ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

日本球界のエポックとなった野茂氏に投票する(第752回)

Photo_7 米野球殿堂に続き、日本でも野茂英雄氏が、2014年度の候補者に初めて名を連ねた。日本プロ野球では5年間で78勝に終わったものの、初年度に新人王&MVP&沢村賞。5年間で最多勝と奪三振王をともに4回ずつ獲得した。その後、近鉄との複数年契約要求が物別れとなり、帰国時は近鉄に復帰する条件で、任意引退の立場でドジャースと契約した。

 その後の松坂大輔、ダルビッシュ有らが渡米した時のような祝福ムードなどまるでなく、我々メディアの冷たい視線の中で渡米した。メジャー選手会のストライキ、まっただ中でキャンプイン。フロリダ州ベロビーチのキャンプを取材したが、メジャー選手がおらず、マイナーの若手選手とともに汗を流していた。早朝、誰もいないグラウンドを毎日、走っていた。

 4月2日にストライキが収拾した。野茂は「ストが終わって良かった。だからといって焦ってやらずに、今のペースでけがをせずに評価してもらえるようにし たい」と笑顔を見せた。その後のオープン戦の活躍で、先発ローテーション入り。5月こそ白星がつかなかったが、6月は2完封を含む6戦全勝で、負傷した G・マダックス(当時ブレーブス)に代わって、オールスター戦のナ・リーグ先発投手となった。そして2回無失点。日本だけでなくメジャーにも旋風を巻き起 こした。

続きを読む »

2013年11月29日 (金)

“貧乏球団”に染みたシビアな感覚

 ポスティングシステム(入札制度)に対して、米30球団の中でも意見が分かれているという。ヤンキース、ドジャースなどの潤沢な資金を持つ球団が賛成。21年ぶりにポストシーズンに出場したパイレーツなど、市場規模が小さく収入面でハンデがあって総年俸を低く抑えている球団は反対だ。

続きを読む »

2013年11月28日 (木)

4年後の松井秀喜氏は大丈夫か(第751回)

 全米野球記者協会が、2014年の米国野球殿堂入り候補選手を発表、ドジャースなどで活躍した野茂英雄氏が日本人選手として初めてノミネートされた。野茂氏の実績は皆さんご存じの通り、1995年にドジャース入り。1年目に13勝を挙げ、ナ・リーグ最多の236奪三振で新人王を獲得。同年のオールスター戦ではナ・リーグの先発投手を務めた。その後1996年、レッドソックス時代の2001年と大リーグ全体で5人しか達成していない2度のノーヒットノーランをマーク。メジャー通算123勝は燦然と輝いている。

続きを読む »

2013年11月22日 (金)

ダルに強力助っ人!!フィルダー獲得

 レンジャーズが、通算285本塁打を誇る強打のP・フィルダー一塁手(29)をタイガースからトレードで獲得したと発表した。タ軍にはI・キンスラー二塁手(31)が移る。今季、打線の援護不足に泣いたダルビッシュ有投手(27)にとって長距離砲獲得は朗報で、白星を増やして今季2位の得票数に終わったサイ・ヤング賞獲得目指す。

続きを読む »

2013年11月20日 (水)

「大戦前夜のベーブ・ルース」を読んで(第750回)

Photo_2

 ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグら錚々たるメンバーが来日した1934年の日米野球の開催までのいきさつや試合内容などは、戦前からの名野球記者大和球士さんの「プロ野球三国志」「真説・日本野球史」、読売新聞の当時のコピーなどを読んで知っているつもりだった。しかし、日本の資料だけでなく、米国での独自な資料や地道な取材によって構成された「大戦前夜のベーブ・ルース」(原書房刊)には、いくつもの新事実が浮かび上がっている。

続きを読む »

2013年11月16日 (土)

ポスティング不要論

 マンフレッドCOOは「(日本の)選手はいずれFAになる。それが獲得できる方法なら、メジャー30球団はそれでいくという用意はできている」とポスティングシステム不要論とも取れる発言をした。これは、メジャー全体で話題になっていた意見だった。

続きを読む »

2013年11月14日 (木)

援護少なかったダル、岩隈…

 日本時間の14日、ア・リーグのサイ・ヤング賞の投票結果が発表される。今回は、21勝したM・シャーザー(タイガース)、そして、ダルビッシュ有(レンジャーズ)、岩隈久志(マリナーズ)の3人が候補に名を連ねた。日本人投手がどこまで票を獲得するか、数字を駆使して候補3投手を比較してみた。

続きを読む »

2013年11月12日 (火)

「MLB表彰選手」予想

 米大リーグの各種表彰選手が順次発表される。今年の注目は、サイ・ヤング賞本命のシャーザーとともに候補に入ったダルビッシュ有(レンジャーズ)と岩隈久志(マリナーズ)が、どこまで票を伸ばすか。また、混沌(こんとん)としているMVPレースは…。「ヒルマニア」がシビアな目で予想する。

 ◆MLB表彰選手発表日程と本紙予想(月日は日本時間)
 月・日:各賞:ア・リーグ:ナ・リーグ
11・12:新人王:マイヤーズ(レイズ):フェルナンデス(マーリンズ)
   13:最優秀監督:ファーレル(Rソックス):ハードル(パイレーツ) 
   14:サイ・ヤング:シャーザー(タイガース):カーショー(ドジャース)
   15:MVP:カブレラ(タイガース):モリーナ(カージナルス)

続きを読む »

2013年11月 8日 (金)

1833試合で42捕逸だけの森昌彦捕手(第749回)

Photo_4 ゴールデン・グラブ賞が発表された。今年のセ・リーグ捕手には読売ジャイアンツの阿部慎之助が5年ぶり3度目、パ・リーグ捕手も初の日本一となった東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏が3年ぶり2度目の受賞となった。セ・リーグは同賞がスタートした1972年から6年連続優勝チーム以外から選出されたが、2001年以降13年間で8人がリーグ優勝チーム。一方、パ・リーグでは13年間で5人(ただし、プレーオフで敗れた最高勝率チームから2人)が選ばれている。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.