2017年2月15日 (水)

ユーロビート底力見せる!!

「第61回金盃・SⅡ」(2600メートル)は、15日大井競馬場で14頭で競い、

2番人気吉原寛人騎乗ユーロビート(セン馬8歳、大井・渡辺和雄厩舎)が直線抜け出して優勝。

昨年2着のリベンジを果たした。

勝ちタイム2分51秒6。

1番人気オリオンザジャパンは7着。

「距離が長い」と笹川翼騎手。

 

 吉原寛騎手
「大井の長丁場のレースはホントに安定して走ってくれる。ホッとした。自分のリズムだけ守って走ってくれれば、最後脚を使ってくるのでそれだけを守って走った。直線は前の馬の脚いろが鈍ってきて、ちょっとまずいかなと思った。後ろを気にしながらでしたが、しっかりしのいでくれた」

Photo 
この舞台で実力発揮!!

ユーロビート!!

予想は散々。

◎オリオンザジャパンは7着で、

破産です。

7着では、もうにっちもさっちもいかない…。

馬券被害者多数で、

苦情のメールがなりやまず…。

すみませんでした。

 

笹川騎手、どこかで動けなかったか…。

ただ、彼が言うには、

「距離が長い」と。

まくって行くのは、そもそも無理だったのか…。

力が違うのだから、

4角先頭くらいのイメージをこちらは描いたが…。

 

こういう時は、

早く寝よう。

でも、

きのうは、というか、

けさかな、笹川騎手が夢に出てきた。

何か言っていたが、忘れた。

 

寝ていても、うなされそうだ。

 

コメント