ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

時事問題

2014年12月13日 (土)

映画の中にある野球。「新幹線大爆破、太陽を盗んだ男」を見て(第792回)

Photo_2 東京・池袋にある新文芸座で12月12日 、開館日特別企画「友の会会員が選んだ邦画サスペンス・ミステリー映画ベスト10」と題して、新文芸座友の会で4位と6位に入った「新幹線大爆破」と「太陽を盗んだ男」を、出社を遅くして観てきた。この2本立ては、高倉健、菅原文太が相次いで亡くなったから組まれていた訳ではなかったという。しかし、ネットでも注目されていただけあって、朝9時半の初回から満員の盛況。休憩時間には男子トイレに長蛇の列となったため、2本目以降予定より時間が15分以上遅れるというハプニングもあった。

続きを読む »

2014年11月28日 (金)

台湾野球の原点!映画「KANO」を堪能する(第790回)

Photo_2

 11月27日、「KANO」の試写会に足を運んだ。野球オタクの私にとって嘉義農林(KANOはユニホームの胸文字)は、1931年に台湾代表として甲子園に初出場していきなり準優勝して大旋風を巻き起こしたチーム。そしてノンフィクションライター・鈴木明さんの「誰も書かなかった台湾」により、日本人、漢人(中国大陸から移住した漢民族の子孫)、先住民の3つの人種から構成されていたことも知っていた。中等野球の名門である松山商の名監督だった近藤兵太郎指導の下、弱小チームが快進撃を続けるというストーリーである。近藤の「先住民は足が速い。漢人は打撃が強い。日本人は守備に長けている。こんな理想的なチームはない」という信念で、徐々に上達する過程が秀逸だ、それをメーンに、台湾南部の嘉義近郊で台湾最大の水利事業といわれる嘉南大圳(かなんたいしゅう)を完成させた偉人・八田與一をからめ、当時の台湾の様子が生き生きと再現されている。

続きを読む »

2011年11月25日 (金)

野球好きだった談志師匠。そして連載通算1000回(第651回)

 立川談志師匠が亡くなった。高座で聞いたことはないので大層な事は言えないが、DVDやCDなどで聞く「芝浜」「饅頭こわい」「居残り左平次」は立川ワールドに引き込んでくれた。また、「現代落語論」も古本屋で見つけて読んだ。桂文楽や三遊亭圓生のような正統派ではないが、破天荒だったという古今亭志ん生とはちょっと違った落語家。ライバルでもあった古今亭志ん朝師匠が2001年10月に亡くなってからちょうど10年。“落語とは、人間の業の肯定である”と説いていた師匠も旅立っていった。

続きを読む »

2011年2月 3日 (木)

球界も一塁塁上での私語を慎みたい(第593回)

 

舞の海のような技能力士には「技のデパート」というニックネームが付いたが、昨今の日本相撲協会は「不祥事のデパート」の感がある。昨年の野球賭博に関しては、個人が勝手にやっているものと思っていたが、八百長が疑われても仕方のない今回の“メール発覚事件”には、開いた口がふさがらない。一般紙のように大上段に構える気はないが、協会関係者は力士たちにどのような教育を行っていたのだろうか。

続きを読む »

2011年1月10日 (月)

また、銃の悲劇。世界一監督の孫娘死去(第588回)

米アリゾナ州でまた銃による悲劇が起こった。巻き添えを食って6人の死者が出たが、そのうちの一人、9歳になるクリスティーナ・グリーンちゃんは、実は1980年フィリーズを初のワールドチャンピオンに導いたダラス・グリーン氏の孫娘で、ドジャースのスカウトを務めているジョン・グリーンの娘だったことが明らかになった。

続きを読む »

2009年2月22日 (日)

 野球の語り部がまた一人亡くなった(第456回)

 2月13日、元報知新聞社スポーツ部長で、ベースボール・マガジン社復帰後は週刊ベースボール編集長などを歴任。1992年から2006年まで野球体育博物館の野球殿堂特別表彰委員だった田村大五さんが亡くなった。1週間後に74歳の誕生日を迎えるはずだった大先輩の訃報に愕然とさせられた。

続きを読む »

2008年2月 8日 (金)

キャッチボールをしよう(第382回)

 埼玉県の教育局が今年度の県内の公立小中高校生の体力測定の結果を発表した。それによると50メートル走では全体的に前年度を上回ったのに対し、握力とソフトボール投げで横ばいか低下しているという。そのため、新年度の指導資料に鉄棒をぶら下がるなどを盛り込む、との報道があった。データはやや古いが、平成14年度文部科学省の体力・運動能力調査結果によると、11歳の50メートル走は1972年8秒80が、2002年は8秒96。ソフトボール投げは34・50メートルから30秒86と低下率は大きくなっている。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.