2017年4月16日 (日)

every day チェック 中央版

★サンデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析。トレまるも大事)

福島12R

⑨シルクブルックリン(中間調教◎)

中山8R

④テオドール(勝ち負け)

3連複④1頭軸流し

①③⑤⑦⑧⑨

中山11R

「皐月賞」

◎⑦ペルシアンナイト(アイビーSは、スタートで外へふくれるし、前半折り合いを欠くシーンが。直線もフラフラするところがあった。ソウルスターリングに負けたが全力を出し切ってない。10月5日3頭併せ外グイッと伸びる。中間調教◎。調教から目立っていた一頭。道中は先団の外を折り合いをつけながらスムーズに追走。直線の入り口でで3番手に押し上げ、ゴール前は仕掛ける程度で3馬身差の完勝だった。最後はノーステッキで流しただけでラスト1Fが11秒9。もう一段ギアを持っている。「こうやまき賞」の快勝でこの馬の強さを再確認。道中は中団の馬群のなかで脚をため、3~4コーナーで進出を開始。4コーナーで先頭に並びかけ、直線左ステッキが一発入るとグングン加速。着差以上の強さを見せた。重賞級だ。「シンザン記念」は、重馬場でもまれる競馬。度外視。前走の「アーリントンC」は良馬場で。問題なく突き抜け3馬身差の完勝。これで皐月賞が見えた)

〇⑦プラチナヴォイス(前走から馬が激変、一発ある)

▲②スワーヴリチャード(ベストは左回りも、底力買う)

★⑧ファンディーナ(デビュー前の調教から動いていたが、デビュー戦はそれにして9馬身差は圧巻。馬なりでハナを奪うとマイペースの逃げ。直線の入り口で仕掛けると瞬時に反応。鞍上の岩田騎手が、ターフビジョンを見ながら、グングン後続を突き放す。これはちょっと違う。大物の出現だ。「つばき賞」ゴール前のあのドキッとさせる走り。これはGⅠ級。ものすごいのが誕生したといっていいでしょう。とにかくフットワークが雄大。直線はノーステッキで、もう一段、いやもう二段くらいギアを持っている感じだ。これは性能そのものが違う。馬主のターファイトクラブは、ぼくもお世話になりましたが、このような馬が出てきたことにうれしく思います。とにかくこのまま無事にいってほしいと願うばかり。「フラワーカップ」がまたすごかった。楽な手応えで2番手を追走し、4角で早々先頭。そこからが独壇場。他馬がみな一生懸命に追っているのに、馬なりのままグングン突き放す。鞍上の岩田康騎手はターフビジョンを見る余裕。ノーステッキのままで5馬身差の圧勝。本当にこのまま無事を願うばかり)

注⑯クリンチャー(前走のすみれSの勝ちっぷりがいい。追えば追うほど伸びる。これは皐月賞が非常に楽しみ)

△⑥⑭⑮⑰

※買い目

◎⑦単勝、

◎⑦から馬複で印通りに。

3連単BOX

Photo_2 

阪神3R

②スズカブルグ(順当)

阪神5R

⑯カンポデフィオーリ(力量差ない)

 

◆調教診断◆

「皐月賞」1週前調教映像は、先週の追い切り映像内で拝見。そして今週の「追い切り映像」をチェック!!

スワーヴリチャード

5日栗東CW四位騎乗3頭併せ外。

少し内へもたれるような仕草を見せたが、

右ステッキで矯正。

フットワークはダイナミックで、グッドでしょうgood

12日栗東CW四位騎乗併せ馬の内。

直線の入り口で、左手前に替えたが、

すぐに右手前に戻した。

内へもたれるところを一瞬見せており、

やはり左回りの方がベストなのか。

動きそのものは馬なりで、首先着。

馬が大人びている印象を受ける。「A」

 

ファンディーナ

5日栗東坂路右側に併せ、強めに追ってグンと突き放す。

相変わらずの雄大なフットワークだgood

12日栗東坂路右側に併せ、しまい仕掛けてグンと突き放す。

ほとんど先週と同じVTRを見ていると、勘違いするほど。

変わりなく、豪快な動き。持っているポテンシャルが違う印象「A」

 

プラチナヴォイス

5日栗東CW和田竜騎乗3頭併せの外で併入。

この馬が、この中間一番状態をアップさせているupwardrightupwardrightupwardright

馬の気合いから違う。

どちらかといえば、

馬体は薄めな感じだったが、前走後馬体にボリュームが出た。

これは大変な変化。

体全体を大きく使っている点にも好感。

レースにいって馬が右へ右へもたれ、

ラチ沿いの方へいってしまうため、右側に深めブリンカーを着用。

それでもやはり内へもたれていますが、

以前よりはしっかり走れている。

12栗東CW和田竜騎乗単走。

馬なりのままグングン加速。

本当に良くなっている「S」

 

ペルシアンナイト

6日栗東CW併せ馬の内。

追って1馬身先着。

いいですねgood

首を使ったフォームで、とにかくフットワークが豪快。

このアクションがいいgood

12日栗東CWデムーロ騎乗併せ馬の内。

これが、ほんとんど外の馬と馬体が合ってしまい確認できない。

ジョッキーの手綱の動かし方、

トモの蹴っぱりなどで判断するしかないが、

アクションそのもはよかったと思う。「A」

いよいよこの日が来ました。

と、いうのも、実はちょうど10年前の2007年の「皐月賞」。

とんでもない事が起きました。

正直、自分でもビックリな出来事でした。

Photo
⑰ヴィクトリーが勝ったこの「3連単馬券」(⑰⑨①)は、

ものすごい配当になりました。

レースが終わった瞬間、

これはものすごいことになった。

と、

自分の心の中で、

つぶやいたことを鮮明に覚えています。

 

そして、知人のG氏からメール。

配当がすごいことになってましたが、

検量室で仕事をしており、

それはさておきと思いながらでした。

162万円馬券ですか。

 

ただし、

これは今の会社には所属しておらず、他社で勤めていたころの的中。

過去は、過去。

やはり、今ある場所で、結果を残したい。

と、いうのが目標。

 

そして、今年買った馬券がこれです。

Photo 
BOXを買う際、

何を大事に思うのか。

 

どの馬を優先して買いたいのか、

そんなことを思って買います。

 

◎ペルシアンナイト。

馬主はGⅠレーシング。

重賞ホルダーは数多く優勝してますが、

実はまだGⅠ制覇がない。

 

「皐月賞」といえば、

10年ヴィクトワールピサの市川義美オーナー、

12年ゴールドシップの小林英一オーナー。

そして、

07年ヴィクトリーの近藤英子さん、

04年ダイワメジャーの大城敬三さん(ダイワ商事)など、

「皐月賞」が初GⅠ。

と、馬主さんが多くおられます。

 

そういったことから、

ペルシアンナイト。

と、だいぶ前から「皐月賞馬」と思っていました。

 

コメント