ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

野球殿堂記者投票への考察

2017年3月 5日 (日)

野球殿堂記者投票への考察=第61回(2016年度)工藤公康、日本一監督効果か初年度当選。斎藤雅樹は10年目。エキスパートでは榎本喜八感激の殿堂入り。山中、松本は特別で。

58b50e0dtg2 1月18日、新たに野球殿堂に5人が加わった。プレーヤー部門は2人。上位10人の得票は、1位斎藤雅樹285票、2位工藤公康258票、3位は伊東勤172票、4位は立浪和義171票、5位佐藤義則103票、6位高津臣吾99票、7位T・ローズ86票、8位川相昌弘、清原和博各78票、10位桑田真澄74票。11位の石毛宏典が69票に終わり、プレーヤー投票の資格を失うことになった。東尾修、秋山幸二、工藤、そして2017年殿堂入りの伊東勤と西武ライオンズ黄金時代に一緒にプレーした選手の殿堂入りが続いている。現役時代は最も西武監督に近いと思っていた石毛だけに、あのままライオンズに残っていればどうなっていただろうかと思ってしまう。

続きを読む »

2017年2月26日 (日)

野球殿堂記者投票への考察=第60回(2015年度)古田敦也当選、原辰徳はプレーヤー表彰資格失う。特別表彰の村山龍平には?がつく

58a7f137tg1 1月23日発表された野球殿堂は古田敦也がプレーヤー表彰で選出されたが、ネットの中では15年間という資格最終年の原辰徳の落選が話題をまいた。まずは上位10人の得票数、今回も棄権14票、無効2票と16票が無駄になり当選必要数は249票。1位古田敦也255票、2位斎藤雅樹246票、3位原辰徳243票、4位立浪和義117票、5位岡田彰布107票、6位伊東勤96票、7位T・ローズ85票、8位佐藤義則73票、9位清原和博65票、10位川相昌弘60票。

続きを読む »

2017年2月19日 (日)

野球殿堂記者投票への考察=第59回(2014年度)球史を変えた野茂英雄、堂々の3人目の資格初年度殿堂入り

1 米時間1月9日(日本時間10日)に発表された米野球殿堂では、10年間現役でプレーして日本人選手で初めて候補に名を連ねた野茂英雄が6票に終わり、翌年からの候補者から姿を消した。メジャー通算123勝はいかにも少なかったが、それでも完全試合を含め通算219勝したケニー・ロジャースはわずか1票、通算319セーブを挙げたトッド・ジョーンズは0票だったことを考えれば、野茂の功績を感じていた記者がいた(全員日本人記者ではないだろう)ことの証明だ。2018年度、松井秀喜が再びメジャーの殿堂候補になる模様だが、この6票を超えるのかどうか私は注目している。

 さて、それから1週間後の17日に発表された日本の野球殿堂。野茂はプレーヤー表彰部門でスタルヒン、王貞治に次いで3人目となる資格初年度での殿堂入りが発表された。45歳4か月の殿堂入りは1965年、川上哲治の45歳8か月を抜く史上最年少でもあった。当選に必要な票数は243票だったが、野茂は267票、秋山幸二257票、佐々木主浩255票で、1980年代から90年代を彩った3選手が殿堂入りした。4位以下は4位原辰徳196、5位古田敦也165、6斎藤雅樹149票、7位清原和博69票、8位大島康徳60票、9岡田彰布49票、10位西本聖、篠塚和典各36票だった。

続きを読む »

2017年2月11日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第58回(2013年度)プレーヤーで大野豊、エキスパートで外木場義郎と2年連続カープ勢2人選出。特別は公式戦12試合連続完封の福嶋一雄が当然の殿堂入り

Ohno 野球殿堂のプレーヤー表彰は大野豊が273票で当選。2年連続の177票から一気に100票近く増やした。2位以下は2位秋山幸二235票、3位佐々木主浩230票、4位原辰徳192票、5位古田敦也147票、6位斎藤雅樹126票、7位大島康徳85票、8位岡田彰布48票、9位伊東勤43票、10位佐藤義則39票。その5年後の伊東勤の殿堂入りの一方で原辰徳のもたつきぶりがうかがえる。また、前年17人もいた投票しなかった記者が5人に減ったことは喜ばしいことである。

続きを読む »

2017年2月 4日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第57回(2012年度)喜べなかった津田恒実の競技者表彰殿堂入り。北別府学とカープ2人選出。特別は大本修、長船騏郎と3年ぶりにこちらも2人が当選

Tsuda 1月13日に発表された野球殿堂。競技者表彰での津田恒実の当選は、コアな野球ファンにとって賛否両論だった。投票結果は1位北別府学257票、2位津田恒実237票で当選に必要な236票をクリアした。3位以下10位までは3位ブーマー223票、4位大野豊177票、5位秋山幸二133票、6位佐々木主浩108票、7位原辰徳108票、8位斎藤雅樹60票、9位大島康徳49票、10位新井宏昌48票となっていた。

 開票された直後(同日)に書いたブログ「野球殿堂競技者表彰の個人的な見解」を少し書き直して掲載する。

続きを読む »

2017年1月28日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第56回(2011年度)2年連続1票不足だった落合博満が50票増やして当選。エキスパートは最後の30勝投手の皆川睦雄と東北人2人を選出。

Ochiai 史上初めて2年続けて1票不足で殿堂入りを逃していた落合博満が過去2年間の227票から277票と50票も増やして当選した。1月14日開票された野球殿堂。プレーヤー部門の2位以下は、2位北別府学226票、3位津田恒美212票、4位ブーマー184票、5位大野豊177票、6位原辰德109票、7位佐々木主浩103票、8位秋山幸二89票、9位斎藤雅樹57票、10位大島康徳50票だった。

 落合は1953年生まれで、私と同学年ということで思い入れはひとかどではない。当選した当時のブログに手を入れて書く。落合が秋田工3年の1971年、ドラフト会議で1位指名された同級生は、ともに甲子園に出場した深谷商・竹内広明投手が大洋ホエールズに、鶴崎工・藤沢哲也投手が中日ドラゴンズと2人しかいなかった。同年の甲子園大会はセンバツが日大三高、夏は桐蔭学園高が優勝しており、両校の優勝投手、日大三高・渡部良克、桐蔭の大塚喜代美でともにアマチュア野球で現役生活を終えている。夏の甲子園大会で活躍し、プロ野球界で生き残っているのは近鉄に2位指名された浜田高の梨田昌崇(現昌孝)くらい。しかし、落合同様に社会人経由でプロ入りした真弓明信、同志社大に進学して4年後に中日に1位指名された田尾安志も楽天監督を経験している。スカウトから見れば不作の年代と言われながら50年近く経った今、4人がプロ野球で活躍し、監督まで務めるようになったのだから同級生として胸を張れる。

続きを読む »

2017年1月21日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第55回(2010年度)落合博満が史上初、2年連続1票足らずに落選。殿堂入りは東尾修、エキスパートは遅ればせながら江藤慎一。そして都市対抗の華、古田昌幸

Higashio  2010年度の野球殿堂入りは1月14日に発表され、プレーヤー部門は東尾修が254票でただ一人入った。次点は落合博満で2年連続して1票不足。過去に1票不足で落選した例には1981年荒巻淳、1995年藤田元司があるが、もちろん2年連続は初めてだ。3位加藤英司191票、4位北別府学153票、5位津田恒美153票、6位大野豊138票、7位ブーマー111票、8位原辰德91票、9位梨田昌孝47票、10位秋山幸二42票。3年目となったエキスパート表彰では江藤慎一が37票獲得し念願の当選。1991年105票を得たのが競技者表彰最終年の得票数から19年後、彼も時間のかかった選手だ。2位皆川睦雄23票、3位星野仙一15票、4位権藤博9票、5位外木場義郎、土橋正幸各7票、7位平松政次6票、8位田淵幸一、足立光宏各3票、10位柴田勲1票だった。

続きを読む »

2017年1月12日 (木)

野球殿堂記者投票への考察=第54回(2009年度)青田昇は45年目でエキスパート初の殿堂入り。プレーヤーは若松勉当選、落合博満は1票足らずに落選

Aota_2 2009年1月14日に行われた殿堂入りの発表。プレーヤーでは前年4位だった若松勉が288票でトップ当選。山本浩二、堀内恒夫の当選組に加え、3位だった田淵幸一が資格を失ってエキスパートに回ったことで一気に83票も伸ばした。2位には落合博満が33票伸ばしたものの当選必要数228票に1票足らない227票だった。3位以下は3位東尾修217票、4位加藤英司136票、前年見落としていたのか津田恒美が再び候補に名を連ね5位で111票、6位大野豊109票、7位北別府学108票、8位ブーマー91票、9位秋山幸二46票、10位原辰徳36票となっている。2年目となったエキスパート表彰で初の当選者が出た。前年は当選票数に9票も足らなかった青田昇、8票増やして31票。この年は投票総数46しかないのに棄権が9票、無効が1票も出たことで当選必要数が前年の32票から27票にダウン。それが当選ラインを超えた理由でもあった。2位は江藤慎一23票、3位皆川睦雄12票、4位星野仙一10票、5位権藤博、外木場義郎各9票、7位土橋正幸5票、8位平松政次4票、9位田淵幸一2票、10位谷沢健一0票だった。

続きを読む »

2017年1月 7日 (土)

野球殿堂記者投票への考察=第53回(2008年度)殿堂規約を大幅改正。メジャー並に引退5年後無条件候補に。堀内恒夫、山本浩二は納得。びっくりした嶋清一の殿堂入り

Horiuchi 2007年6月11日、野球殿堂が大改革した。従来の競技者表彰が2部門に分かれた。これまでは現役を引退した競技者(選手、監督、コーチ、審判員)を対象に引退後5年を経過した後、11年間を有資格としていた。選手引退後5年未満で指導者になると、資格を得るのが遅れる。さらにその期間が長くなった場合、選手時代の印象が薄れるという批判が根強かった。それを解消するために、選手を対象とする(選手引退後、5年を経て15年間を有資格とする)「プレーヤー表彰」に加えて、プロの監督、コーチ、審判を対象とする「エキスパート表彰」を新設。従来の特別表彰対象者との有資格者で、選手引退後21年以上経過している人物も含まれることになった。この時点で特別表彰は選手、コーチ、監督、審判員などすべてアマチュア関係者+プロアマの背広組が対象者となった。また、初年度3%未満の得票率の場合は、次年度以降の候補者資格を失うことも加えられた。

  これを受けて11月27日、2008年殿堂入りの「プレーヤー」候補30人、「エキスパート」候補10人の計40人の名前を初めて公表した。

続きを読む »

2016年12月28日 (水)

野球殿堂記者投票への考察=第52回(2007年度)200勝以上挙げ、唯一負け越した梶本隆夫。そして競技者表彰で漏れた松永怜一が特別表彰で殿堂入り

585a8649tg2 競技者表彰と特別表彰に分かれていた最終年となった2007年の殿堂入りは、1月12日に発表された。競技者表彰では前年12票足りず次点に終わり、9月23日に呼吸不全で死去した梶本隆夫が一気に55票伸ばし261票で当選。残念だったのが次点に終わった権藤博、9票足りない220票。この年限りで競技者投票の資格を失った。3位は星野仙一195票、4位外木場義郎182票、5位大沢啓二、山本浩二ともに179票、7位田淵幸一136票、8位堀内恒夫133票、9位村上雅則119票、10位東尾修81票、11位は大野豊だった。

 1954年のプロ入り1年目に20勝しながら、同じ新人の南海ホークス・宅和本司が26勝したため新人王になれなかった梶本隆夫は、阪急ブレーブスのエース左腕として通算254勝255敗。200勝以上24人中ただ一人の負け越している投手だ。それでもデビューから4年間で3度20勝をマーク、1957年9月27日に西鉄ライオンズ戦に勝ち、通算勝敗で89勝57敗、貯金32まで伸ばしていた。しかし、その後の16シーズン中11シーズンで負け越し。中でも1966年に1シーズンではワースト記録の15連敗(翌年まで通算すると16連敗)が痛かった。1973年に借金1で現役を引退して投手コーチ専任となったものの、1976年にチームが一、二軍を通じて左腕が白石静生1人というお家事情で現役復帰の話が持ち上がり、ピッチング練習を重ねたが、チームが前後期優勝ということで立ち消えとなった。快記録も持っている。1957年7月23日ホークス戦で、当時日本プロ野球どころかメジャーでも誰も達成していなかった9者連続奪三振を達成した。また、1959年には、近鉄バファローズ戦で8回先頭の小玉明利に初の走者となる四球を出して完全試合ならず。9回2死から1番に入っていた関森正治にカーブを三遊間に運ばれてノーヒットノーランも逃した。ちなみにその試合が行われた6月12日には、後楽園球場正門前に野球博物館オープンした日。これも何かの因縁だろう。

続きを読む »

サイト内検索

蛭間 豊章

ヒルマニアロゴ

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.