ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« ボランティアの案内状が届きました | メイン| 転倒 »

2016年9月16日 (金)

今年も「大阪マラソンPUSH講習会へ」

昨年に続き、行ってきました。

「大阪マラソンPUSH講習会」

胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの操作方法を学びました。

昨年も大会前に受講しました。

ですので、おおよそのことは理解していました。

が、

今回、自分が忘れていたこと。。。coldsweats02

①心臓の位置は左寄りではなく中央

②胸骨圧迫は手の平の付け根で行う

この2点は、忘れていました。

やはり、定期的に受講する必要がありそうです。

20160915_192642534

これを使って練習しました。

昨年も書きましたが、胸骨圧迫は意外と疲れます。

無理せず順番に交代して行うことが大切です。

そしてこの日、読売新聞の記者さんが取材で来ていました。

10月3日の紙面紹介されるそうです。

当日は3万人のランナーと1万人のボランティア。

そして100万人以上の観衆で埋め尽くされる大阪の街。

本番では19か所の救護所と、80台以上のAEDが用意されています。

多くの医師もスタンバイしますが、

それでも42キロ続く「会場」では、決して万全とは言えません。

1人でも多くの知識を持った人がいれば、そこに救える命があるはずです。

なんと昨年も2度、AEDが使われる事案があったとのことでした。

私は終盤のポイントでボランティアを行います。

出番がないことが最善ですが、万が一の時には率先して行動したいと思います。

今回の講演を行っていただきました、大阪ライフサポートさんのHPをご紹介しておきます。

http://osakalifesupport.jp/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.