2017年2月19日 (日)

★サンデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析。トレまるも大事)

東京3R

⑧ブラックランナー(勝ち負け)

東京4R

⑧ナチュラルシンジュ(末脚切れる。広い東京で)

東京5R

⑪ウインシャトレーヌ(中間調教◎)

東京6R

⑧ランガディア(調教◎)

⑭サーベラージュ(前走が不完全燃焼)

東京10R

⑥トーセンマタコイヤ(中間調教◎)

東京11R

「フェブラリーS」

◎⑥モーニン(中間調教◎)

〇⑬エイシンバッケン(前走末脚すごすぎる)

▲⑩カフジテイク(上昇気流乗る)

★⑧デニムアンドルビー(初ダートでも)

△③④⑤⑨⑪

※買い目

◎⑥から馬複で印通りへ。

3連単&3連複フォーメーション

⑧⑩⑬

⑧⑩⑬③④⑤⑨⑪

京都9R

⑦ファンディーナ(デビュー前の調教から動いていたが、それにしても前走の9馬身差は圧巻。馬なりでハナを奪うとマイペースの逃げ。直線の入り口で仕掛けると瞬時に反応。鞍上の岩田騎手が、ターフビジョンを見ながら、グングン後続を突き放す。これはちょっと違う。大物の出現)

京都10R

②アナザープラネット(調教◎)

小倉11R

「小倉大賞典」

◎②ストロングタイタン(小倉3戦3勝)

〇⑭ヒストリカル(中間調教◎)

▲⑧ベルーフ(小回りコースOKな差し馬)

★⑦マルターズアポジー(ここなら)

△③⑩⑪⑫⑮

※買い目

◎②から馬複で印通りへ。

3連複フォーメーション

⑦⑧⑭

⑦⑧⑭③⑩⑪⑫⑮

馬単BOX&ワイド

②⑭

 

続きを読む »
2017年2月18日 (土)

★サタデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析)

東京9R

②バリングラ(ここなら)

⑤トリコロールブルー(素質秘める)

東京11R

「ダイヤモンドS」

◎⑫アルバート(軸不動)

〇⑧カフジプリンス(長距離砲)

▲⑦フェイムゲーム(地力上位)

★⑭プロレタリアト(軽量魅力)

△①③⑥⑪

※買い目

◎⑫から馬複印通りへ。

3連複フォーメーション

⑦⑧⑭

⑦⑧⑭①③⑥⑪

3連単フォーメーション

⑦⑧⑭

⑦⑧⑭

京都1R

⑯ウラガーノ(順当)

京都3R

⑭クレオス(中間調教◎)

京都6R

②フラウティスタ(前走の未勝利Vが直線ノーステッキ。余力十分)

京都11R

「京都牝馬S」

◎②アットザシーサイド(馬群気にしない。母ルミナスハーバーはウオッカと同級生で阪神JF3着馬。4勝のうち2勝が1400メートル)

〇④アルビアーノ(当舞台V歴)

▲⑩レッツゴードンキ(差し切り警戒)

△⑥⑬⑭⑮⑯⑱

※買い目

◎②から印通りへ。

馬単&3連単BOX

②④⑩

3連複フォーメーション

④⑩

④⑩⑥⑬⑭⑮⑯⑱

小倉3R

⑤ヤマニンルサリー(前走は直線で前が壁。スペースがなく、追えたのは坂を上がってから。デビュー戦の内容から差はない)

小倉4R

④ニシノヒナマツリ(力量差ない)

 

続きを読む »
2017年2月17日 (金)
2017年2月16日 (木)
2017年2月15日 (水)

「第61回金盃・SⅡ」(2600メートル)は、15日大井競馬場で14頭で競い、

2番人気吉原寛人騎乗ユーロビート(セン馬8歳、大井・渡辺和雄厩舎)が直線抜け出して優勝。

昨年2着のリベンジを果たした。

勝ちタイム2分51秒6。

1番人気オリオンザジャパンは7着。

「距離が長い」と笹川翼騎手。

 

続きを読む »
2017年2月14日 (火)
2017年2月13日 (月)