2017年4月

2017年4月25日 (火)

あす(26日)は「第55回報知杯しらさぎ賞・SⅢ」(1400メートル)が浦和競馬場で12頭立てで行われます。

風薫る新緑の季節ですが、

あすの天候はちょっと心配。

予報では曇りなので、

何とか雨は降らないでほしい。

 

印の方はあすの紙面でお願いします。

 

2017年4月24日 (月)

【8R発走14時50分】     

  ◎〇▲ ★△△△

8R②④⑫ ⑥⑦⑧⑩

※ここは暑くなって体調を上げるニューエトワールの連勝に期待!!

※9R以降の印は紙面の方でよろしくお願いします!!

2017年4月23日 (日)

★サンデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析。トレまるも大事)

福島1R

⑦アイフィルプリティ(ここなら残せる)

福島5R

⑥ロードアプローズ(調教◎)

東京7R

⑮アルーフクライ(前走は直線で前が壁になり抜け出すスペースがなく、ひと脚も使えなかった。度外視)

東京11R

「フローラS」

◎⑨アドマイヤローザ(底見せぬ)

〇③キャナルストリート(忘れてはいけないアイビーS組、久々の前走は復帰戦は直線前が壁。ひと脚も使えなかった)

▲⑭フローレスマジック(崩れない)

★⑪ビルズトレジャー(男馬にもまれた経験をここで)

注⑧ドリームマジック(一発警戒)

△④⑤⑫⑰

※買い目

◎⑨から馬複印通りへ。

③⑨馬単裏表、③⑨ワイド、

3連単③⑨2頭軸印通りへ。

3連複BOX

③⑧⑨⑪⑭

京都2R

⑥ナガイスパン(調教◎)

京都6R

⑥ステラルージュ(見直しが必要)

京都11R

「読売マイラーズカップ」

◎④エアスピネル(堅実)

〇⑦プロディガルサン(前々走の反動で、前走は動きが硬かった。今回はいつもの姿に戻る)

▲⑪イスラボニータ(逆転態勢は万全)

★⑤ダッシングブレイズ(初重賞制覇があってもいい)

△①⑧⑨

※買い目

取りガミになる可能性も、

3連単&馬単BOX

④⑤⑦⑪

3連単④1頭軸マルチ

⑤⑦⑪。

◎④から馬複で印通りへ。

 

続きを読む »
2017年4月22日 (土)

22日船橋競馬場に、東京湾カップ(5月4日、船橋、1700メートル)に出走を予定しているブルーマネー(牡3歳、川崎・林隆之厩舎)が、馬場見せのため現れた。

Photo
山崎誠騎手を背に登場。

相変わらず、黒光する好馬体。

ノースフォンテン(船橋・佐藤厚厩舎)の内に併せ軽快な動きを見せた。

 

林隆之調教師

「馬場見せは環境に慣れさせるため。いい感じでクリアしてくれたし、動きもよかった。前走(10着)の重賞はレベルの高いメンバーでレースの流れに対して戸惑いがあった。いい経験になったと思う」

 

★サタデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析)

福島7R

⑤レッドクライム(前走は発表よりも重い馬場に泣かされた)

福島11R

「福島牝馬S」

◎⑥ウキヨノカゼ(ロングスパートで活路を)

〇⑨クインズミラーグロ(安定度買う)

▲⑪ブリガアルタ(福島2戦2勝)

★リーサルウェポン(坂路追いしっかり伸び切る)

△②③⑤⑬⑭

※買い目

馬単&3連複BOX

⑥⑨⑪⑮

馬複◎⑥から印し通りへ。

ワイド⑪から⑥⑨⑮流し。

東京1R

※初ダートの3頭に注目

③⑥⑨

東京9R

⑫レジェンドセラー(芝で見直しが必要だ)

東京12R

③カービングパス(中間調教◎)

京都2R

⑩パンサーバローズ(中間調教◎)

⑮ペプチドホープ(勝ち負け)

 

続きを読む »
2017年4月21日 (金)
2017年4月20日 (木)
2017年4月19日 (水)

19日川崎競馬場では2歳能力試験が行われた。

ここで注目馬として挙げておきたいのが2頭。

まずは1組目、800メートルを52秒1でパスしたゴールドパテック(牝、川崎・岩本洋厩舎、父ゴールドアリュール、母ウィルシャー、オーナー・岡田初江氏)。

馬場に入場したときから目立つ好馬体。

トモがしっかりしていて、一見、牡馬ではないかと思ったほど。

公式の馬体重は474キロ。

 

自分自身この体は好みですlovely

 

スタートもしっかり出て、終始先頭。

直線は馬なりでフィニッシュ!!

動きもグッドgood

ただ少し不安点が、ウォーミングアップに入る際、

1~2コーナーの地点が、何か気になるのか、

もの見をする感じで口向きの悪さをみせていた。

 

そこが気になったのか、鞍上の山崎誠騎手は、

ゴールインしたあとに、

またゴール地点まで戻ってきて、

再び馬をうながして、1~2コーナー地点を、

もう一度キャンターで走らせていた。

Photo_6 
これは長く能力試験を見ているが、

こういうふうに、気になる地点を再度確認して走らせるのは初めて。

用意周到だ。

これはジョッキーに確認しなければならない。

 ◇

2組目のダブルマシンガン(牡、川崎・高月賢厩舎、父スズカマンボ、母ハルシオンバード、オーナー・山口裕介氏)。

前回の高月師のコラムのなかで登場していましたが、

いいですねgood

馬場に出てくると、鞍上の滝川寿騎手が、手を焼くほど元気いっぱい。

2頭で併走する形から、

直線ステッキが入り800メートルを51秒7。

Photo 
デビュー戦から行けるでしょうgood

首差しがぶ太いhorseパワーがあるhorse

 

2017年4月18日 (火)

18日船橋競馬場では、2歳能力試験が行われた。

目についた一頭は小杉亮騎乗トーセンアッシャー(牡、父マンハッタンカフェ、母トーセントップラン、川島正一厩舎、オーナー・島川隆哉氏)。

道中は2番手を追走したトーセンアッシャー。

直線は馬なりのまま51秒3で1位入線タイ(内側の川島正太郎騎乗エクスタシーも同タイム)。

 

続きを読む »