ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

野球殿堂記者投票への考察=第52回(2007年度)200勝以上挙げ、唯一負け越した梶本隆夫。そして競技者表彰で漏れた松永怜一が特別表彰で殿堂入り

585a8649tg2 競技者表彰と特別表彰に分かれていた最終年となった2007年の殿堂入りは、1月12日に発表された。競技者表彰では前年12票足りず次点に終わり、9月23日に呼吸不全で死去した梶本隆夫が一気に55票伸ばし261票で当選。残念だったのが次点に終わった権藤博、9票足りない220票。この年限りで競技者投票の資格を失った。3位は星野仙一195票、4位外木場義郎182票、5位大沢啓二、山本浩二ともに179票、7位田淵幸一136票、8位堀内恒夫133票、9位村上雅則119票、10位東尾修81票、11位は大野豊だった。

 1954年のプロ入り1年目に20勝しながら、同じ新人の南海ホークス・宅和本司が26勝したため新人王になれなかった梶本隆夫は、阪急ブレーブスのエース左腕として通算254勝255敗。200勝以上24人中ただ一人の負け越している投手だ。それでもデビューから4年間で3度20勝をマーク、1957年9月27日に西鉄ライオンズ戦に勝ち、通算勝敗で89勝57敗、貯金32まで伸ばしていた。しかし、その後の16シーズン中11シーズンで負け越し。中でも1966年に1シーズンではワースト記録の15連敗(翌年まで通算すると16連敗)が痛かった。1973年に借金1で現役を引退して投手コーチ専任となったものの、1976年にチームが一、二軍を通じて左腕が白石静生1人というお家事情で現役復帰の話が持ち上がり、ピッチング練習を重ねたが、チームが前後期優勝ということで立ち消えとなった。快記録も持っている。1957年7月23日ホークス戦で、当時日本プロ野球どころかメジャーでも誰も達成していなかった9者連続奪三振を達成した。また、1959年には、近鉄バファローズ戦で8回先頭の小玉明利に初の走者となる四球を出して完全試合ならず。9回2死から1番に入っていた関森正治にカーブを三遊間に運ばれてノーヒットノーランも逃した。ちなみにその試合が行われた6月12日には、後楽園球場正門前に野球博物館オープンした日。これも何かの因縁だろう。

続きを読む »

2016年12月24日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第51回(2006年度の2)特別表彰には川島広守前コミッショナーと豊田泰光を選出。そして大和球士への思いを込めて

Photo_2 豊田泰光は守備が重要視された遊撃手像を大きく塗りかえた存在だった。西鉄ライオンズ時代は強打の遊撃手として君臨。1956年にMVPに輝くなど4度出場した日本シリーズでの勝負強さが特筆されており、通算打率3割6分2厘は川上哲治の3割6分5厘に次ぐ歴代2位(80打数以上)、また9度出場したオールスター戦でも3割2分1厘を残していた。ただ、レギュラーシーズンはライオンズ時代こそ1956年に日本人遊撃手としては初の首位打者に輝き通算打率2割8分3厘、193本塁打と当時としては高かった数字を残した。1963年国鉄スワローズ移籍後は1年目こそ打率2割9分2厘、20本塁打、74打点をマークしたものの、じり貧でスワローズ7年間(その後のサンケイアトムズ時代含む)では2割6分、7年間で70本塁打に終わっていた。そのため、選手だけの成績での殿堂入りは難しく、初めて競技者表彰の資格を得た1978年がわずか1票だけなど、わずか5年で投票候補から消えていたのだ。それが近鉄バファローズのコーチを辞めてから評論家活動。特に1990年代の球界のフリーエージェント制導入や、屋根付き球場増設。そして、野茂英雄のドジャース移籍に端を発したメジャー入り選手の増加などの諸問題に、鋭く斬り込む評論で再び脚光を浴びたことが殿堂入りにつながり、「野球ではたいしたことなかったということかな」と笑わせていた。

続きを読む »

2016年12月21日 (水)

野球殿堂記者投票への考察=第50回(2006年度の1)門田博光、山田久志のライバル同士に、個人的に思い出多い高木守道が競技者表彰で殿堂入り

1 1月10日に発表された殿堂入り。競技者表彰では門田博光が238票を集め1位、高木守道が230票で2位、山田久志が223票と前年の次点からの3人が一気に票を伸ばして選出された。以下、4位梶本隆夫206票、5位権藤博189票、6位星野仙一154票、7位大沢啓二132票、8位外木場義郎116票、9位田淵幸一95票、10位村上雅則82票と続いた。この年は東京中日スポーツだけが、高木が選出されたこともあってか票を得た32人全員が紙面に掲載していた。

 前年、殿堂入りした森祇晶が電話取材で「何で(殿堂に)入っていないのか」と取材記者に聞き返したのが門田。身長は170センチながらパワフルなバッティングで、通算567本塁打、安打も2566本たたき出した。受賞が決まった時、門田は糖尿病、脳梗塞で闘病中だった。「感激しています。最高の賞をいただけることで舞いあがっています」と喜びを表現した。そして「まずは体を健康に戻すこと。後進の指導に当たるには体力がいります」と話したが、その後体調が回復し健在だ。現役生活後半はDHがほとんどだったが、アキレス腱を切るまでは強肩外野手としても名を馳せていた。打点王に輝いた2年目の1971年は、送球で刺した補殺が両リーグ最多の15もあった。アキレス腱断裂までの1971年から77年までの7年間で“補殺王"は3度、10回あれば強肩と言われるがこの間5度の2ケタ補殺。簑田浩二、イチローのような反動を付けて投げる低い送球ではなく、助走無しでもボールが加速するような中日・森徹、西武のタイロンのようなタイプだった。また、1977年には312刺殺という守備範囲の広さも見せた。この年、出版されたプロ野球40年を語る雑誌で殿堂入りの水原茂は、現役4番にまだプレーしていた王貞治、張本勲を退けて門田を4番に据えたのも印象深い。

続きを読む »

2016年12月16日 (金)

野球殿堂記者投票への考察=第49回(2005年度)村田兆治はトミー・ジョン手術経験者初の殿堂入り。森祇晶が競技者で、特別は志村正順を選出

584e5f36tg2 2004年8月に表彰規定がマイナーチェンジ。競技者表彰で「競技者が、日本に続き日本と選手契約協定を締結している国で競技者となった場合は、現役の引退とは見なさない」との一文が加わった。これにより、メジャーでプレーする選手などの引退に関する問題が明確になった。1月12日に発表された野球殿堂の表彰者には、競技者が前年よりも53票伸ばした村田兆治が234票で、44票増やした森祇晶が223票で選出された。3位以下は3位門田博光205票、4位高木守道184票、5位山田久志169票、6位権藤博168票、7位星野仙一144票、8位大沢啓二133票、9位梶本隆夫109票、10位田淵幸一82票、ランキングもズラリ若返った感がある。

 村田は現役時代のマサカリ投法で一世を風靡(ふうび)。大きく左足を上げて150キロ近い速球にフォークボールを投げ込む姿はまさしく野茂英雄に見まごうばかりだった。野茂がメジャーで通用したように村田は、対戦数が少なかったとはいえ日米野球で1978年レッズ相手に4イニング無失点、2安打4奪三振。1979年両リーグオールスターチーム相手にも2試合を投げ4イニングをノーヒットに抑えた。1979年に来日したナックルボールの使い手で米野球殿堂入りしたフィル・ニークロは「球威があるからフォークが効果的だ。回転しないで来るのでナックルに近い感じ」と分析。ツインズの主軸だったロイ・スモーリーは「速球、フォーク、どっちが来ても打てっこない」と頭を抱えていた。

続きを読む »

2016年12月10日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第48回(2004年度) 仰木彬選出、バースは「競技者表彰資格」失う。特別表彰は秋山登

Ogi 野球殿堂の競技者表彰は、近鉄バファローズ、オリックス・ブルーウェーブでチームを優勝に導いた仰木彬が230票を得て当選。またも監督成績が評価されての当選となった。2年連続三冠王のランディ・バースは当選に必要な207票に5票足らない202票の2位で落選。この年限りで競技者表彰投票の資格を失った。3位以下は3位が村田兆治181票、4位が森祇晶の179票、5位門田博光175票、6位津田恒実154票、7位権藤博141票、8位高木守道129票、9位大沢啓二101票、10位梶本隆夫90票となっていた。

続きを読む »

2016年12月 3日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第47回(2003年度)5人選出も選手時代の実績少なく地味な野球殿堂表彰

2 1月10日に発表された野球殿堂では競技者、特別で合計5人が選出された。しかし、選手時代の活躍が認められた方は一人もおらず、地味な発表となった。また、当日はフリーエージェントを使ってヤンキース入りした松井秀喜が、入団発表のためニューヨーク入り。各スポーツ紙ともそれを大きく取りあげて、報知新聞は競技者表彰の得票数の表を紙面の都合で掲載しなかった。他紙をチェックした結果、この年の殿堂入りに必要な票数は207票だった。1位上田利治225票、2位関根潤三212票が当選。次いで3位バース199票、4位仰木彬194票、5位門田博光138票、6位村田兆治131票、7位津田恒実130票、8位権藤博118票となっていた。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近の記事

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.