ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 野球殿堂記者投票への考察=第51回(2006年度の2)特別表彰には川島広守前コミッショナーと豊田泰光を選出。そして大和球士への思いを込めて | メイン | 野球殿堂記者投票への考察=第53回(2008年度)殿堂規約を大幅改正。メジャー並に引退5年後無条件候補に。堀内恒夫、山本浩二は納得。びっくりした嶋清一の殿堂入り »

2016年12月28日 (水)

野球殿堂記者投票への考察=第52回(2007年度)200勝以上挙げ、唯一負け越した梶本隆夫。そして競技者表彰で漏れた松永怜一が特別表彰で殿堂入り

585a8649tg2 競技者表彰と特別表彰に分かれていた最終年となった2007年の殿堂入りは、1月12日に発表された。競技者表彰では前年12票足りず次点に終わり、9月23日に呼吸不全で死去した梶本隆夫が一気に55票伸ばし261票で当選。残念だったのが次点に終わった権藤博、9票足りない220票。この年限りで競技者投票の資格を失った。3位は星野仙一195票、4位外木場義郎182票、5位大沢啓二、山本浩二ともに179票、7位田淵幸一136票、8位堀内恒夫133票、9位村上雅則119票、10位東尾修81票、11位は大野豊だった。

 1954年のプロ入り1年目に20勝しながら、同じ新人の南海ホークス・宅和本司が26勝したため新人王になれなかった梶本隆夫は、阪急ブレーブスのエース左腕として通算254勝255敗。200勝以上24人中ただ一人の負け越している投手だ。それでもデビューから4年間で3度20勝をマーク、1957年9月27日に西鉄ライオンズ戦に勝ち、通算勝敗で89勝57敗、貯金32まで伸ばしていた。しかし、その後の16シーズン中11シーズンで負け越し。中でも1966年に1シーズンではワースト記録の15連敗(翌年まで通算すると16連敗)が痛かった。1973年に借金1で現役を引退して投手コーチ専任となったものの、1976年にチームが一、二軍を通じて左腕が白石静生1人というお家事情で現役復帰の話が持ち上がり、ピッチング練習を重ねたが、チームが前後期優勝ということで立ち消えとなった。快記録も持っている。1957年7月23日ホークス戦で、当時日本プロ野球どころかメジャーでも誰も達成していなかった9者連続奪三振を達成した。また、1959年には、近鉄バファローズ戦で8回先頭の小玉明利に初の走者となる四球を出して完全試合ならず。9回2死から1番に入っていた関森正治にカーブを三遊間に運ばれてノーヒットノーランも逃した。ちなみにその試合が行われた6月12日には、後楽園球場正門前に野球博物館オープンした日。これも何かの因縁だろう。

 前年の野球殿堂で次点になった時、病に伏していた梶本は「今年はヤマ(山田)やなあ」とチームメートでもあった山田久志殿堂入りにポツリ。そのとき享子夫人は「来年はいただけるかもね」と話したという。5年前に殿堂入りした同じブレーブスで一緒だった福本豊は「OBの間でも『何で梶さんが殿堂入りしないんや』。出来れば健在のうちに、もう1年吉報は早ければとの思いが強い」と話していた。

 特別表彰で殿堂入りした松永怜一は1984年ロサンゼルス五輪で公開競技ながら金メダルを獲得した際の監督。彼は、競技者表彰の候補として1996年に初めてリスト入り、1999年に124票まで伸ばしたが選に漏れていた。アマチュアのみで競技者候補になったのは島岡吉郎、石井藤吉郎と3人。うち、島岡、石井は競技者投票で入っている。個人的に投票資格を得てから私は、彼らには投票していなかっただけに、松永の特別表彰での選出はまったく異論はない。

 松永は法政大野球部で内野手として活躍。その後、法政一高、堀越高で采配を振るった後、1965年に法政大監督に就任し、田淵幸一、山本浩二(2008年殿堂入り)、山中正竹(2016年殿堂入り)らを擁し、12シーズンで6度の優勝を飾る黄金時代を築いた。1971年からは社会人野球の住友金属監督として、日本選手権に2度優勝に導いている。そして、1984年、キューバの出場辞退で急きょ参戦したロス五輪。社会人からは大物選手がメンバー入りしなかったにもかかわらず、決勝でマーク・マグワイアなど当時の大学球界の精鋭を集めて本命視された米国を破って見事に優勝。同年の国際アマチュア野球協会から最優秀監督賞に選ばれている。殿堂入りに際して、松永は「殿堂入りがアマ指導者の励みになればいい」と語っていた。

 その通りだと思うが、近畿大学で42年間も采配を振るって大学球界最多の618勝した松田博明監督。選手として東都大学野球で2度首位打者、そして都市対抗野球でも活躍した上で、35年間で501勝した駒沢大学・大田誠監督らも忘れてはならないのだが…。

 【注】敬称略。写真は速球投手だった若き日の梶本隆夫

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.