ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« なぜ延長12回引き分けに。納得いかない日本シリーズ延長戦規定の短縮(第854回) | メイン

2018年2月 1日 (木)

1995年に「選手会キャンプ」FA選手契約滞り実施

 海外FA権を行使していた涌井秀章投手(31)がメジャー入りを断念してロッテにUターン。メジャーFAだった青木宣親外野手(36)は7年ぶりにヤクルトに復帰した。どちらも“FA厳冬"の米球界の影響をもろに受けた感がある。

 涌井の残留、青木の復帰は、メジャー全体に吹き荒れるFA選手の“厳冬"や、総年俸の締め付けが影響している。どの球団も、総年俸が規定を超えた場合にかかる贅沢税を支払いたくないため、大型契約に二の足を踏んでいるのが理由だ。

 当初は2億ドル(約220億円)超の大型契約をもくろんでいたJ・D・マルティネス外野手を始め、ダルビッシュ、アリエッタ両投手らFAのトップ5と言われた選手が全く決まっていない。そのため、末端の選手にも影響が出て、1月30日(日本時間31日)現在、116選手が中ぶらりん状態だ。

 FA選手に厳しいオフは過去に2度あった。まずは1985~87年オフにかけてメジャー全体の経営者側が行った、大物FA選手への契約を控えた共同謀議。87年ヤクルトに電撃入団したB・ホーナーもその“被害者"の一人だった。この共同謀議はその後、和解したものの当時FAだった選手には総額2億8000万ドル(当時のレートで364億円)が支払われた。

 もう一つは1995年。前年8月から選手会のストライキが続き、開幕が危ぶまれたことでFA選手の契約が滞り、89年のMVPで前年も30本塁打したK・ミッチェル(ダイエー)や首位打者経験のあるJ・フランコ(ロッテ)、S・マック(巨人)と大物が続々来日した。

 当時、未契約組が数多く米国に残っていたため、史上初の選手会によるキャンプをフロリダ州ホームステッドのスタジアムで開催。選手会のヒーター理事は、当時本紙の取材に「労使紛争のあおりで契約が遅れている。彼らの調整のため」と理由を説明した。

 昔と違ってトレーニング施設が格段に充実してきた昨今だが、もし各球団のキャンプがスタートしても大人数が残っていた場合、史上2度目の「選手会キャンプ」が開催されるのだろうか。

 ◆ダルビッシュは移籍迷走、イチローや上原も

 米球界も注目しているダルの移籍先候補は古巣のドジャースを始め、カブス、ヤンキースなど7球団の名前が挙がっているものの混迷。米最大のイベント、NFLのスーパーボウル(日本時間5日)が終わるまでは移籍先が決まらない可能性もある。日本人選手では他にもイチロー、上原浩治の40代コンビが未契約だが、こちらはキャンプの招待選手でマイナー契約の公算が大きいかもしれない。

コメント

初めまして。初のコメントをさせていただきます。
宜しくお願い致します。

メジャーのFA事情は経営者側の思惑もあり難しい問題も多々あると思いますが、私が懸念しているのは国内FAについてです。野上&高木勇の件ではトレードと変わらないじゃないかという声が多数ありました。私もその一人で本当にFA補強をしたいと思う選手はみんなメジャーへ流れていくのが現状です。元々日本のFAは江川問題から端を発した、好きな球団に入る事が出来ないというところから、いろんなドラフト改革を試みながら、ある程度年数を経たら好きな球団に行って良いよ、みたいな日本人的な独特の考え方で出来上がったFAのように思います。しかし徐々にドラフト選手も12球団OKという風潮になり、国内FAもメジャー的な個人の評価をしっかり見てくれる球団に移籍するというものに変わってきました。その評価を最大に活かそうとすれば自ずとメジャー志向になり、国内FA市場は前述の通りトレードと変わらないものになってしまいました。そろそろ日本のFA制度も改革の時期を迎えたのかもしれません。人的補償も本当が嘘か岩瀬選手が拒否したという記事も流れたように、意味をなさないものになって来ています。それに広島のようにFAに全く手を出さない球団もあるわけですから、今一度FAを見直すべき所にきているような気がしてなりません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.