ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

イチローに2度目の300出塁を期待(第446回)

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の投打の主軸として期待されているレッドソックスの松坂大輔投手とイチロー外野手が、ともに来季の目標を語った。そろって挙げたのが「WBCの連覇」。しかし、それ以外には松坂が「レッドソックスの世界一」だったのに対し、イチローは「9年連続200安打」と、2人が所属するチームの現状を象徴する対照的なコメントだった。

続きを読む »

2008年12月21日 (日)

西武ライオンズはアイスホッケーに支援の手を(第445回)

 アイスホッケーの名門・西武プリンスラビッツは、スポンサーのプリンスホテルが金融不況のあおりを受けて資金停止を表明、今季限りの廃部を決めた。 1966年スタートした日本リーグ初年度から西武鉄道が参加。その後、西武グループの一つ、国土計画(後に名称をコクドに変更)も72年から同リーグに参 入。2003年西武鉄道が廃部となってコクドに統合となったが、2チーム合計で日本リーグには23度優勝した名門だ。現在、男子アイスホッケー日本代表 32人中11人が所属しており、他のクラブへの影響は計り知れない。

続きを読む »

「ナックル一族」ニークロ投手転向

 ジャイアンツの一塁手として通算195試合に出場し、打率2割4分6厘、17本塁打を残しているランス・ニークロ選手が、投手としてブレーブスとマイナー契約を結んだ。メジャーで野手経験のある選手が投手に転向するのは異例。決め手は来季から開幕する「関西独立リーグ」の神戸に入団した日本人初の女子プロ野球選手、吉田えり投手(16)が投げる魔球“ナックルボール”だった。

続きを読む »

2008年12月15日 (月)

ゴードンとペドロイア、突貫小僧的二塁手(第444回)

 米国の野球殿堂が8日、ベテランズ委員会選出の殿堂入りメンバーにヤンキースなどで活躍したJ・ゴードン氏を選んだ。ベテランズ委員会は、毎年1月に発 表される通常の殿堂入り投票で15年間の資格取得期間に当選できなかった選手を、新たに選出するシステム。第二次世界大戦を挟んで、それ以前に活躍した選 手を12人の有識者が投票、戦後デビュー組は現存する殿堂入りメンバー64人が投票。75%以上の得票が当選ラインだ。

続きを読む »

2008年12月14日 (日)

ヤンキースは不況どこ吹く風、2人補強に222億円

 大型左腕CC・サバシア投手(28)と投手では史上最高額の総額1億6100万ドル(約147億円)の7年契約に合意したばかりのヤンキースが12日、今度はブルージェイズからFAとなっていたA・J・バーネット投手(31)と総額8250万ドル(約75億円)の5年契約をまとめた。

続きを読む »

2008年12月10日 (水)

市川崑監督の「青春」のDVD販売を(第443回)

Hiruma_2  第402回で書いた、1968年に開催された第50回全国高校野球大会で市川崑監督の記録映画「青春」のDVDが朝日新聞社から届き、40年ぶりに見た。高校野球を憧れて見た中学3年生の時と、50代半ばで見るのとでは目線がまったく違う。みんな上手いな、と思っていた1つ1つのプレーも、中学時代から硬式に慣れて、トレーニングも合理的になった昨今のレベルアップぶりと比較すると見劣りしてしまう。

続きを読む »

2008年12月 7日 (日)

355勝右腕マダックス引退

 メジャー史上8位の通算355勝したグレッグ・マダックス投手(42)が5日、引退を表明した。代理人が明かした。8日に米ラスベガスで本人が記者会見する。

続きを読む »

2008年12月 5日 (金)

田沢、長野を上回るスター誕生を期待(第442回)

 米国時間4日、新日本石油ENEOSの田沢純一投手のレッドソックスとの3年総額330万ドルのメジャー契約が発表された。紙面上では同じ日本時間5日、ホンダの長野久義外野手が2位で指名されたロッテに入団拒否を正式に表明。昨年のドラフト会議直後に、スポーツ各紙が来年の社会人の投打の1位候補と紹介していた両選手を、日本のプロ野球界は取り逃がしたことになる。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.