ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「投げずに敬遠」導入、NPBは断る勇気を | メイン | 【野球遺産第4回】初の黒人選手は洲崎でプレー出来なかった。プロリーグ初年度、沢村、景浦が躍動した短命、洲崎球場 »

2017年3月 5日 (日)

野球殿堂記者投票への考察=第61回(2016年度)工藤公康、日本一監督効果か初年度当選。斎藤雅樹は10年目。エキスパートでは榎本喜八感激の殿堂入り。山中、松本は特別で。

58b50e0dtg2 1月18日、新たに野球殿堂に5人が加わった。プレーヤー部門は2人。上位10人の得票は、1位斎藤雅樹285票、2位工藤公康258票、3位は伊東勤172票、4位は立浪和義171票、5位佐藤義則103票、6位高津臣吾99票、7位T・ローズ86票、8位川相昌弘、清原和博各78票、10位桑田真澄74票。11位の石毛宏典が69票に終わり、プレーヤー投票の資格を失うことになった。東尾修、秋山幸二、工藤、そして2017年殿堂入りの伊東勤と西武ライオンズ黄金時代に一緒にプレーした選手の殿堂入りが続いている。現役時代は最も西武監督に近いと思っていた石毛だけに、あのままライオンズに残っていればどうなっていただろうかと思ってしまう。

58b50f0atg2 高校時代の上手から横手投げに転向、斎藤は資格10年目。プロ最初の6年間で27勝からその後の活躍で通算180勝。監督成績などの他のファクター無しの殿堂入りの先発投手では、プロ野球草創期のスター沢村栄治=63勝=、西村幸生=55勝=を別にすると、外木場義郎の131勝、荒巻淳の173勝に次ぐ少ない勝利数だが、1989年にマークした11試合連続完投勝利のインパクトだけでなく、5度の最多勝、3度の最優秀防御率に、3年連続開幕戦完封勝利など1990年代を代表する右腕としての評価は高い。スタルヒン、王貞治、野茂英雄に次いで4人目となる資格取得初年度で当選した工藤は、前年の指揮官としての日本一が初年度当選への後押しになった感がある。シーズン15勝以上がわずか3度ながら29年に及ぶ長い現役生活で通算224勝。2度のリーグMVPだけでなく、日本シリーズでは5度の完投含む8勝をマークして1986、87年と2年連続MVP受賞するなど3球団で計11回のシリーズ優勝に貢献するなど、シリーズ2勝3敗だった斎藤と違って大舞台に強かった左腕だ。

 エキスパートの得票数は次のようになる。榎本喜八が当選ラインちょうどの83票で遺族にとって念願の殿堂入り。以下2位平松政次70票、3位星野仙一69票、4位権藤博63票、5位バース40票、6位大沢啓二39票、7位田淵幸一、土橋正幸各27票。9位長池徳士26票、10位岡田彰布10票。榎本は現役引退から44年経ってやっと殿堂入り、私は候補になった2年前から投票し続けていただけに喜びを禁じ得ない。といっても、私も生のプレーは見たことはない。しかし、テレビに映ったオールスター戦での当時でもやや小兵(172㌢)ながらバットをグリップ一杯に握って振り切ってジャストミートを心がけていた打撃は印象深い。1966年の球宴第2戦で4回に山中巽(中日)から右翼席に先制2ランを放った。自身唯一のMVPに輝いた時のヒーローインタビューは「幸運だった。相手投手は先頭打者にストレートの四球、自分への1球目もボール。ああいう場面が投手が一番つらいんだ」。普通の選手なら「狙っていました」と喜びを前面に出す場面でも、冷静沈着な求道師的発言だった。

 最年少で通算2000安打達成。同じ時期を過ごした張本勲が流し打ちやセーフティーバントで安打にこだわったのに対し、本拠東京スタジアムで少ない観衆の前でも、晩年まで完璧なジャストミートで引っ張る打法をし続けたという孤高の打者。殿堂入り4年前に75歳で死去。2010年殿堂入りの江藤慎一さんの時にも書いたが、元気な時にこの朗報を伝えたかった。

 非公表の14人の委員による特別表彰委員会の殿堂入りは、戦前明大野球部マネジャーを務め、その後日米の野球交流に尽力した元衆議院議員の松本瀧蔵が昨年の2票から13票、法大時代に六大学記録の通算48勝、社会人日本代表監督などを務めた山中正竹も3票から12票に一気に票を伸ばして決めた。プレーヤー、エキスパートとともに、普通票を徐々に伸ばしていって当選するのが通例。斎藤は2011年以降57票→60票→126票→149票→246票。そして今年は当選ライン253票を越える285票を得た。ところがである。特別表彰に関しては上記に書いたように一気に票を伸ばしている。

 昨年の林和男のように3票→9票と票を伸ばしてからの当選とは違って唐突感があるのだ。プレーヤー、エキスパートと分かれた2008年以降の9年間特別表彰で選ばれたのは12人。うちプロ野球関係者は北海道日本ハムファイターズのオーナーだった大社義規ただ一人。今回の松本滝蔵はプロ、アマ両方に絡んでいるとはいえ、ほとんどがアマチュアなのだ。従来は気を熟しての当選だったような感があったが、2015年の高校野球100年ブーム(実は朝日新聞の夏の大会100周年)を利用?しての村山龍平などの候補即当選などは機に乗じての感もあり、長い期間の野球との関わりが基本のはずの殿堂とはやや違っていると思うのである。

 ロビー活動をしているのではとの感がある。そうなるとレギュラーシーズンで日本プロ野球最多のレギュラーシーズン、オールスター戦、日本シリーズ加え3904試合もジャッジをした岡田功ら、戦後の名審判たちは“圧力団体"を持たない方々の殿堂入りはまず難しくなるだろう。ロビー活動をさせないための委員の非公表などナンセンス。投票した委員の昨年と今年の意見の違いも知りたいだけに、特別表彰委員の公表が早く実現して欲しいのは私だけだろうか。

 【注】敬称略。写真は1989年5月30日、大洋戦で完封勝利。11試合連続完投勝利の4勝目だった。1987年日本シリーズで2年連続シリーズMVPに輝いた工藤公康

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.