ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 自責点は難しいが、興味深い記録である(第845回) | メイン | 後ろ向きでホームインした選手が死去(第846回) »

2017年5月17日 (水)

野球殿堂記者投票への考察=第64回(最終回)私が殿堂入りを望む人々パート2 名審判の岡田功。そしてメディア関係者部門の創設を

Photo

 今回も野球殿堂入りしていない偉大な方々を私なりに選んでみた。1959年第1回野球殿堂入りの候補者でその後も殿堂入り出来なかったのは、1896年に横浜外国人チームを破った一高の名一塁手・宮口竹雄と明大時代にシーズン2度のノーヒットノーラン、1950年初の日本シリーズで毎日オリオンズを優勝に導いた湯浅禎夫の2人だけだ。

 宮口に関して私は何とも言えないが、湯浅は推したい。オリオンズを指揮していた1952年の平和台事件、遅延行為でノーゲームを策したとされて辞任に追い込まれた。これがなければすんなり殿堂入りしているはずと言われているがアマ時代の剛腕ぶりと初制覇は称賛に値する。背広組では赤嶺昌志を入れたい。戦前は名古屋金鯱軍、戦後は中日ドラゴンズ代表として選手の引き抜きなどダイナミックな移籍劇で“赤嶺旋風"を巻き起こし、2リーグ分裂後は野球協約の起草委員として球界に貢献。その後は野球体育博物館設立に尽力された方だ。

 プロ野球オーナーでは短命に終わった高橋ユニオンズのオーナーだけでなく、戦前のイーグルスなどのスポンサーとなっていた高橋龍太郎や1947年に国民リーグを立ち上げ宇高レッドソックスのオーナーから、西日本パイレーツ、西鉄ライオンズではスカウトとして引き抜きや新人獲得に活躍しライオンズ黄金時代の礎でもあった宇高勲なども歴史的人物として再評価してもいいのではないか。近年ではライオンズ買収し自前のスタジアムも作った堤義明なども、その後の行いはともかく、他の名目上のオーナーでは出来ないことをやったという意味でも選ばれてもおかしくないのではなかろうか。

 1991年筒井修以降出ていないプロ野球審判員では、日本シリーズ、オールスター戦などを含めて、史上最多の3902試合をジャッジした岡田功。1969年日本シリーズ、読売ジャイアンツ土井正三のホームスチールのセーフ判定は、球史に残る名判定だった。アマチュア監督では太田誠。駒沢大時代は2度首位打者、電電九州では大会史上最長の延長22回試合のサヨナラ本塁打を始め都市対抗に6度出場し活躍し駒沢大監督として通算501勝、リーグ優勝22回、5回の大学選手権優勝。六大学偏重の殿堂と言われているだけに、彼を早く選出したい。

 最後にメディア関係者。何度も書いているようにベースボール・マガジン社社長として野球界に多大な貢献をした池田恒雄。他の偉人らから一歩下がって野球殿堂入りせずに、米国のJ・D・スピンク賞のような活字メディアに従事する関係者表彰を提唱して、“池田恒雄賞"でも創設してくれれば良かった。純然たるメディア関係者の殿堂入りは池田以外では、戦前の国民新聞記者として健筆をふるった太田茂(四洲)が1972年に、活字メディアではないがアナウンサーとして志村正順が入っただけだ。ここには、「プロ野球三国志」を始め多くの野球書籍を発表した安藤教雄(大和球士)、日本テレビのアナウンサー、その後もライターとして未だご健在の越智正典、戦前戦後に野球史家の第一人者だった斎藤三郎。プロ野球選手として活躍した後に野球評論家として新聞、放送で、特にあの名調子プロ野球ニュース進行役の佐々木信也も忘れてはいけない。

 また、1960年代のパ・リーグ事務局トリオ、宇佐美徹也、千葉功、伊東一雄(パンチョ伊東)はいずれも1980年代以降のプロ野球人気に拍車をかけたトリオである。前記2人はプロ野球の記録の世界を、新聞、雑誌という媒体でファンに知らしめ、伊東はメジャーの世界を日本人に広く伝えた第一人者であり、あのドラフト会議の名進行役ぶりでも人気を博した。まだまだ多くのライターやアナウンサーなど多くの野球の語り部がいた。しかし、彼らを殿堂入りさせようという気配すらない。これらの人を毎年1人ずつ“池田恒雄賞"として選んでいけば、野球メディアはよりレベルの高いものに育っていったはずである。

 【注】敬称略。写真は1969年の日本シリーズ第4戦でジャイアンツ・土井正三のダブルスチールでのホームインを的確に判定した岡田功(捕手・岡村浩二、左の無帽は長嶋茂雄)

コメント

審判の殿堂入りについて

審判は野球には貢献しているが、一般的な理解は浸透していない。それはスポーツ新聞などのマスコミの責任もあるのでは?引き合いに出している岡田氏の名ジャッジをどのくらいの人が知っているのか?(私も知らない)例えばの話、『今日のホームラン』ならぬ『今日のジャッジ』とか『今日の審判』みたいに審判にスポットを当てるのが先なのでは?

マスコミ関係者について

個人的趣味も含めてですが、パンチョ伊東氏、佐々木信也氏については大賛成です。すこし邪道かもしれませんが、珍プレー好プレーで名ナレーターだったみのもんた氏も同列に扱っても良いのではと思います。あれで、多くの野球に興味ない人の目を引いたことは間違いないです。

その他

読み落としかもしれませんが、外国人選手についての言及はないのでしょうか。連載63回のコメントの方が良いのかもしれませんが、タフィー・ローズやアレックス・ラミレス(現在監督なので、選考対象外かもしれませんが・・・)について、なにかあるかと期待していました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.