
そのときから、約50年。その間には、巨人に入団はしたものの、外野にすら飛ばせない王さんのバッティングに歯ぎしりしたり、一本足打法で突然ホームランを量産しはじめたのにびっくりしたり、いろいろなことが記憶の中にぎっしりつまっています。ヤクルト・鈴木投手から世界記録となるホームランが放たれたときは、テレビの前でバンザイ、すぐに酒屋に駆けつけ、祝杯をあげたものでした。
ご実家の押上「五十番」は周辺の店より値段が高くて一度も入らずに終わりましたが、私の中での王さんはいまも「東京・下町の英雄」です。
退任のスピーチに涙しながら50年前の路上でのスピーチを思い出し、さらには「たくさんの豊かな時間を贈っていただき、ありがとう」の思いで胸がいっぱいになったことでした。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/16354654

このページへのトラックバック一覧 王さんは日本プロ野球界最高の功労者(第427回):

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.