ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« あと3日 | メイン

2016年10月31日 (月)

初のボランティア終了

夢中で「完走」しました

給水ボランティアとして参加した、第6回大阪マラソン。

前日、ランナー受付の行われたインテックス大阪で説明会があり、

ウエア等を受け取りました。

いつもは本番前日で行くEXPOでしたが、

ランナーでなくてもあの場所に行けばわくわくします。smile

迎えた当日。私は38km地点の給水で活動しました。

集合時間は9時。

経験者も多く、机の準備から水汲みへ、テキパキと作業は進められました。

そしてスタートから1時間25分でまず、車いすのランナーが来ました。

その30分後、先頭のランナー・Gベンジャミン選手が通過。

招待選手、登録選手、一般ランナーと続々と通過して行きました。

今回のテーマは「恩返し」。confident

過去3回出場した際、見ず知らずの私に

「ファイト!」「がんばれ!」と応援してくれたボランティアの皆さんには感謝の言葉しかありませんでした。weep

4時間以上。続々と来るランナーへできる限りの声を出して鼓舞しました。

南港大橋を越え、残り4キロという地点。

極度の疲労感の中にも最難関を越えた安堵感が入り混じる複雑な地点です。

こんな私たちにも「ありがとう!」と声をかけてくれるランナーさんもいて、感動しました。

午後3時14分。

少し先にある関門が閉まる直前は、関門ギリギリのランナーへ向けてボランティア全員が声を張り上げて応援しました。

残念ながら、関門が締められた瞬間は、本当につらかったです。

38kmも走ったのに…

リタイアするランナーさんには「水飲んでいってください」と声をかけるしか出来ませんでした。sad

後片付けをし、交通規制が解かれるまではあっという間でした。

全員が力を合わせ、本当にスムーズに作業が進められました。

最後、私のチームのリーダーさんの粋な計らい。heart02

栓を開けてしまって残った水を少しずつ、紙コップに入れて「乾杯」をしました。happy02

「おいしい」。。lovely

ランナーではありませんが、あの一杯の水は本当においしかったです。

1つの地点で3万人のランナーが通過するのを見るというのも、なかなかの経験でした。

休憩するのも忘れて、時間はあっという間に過ぎました。

私の声で1人でも「あと4km頑張ろう!」と思ってくれた方がいれば、幸いです。

来年はまたランナーで応募しますが、外れれば必ずボランティアで参加するつもりです。

6回目にしてまた違う大阪マラソンでした。

短い時間でしたが、一緒に活動した皆さん、ありがとうございました。

またお会いしましょう。paper

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.