ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 夏の甲子園、50年前にサヨナラホームスチールがあった(第849回) | メイン | 米大リーグ見続けて40年の蛭間記者がPSを独断予想 »

2017年8月24日 (木)

ボンヤリ気候攻略で埼玉県勢初悲願

  花咲徳栄(埼玉)が16安打14得点で広陵(広島)を倒し、春夏通じて初の全国制覇を達成した。全試合9得点以上での優勝は、1921年の和歌山中以来96年ぶり2度目。06年の60発を大幅に更新する大会新記録68本塁打が飛び出した大会を、圧倒的な攻撃力で勝ち抜いた。埼玉・大宮高野球部OBで、長年、同県の高校野球に愛情を注いできた本紙・蛭間豊章記者(63)が、県勢初の全国制覇までの道のりをつづった。

 夏の県大会表彰式では県高野連会長が「今年こそ埼玉県初の深紅の優勝旗を持ち帰ってください」とあいさつするのが恒例だった。来年からはちょっと変わるのかと思うと感慨深い。

 埼玉県の球史を簡単にひもといてみる。1915年に始まった中等学校野球選手権、県勢が初参加したのは第7回大会の21年。これは25年の青森、22年の沖縄に次いで遅かった。夏の甲子園初出場は49年の熊谷高。「1県1校制」となる前の時代だが、これも沖縄、宮崎、滋賀に次ぐ4番目だった。

 しかし、熊谷高が51年にエース右腕・服部茂次を中心に快進撃。本大会でもノーヒッター含め3戦連続完封で決勝へ進出したが、平安高に4―7で完敗。93年に左腕・土肥義弘を中心とした春日部共栄が2度目の決勝進出も育英に2―3で惜敗した。

 センバツでは68年大宮工、2013年浦和学院が優勝。また国体では67年に大宮高が“日本一"になるも、どうしても深紅の大旗に届かなかった。決勝進出は関東近県の群馬、栃木、茨城、千葉より先だったが、優勝は、あっという間に先を越された。

 88年に刊行された埼玉県高校野球史で熊谷商を5度甲子園に導いた斉藤秀雄氏は「(甲子園でなかなか勝てないのは)気候温暖、寒くもなく暑くもなく、粘っこくないボンヤリしている。そこで埼玉独自の練習法が必要。花咲徳栄などはその実践校という気がする」と話していた。当時から他府県の指導者を呼んでチームづくりをしていた花咲の躍進を見抜いていたのはさすがだった。(ベースボール・アナリスト)

2017年8月24日付けスポーツ報知東京本社発行最終版より

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.