ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月19日 (水)

メジャーの球宴オールスターズはこれだ(第848回)

Photo_3 報知新聞の6版読者に「ヒルマニア」で、投手と野手の2回に分けて日本プロ野球(NPB)の球宴オールスターズをお送りしたので、今度はメジャー(MLB)版もやってみた。世紀の本塁打王ベーブ・ルース(ヤンキース)と左腕投手カール・ハッベル(ジャイアンツ)の対決が見たいという少年の言葉をきっかけに1933年に始まったMLBのオールスター戦。今年で88回目を迎え43勝43敗2分けと偶然にもまったく同数となった。回数が合わないって。それは太平洋戦争中で移動規制があった1945年が中止となった一方で、1959年から4年間は2試合ずつ行われた事があるためだ。

  【投手】投手選定の規準は、NPBより試合数が少ないため、8試合以上か投球回10以上にして5人を選んだ。まず、10イニング以上投げて無失点だったメル・ハーダーだ。インディアンス一筋で通算223勝した右腕で、初出場の1934年には何と5イニング1安打に封じるなどナ・リーグ打線に対し計4度登板し13イニングを9安打しか許さなかった。2試合行われた1959年に両方で先発するなど通算最多投球回となる19回1/3イニングを投げ防御率1・40のドン・ドライスデール(ドジャース)、1935年に先発し未だに破られない1試合6イニングを投げるなど最多の3勝、防御率も2・50のレフティ・ゴメス(ヤンキース)、18イニング投げ8人の走者しか出さなかった防御率1・00のジム・バニング(タイガース&フィリーズ)。そして通算最多の4セーブをマーク1失点も自責は0で防御率0・00のマリアノ・リベラ(ヤンキース)も抑えには欠かせない。球宴記録の5連続奪三振をマークした前記したハッベル、フェルナンド・バレンズエラは投球回10未満で惜しくも外れた。

続きを読む »

2017年7月16日 (日)

一塁は世界の王ではなく、お祭り男の清原で決まり…ヒルマニアが選ぶオールスターの中のオールスターチーム(野手編)

1990 過去のオールスターからベストナインを選出するヒルマニアの後編。打者はポジション別に人選してみた。《10回選出か30試合か75打席》という基準をクリアしたのは、投手に比べると多く、42人いた。

続きを読む »

17回出場の金田、9人連続三振の江夏…ヒルマニアが選ぶオールスターの中のオールスターチーム(投手編)

1971 第67回を迎えたオールスター戦は昨年まで169試合が行われ、多くのスタープレーヤーが、幾多の名場面を披露してくれた。一度でも出場したのは1088人を数えるが、打者が《10度選出か30試合出場か75打席》、投手は《10度選出か10試合登板か投球回20》。の規準の中で、球宴成績をチェックしたヒルマニアが“オールスターの中のオールスターチーム”を選定した。投手と打者2回に分けてお送りする。初回は投手編。

 投手は5人を選んだ。ただ、残念なことに近年は若くして好成績を残した選手が次々にメジャー挑戦するために、前記の規準をクリア(計28人)するのが難しくなっている。3イニング限定ということもあるが、現役選手では藤川球児(阪神)ただ一人なのは寂しい。

続きを読む »

2017年7月 6日 (木)

(第847回)上田利治監督の采配の原点はメジャーリーグ

Ueda1

 1975年から77年にかけて阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)を監督として日本シリーズ3連覇に導いた上田利治さんが、7月1日に亡くなった。新聞各紙は関西大出身の秀才で選手での実績の少なかったものの大監督となった経緯と指導方法。そして、1978年の日本シリーズ第7戦で放ったヤクルトスワローズ、大杉勝男選手の左翼ポール際へのホームラン判定への1時間19分の抗議についても大きく紙面を割いていた。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.