ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

1951年、マントル、メイズ出現以来の驚き(686回)

 4月の8勝15敗から、5月に18勝11敗、6月17勝7敗とエンジンがかかってきたのがエンゼルス。ア・リーグ西地区は、開幕以来首位を突っ走っているレンジャーズに依然4・5ゲーム差を付けられているものの、強豪2チームのマッチレースとなってきた。そのエンゼルスを引っ張っているのが、まだ20歳のマイク・トラウト外野手だ。

続きを読む »

2012年6月26日 (火)

球宴ファン投票総数18年ぶり200万割れに思う(685回)

0525

 日本時間23日にJ SPORTSで放送されたホワイトソックス対ブルワーズ戦。ブルワーズの地元ミルウォーキー向けのFOX SPORTS WISCONSINの中継に驚いた。試合の合間に“ブラウンに投票しよう”というメッセージが画面に載り、放送席の壁にベタベタと貼ってある徹底ぶりだ。ブラウンは昨年のオールスターファン投票、ナ・リーグNO1の592万8004票を集め、レギュラーシーズンMVPとなった人気実力を兼ね備えた選手。今年も打率3割1分4厘、20本塁打、56打点(いずれも6月26日現在)。本塁打がナ・リーグトップ。打点4位、打率も9位と三冠王も夢ではない素晴らしい数字を残している。ところが今季のファン投票は18日発表現在、外野手部門4位と伸び悩んでいる。

続きを読む »

2012年6月21日 (木)

イチロー、殿堂入り確実も3000安打へペースダウン

 イチローのメジャー2500安打は91人目(MLB.comによる)。すべて21世紀に放ち、同時期のD・ジーターの2169本を大きく引き離しており“21世紀の安打製造機”の称号を誰にも譲り渡してはいない。91人中打率3割2分3厘は23位。太平洋戦争後にデビューした選手ではT・グウィン(3割3分8厘)、R・カルー、W・ボッグス(ともに3割2分8厘)に次いで4番目の高打率。2500安打以上で3割2分をマークしていた24人全員が野球殿堂入りしており、米国で野球を志す選手のほとんどが夢見る殿堂入りに、また一歩近づいたことになる。

続きを読む »

2012年6月20日 (水)

イチロー、2500安打「あと1本」でスタメン落ちの深刻度

 通算2500安打にあと1と迫っているマリナーズのイチロー外野手(38)が、敵地のDバックス戦で今季2度目の欠場。6月に1番に戻ったが、月間打率は2割6厘の大スランプ。メジャー12年目で最大の試練を、メジャー担当の蛭間豊章記者が「ヒルマニア」で分析した。

続きを読む »

2012年6月18日 (月)

1番でも結果を残せないイチロー(684回)

2012061819210000_2  マリナーズのイチロー外野手が、17日の本拠ジャイアンツ戦で4打数無安打に終わり、メジャー通算2500安打は18日以降のアリゾナ州フェニックスでのダイヤモンドバックス戦に持ち越しとなった。9試合の遠征から戻り、6月8日からドジャース、パドレス、ジャイアンツの交流戦本拠計9試合を前に背番号51は通算2490安打。誰もが本拠セーフコ・フィールドで達成できると思っていただろう。現地にいないのではっきりしたことは言えないが、球団関係者を落胆させたであろう事は容易にうかがえる。

続きを読む »

2012年6月 9日 (土)

フレッシュオールスター戦に注目を(683回)

Photo_2  5月に話題となっていたダルビッシュ有投手(レンジャーズ)のオールスター戦(7月10日カンザスシティー)出場は、最近4試合の内容が大幅に落ち込んで絶望的になった。2年ぶりの復帰を目指していたイチロー外野手(マリナーズ)も、ファン投票の第1回発表がア・リーグ9位で望み薄。2年連続して日本人選手不在の米大リーグオールスター戦となりそうだ。

続きを読む »

2012年6月 6日 (水)

G戦士ヤフーDで松井級活躍が見たい

 5月29日、松井秀喜がレイズ昇格即1号アーチをかけた。今年でプロ入り20年目を迎えたが、5、6日とソフトバンク・巨人戦が行われるヤフーD(旧福岡D)も93年完成で同じ20年目なのだ。

続きを読む »

2012年6月 2日 (土)

ダル絶賛「ちょっと待った」勝負は6月から

 5月を終えて7勝を挙げているレンジャーズのダルビッシュ。当然ながら日米メディアは絶賛の嵐なのだが…。「ちょっと待てよ」と言うのがメジャー記者歴34年蛭間記者だ。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.