ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2018年1月 | メイン

2018年2月

2018年2月 1日 (木)

1995年に「選手会キャンプ」FA選手契約滞り実施

 海外FA権を行使していた涌井秀章投手(31)がメジャー入りを断念してロッテにUターン。メジャーFAだった青木宣親外野手(36)は7年ぶりにヤクルトに復帰した。どちらも“FA厳冬"の米球界の影響をもろに受けた感がある。

 涌井の残留、青木の復帰は、メジャー全体に吹き荒れるFA選手の“厳冬"や、総年俸の締め付けが影響している。どの球団も、総年俸が規定を超えた場合にかかる贅沢税を支払いたくないため、大型契約に二の足を踏んでいるのが理由だ。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.