ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

メジャーリーグ

2017年7月19日 (水)

メジャーの球宴オールスターズはこれだ(第848回)

Photo_3 報知新聞の6版読者に「ヒルマニア」で、投手と野手の2回に分けて日本プロ野球(NPB)の球宴オールスターズをお送りしたので、今度はメジャー(MLB)版もやってみた。世紀の本塁打王ベーブ・ルース(ヤンキース)と左腕投手カール・ハッベル(ジャイアンツ)の対決が見たいという少年の言葉をきっかけに1933年に始まったMLBのオールスター戦。今年で88回目を迎え43勝43敗2分けと偶然にもまったく同数となった。回数が合わないって。それは太平洋戦争中で移動規制があった1945年が中止となった一方で、1959年から4年間は2試合ずつ行われた事があるためだ。

  【投手】投手選定の規準は、NPBより試合数が少ないため、8試合以上か投球回10以上にして5人を選んだ。まず、10イニング以上投げて無失点だったメル・ハーダーだ。インディアンス一筋で通算223勝した右腕で、初出場の1934年には何と5イニング1安打に封じるなどナ・リーグ打線に対し計4度登板し13イニングを9安打しか許さなかった。2試合行われた1959年に両方で先発するなど通算最多投球回となる19回1/3イニングを投げ防御率1・40のドン・ドライスデール(ドジャース)、1935年に先発し未だに破られない1試合6イニングを投げるなど最多の3勝、防御率も2・50のレフティ・ゴメス(ヤンキース)、18イニング投げ8人の走者しか出さなかった防御率1・00のジム・バニング(タイガース&フィリーズ)。そして通算最多の4セーブをマーク1失点も自責は0で防御率0・00のマリアノ・リベラ(ヤンキース)も抑えには欠かせない。球宴記録の5連続奪三振をマークした前記したハッベル、フェルナンド・バレンズエラは投球回10未満で惜しくも外れた。

続きを読む »

2017年7月 6日 (木)

(第847回)上田利治監督の采配の原点はメジャーリーグ

Ueda1

 1975年から77年にかけて阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)を監督として日本シリーズ3連覇に導いた上田利治さんが、7月1日に亡くなった。新聞各紙は関西大出身の秀才で選手での実績の少なかったものの大監督となった経緯と指導方法。そして、1978年の日本シリーズ第7戦で放ったヤクルトスワローズ、大杉勝男選手の左翼ポール際へのホームラン判定への1時間19分の抗議についても大きく紙面を割いていた。

続きを読む »

2017年6月 9日 (金)

則本よ、ペドロの先発10戦連続を目指せ!

59394a62tg3

 ◆日本生命セ・パ交流戦 楽天8―2DeNA(8日・コボパーク宮城)

 楽天の則本昂大投手(26)が8日、DeNA戦で12奪三振を奪い、自らの連続2ケタ奪三振の記録を8試合に伸ばした。

 日本では大注目のこの記録。実はメジャーでは注目されていなかった。1999年のペドロ・マルティネスは4月15日から5月18日まで7試合連続2ケタをマーク、そして8月から9月にかけ8試合連続2ケタと更新したが、地元紙ボストン・グローブ紙のゴードン・エディス記者による本記には、23勝目こそ大きく報じられていたものの、連続試合2ケタ奪三振の記録に対する記述はない。

続きを読む »

2017年6月 6日 (火)

後ろ向きでホームインした選手が死去(第846回)

Pip170605ht1050117000002

 日本プロ野球では元西武ラインオンズの秋山幸二がバック転をしてホームインしたことで知られるが、メジャーでは記念の100号アーチを打った際に、ダイヤモンドを後ろ向きで一周した選手がいた。
 レッドソックスなどメジャー5球団で計17年間プレーしたジム・ピアーソル。メッツ時代の1963年6月23日フィリーズ戦、完璧な当たりで気をよくしたピアーソルは後ろ向きで駆け抜けた。この奇行に怒ったケーシー・ステンゲル監督は、球団を通じて2日後に解雇した。
 そんなピアーソルが3日(日本時間4日)、87歳で死去したことが明らかになった。米各メディアが伝えた。
 

続きを読む »

2017年4月22日 (土)

逆輸入テムズが元阪神・フィルダーとダブる

 ◆ブルワーズ7―5カージナルス(20日・ミルウォーキー)

 開幕から3週間たったメジャー。今年最もファンを驚かせているのが、韓国球界から復帰し、打率4割1分5厘、8本塁打はともにナ・リーグトップを走るブルワーズと3年契約を結んだエリック・テムズ外野手(30)だ。

続きを読む »

2017年4月21日 (金)

イチローの本当のラストシーンは

 メジャー担当として、イチローの115本塁打はテレビなどでほとんど見ている。2007年のオールスター戦でのランニング本塁打もスコアを付けていた。しかし、この日のような感動的なアーチは初めてだ。

続きを読む »

2017年3月24日 (金)

この熱狂をWBCの時だけの「侍人気」にして欲しくない(第843回)

 米国が日本を破って4度目の大会にして、初の決勝進出。野球発祥の地を標榜しながら、過去1度もファイナルまで進出できなかっただけに、メジャー関係者としては、万々歳の大会になったのではないだろうか。

 米国の勝因は、先発ロアークの力投に加え、タイプの違うリリーフ陣をそろえた点だろう。終盤は小刻みに投手を替え、日本打線の目先をかわしたように、野手以上に投手の層の厚さを見せつけた。

続きを読む »

2017年3月 4日 (土)

「投げずに敬遠」導入、NPBは断る勇気を

 米大リーグ機構と大リーグ選手会が2日、今季から敬遠四球について、守備側の監督が球審に意思表示するだけで、投手が1球も投げずに打者が一塁へ歩くという規則改正を発表。試合時間のうち、30%が動きが止まっているという観点から、無駄なものを省こうとするマンフレッド・コミッショナーの意向だという。

続きを読む »

2017年1月30日 (月)

エンカーナシオンはレジー・ジャクソンになれるか

 インディアンスが3年総額6000万ドル(約70億円)で獲得したエドウィン・エンカーナシオン内野手との特異な出来高契約で、私は35年前にエンゼルスとレジー・ジャクソンが結んだ契約を思い出した。

 今回のイ軍との契約は年間観客動員が200万人に達した場合、100万ドル(約1億2000万円)を手にするという。1994年に新球場がオープンしてから、01年まで455試合連続満員札止め記録を作ったものの近年、観客動員で苦戦。15年まで減少に歯止めがかからず、ア・リーグを制した昨季でさえ30球団中28位の159万1667人(イ軍より少ないのはアスレチックスとレイズ)にとどまった。

続きを読む »

2017年1月13日 (金)

米も苦労するWBCでのエース級招集

 WBCに関して日米の温度差は、第4回となっても変わらない。日本球界が日本シリーズ並みの感覚なのに対し、米球界は開幕前のひとつのイベント視している。

 昨季20勝をマークし2度目のサイ・ヤング賞に輝いたシャーザー(ナショナルズ)が右手薬指の疲労骨折で欠場を発表したが、もしポストシーズンなら投げていた可能性は高い。無理をする必要はないこととシーズン優先のための辞退だ。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.