2016年7月

2016年7月31日 (日)

サンデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等参考)

札幌4R

⑨セイクリッドシー(芝替わり、リーディングジョッキーに託す)

札幌10R

④カイザーバル(注目の復帰戦)

札幌11R

「クイーンS」

◎⑩マイネグレヴィル(一発秘める)

〇③テルメディカラカラ(状態急上昇)

▲⑦ナムラアン(見直しが必要)

★マコトブリジャール(馬体充実)

△④⑥⑧⑫⑬

新潟10R

⑥オホーツク(調教◎)

新潟11R

「アイビスサマーダッシュ」

◎⑬ネロ(状態文句なし)

〇④ベルカント(対抗以下には落とせない)

▲⑥プリンセスムーン(当舞台【3200】)

★①ヤマニンプチガトー(一変狙う)

△③⑧⑪

小倉11R

⑥ドラゴンストリート(調教◎)

 

続きを読む »
2016年7月30日 (土)

サタデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等参考)

札幌1R

③スピリットソウル、

④プラチナヴォイス(ともに有力)

新潟1R

④アイティプリンセス(順調)

竹内正洋調教師・本人のコメント

「普通に回ってくれば大丈夫」

新潟2R

④ブライトエピローグ(デビュー戦の前走は、ゴール前内ラチ沿いを狙うも進路が狭く手綱を引いてしまう。スペースさえ開いていれば突き抜ける手応えだった)

新潟10R

②サトノキングダム(中間調教◎)

⑧アストラエンブレム(ここなら)

小倉1R

⑦ミスターロンリー(力量差なし)

小倉6R

④エイシンミキサー(改めて)

続きを読む »
2016年7月29日 (金)

29日、川崎競馬場では2歳能力試験が行われた。

速かったのが、山崎誠騎乗ドーモスイマセン(牝、山崎裕厩舎、父ロードアルティマ、母ナナコフレスコ、オーナー・木村良明氏)。

押さえきれない手応えで先頭。直線も余力十分のままフィニッシュ。

800メートル49秒5。

これは11頭合格したなかで一番時計だった。

 

続きを読む »
2016年7月28日 (木)
2016年7月27日 (水)
2016年7月26日 (火)
2016年7月25日 (月)
2016年7月24日 (日)

サンデー・ピックアップ(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等参考)

函館5R

⑫ハローユニコーン(中間調教◎)

函館11R

「函館2歳S」

◎⑥モンドキャンノ(全身バネ)

〇⑫レヴァンテライオン(デビュー戦Vは3コーナーでいったん内へ押し込められるも、ジッと我慢。直線外に持ち出して伸びる。なかなかの勝負根性の持ち主)

▲④メローブリーズ(中間調教◎)

★⑮ガーシュウィン(デビューVはゴール前で再加速。もう一段ギアを持っている印象。短距離ならやれる)

△③⑤⑨⑪⑯

福島1R

⑦ニシノマッハ(順当)

⑩ヤマニンシーベリー(少し注意)

福島2R

④アポロストロング、

⑩スグスキシッパイ(ともに力量差なし)

中京1R

④ミスミーチャン、

⑯メイショウミズカゼ(ともに力量差なし)

⑩ダブルスプリット(ダート替わり注意)

中京5R

②アドマイヤミヤビ、

⑥エジステンツァ(ともに中間調教◎)

中京7R

②ヴィブロス(調教◎)

中京11R

「中京記念」

◎⑥トウショウドラフタ(施行時期が夏開催に移ってから3歳馬の出走は数える程度。それも重賞勝ち馬の参戦はなし。ファルコンSは中京の舞台でV。前走のマイルCは不完全燃焼。主役を張れる資格あり)

〇⑧ダッシングブレイズ(中京【0200】)

▲⑪ダノンリバティ(芝、ダート不問の堅実派。パワーの要る芝ドンピシャ)

★⑭ダンスアミーガ(一発秘める)

△④⑤⑦⑩⑬

 

続きを読む »