2017年5月18日 (木)

一夜明けて

昨日(17日)は、的場文男騎手の7000勝達成に沸きました。

本当にすばらしい記録。

本日の紙面(18日付け)で、

森泰斗騎手からの祝福の言葉に、

「努力のたまもの」と語っています。

けがもありましたが、

それを乗り越えてきたから、

この偉大なる数字が待っていた。

 

そして、みんなに愛される人柄も素敵です。

表彰式では、鉄人・佐々木竹見さんとツーショット!!佐々木竹見さんが「ぜひ僕の記録を破って。頑張ってください」と話すと、隣にいた的場さんは「(佐々木)竹見さんという目標があるから一生懸命に乗れます」と答え二人は握手。

ホント、感動の一日でした。

 

先週の金曜日、

王手をかけてからずっと応援馬券を買い続け、ついに。

 

Photo_3 
払い戻しできない馬券になりました。

ずっと持っていたいですscissors

 

この勝利は、小久保智厩舎の馬で勝利をかざりました。

 

的場さんのコラムは、通常、春木記者が担当しています。

普段の打ち合わせは、私自身はないのですが、

一度だけ、的場騎手にメールを送ったことがあります。

それは、小久保智調教師のお母様が亡くなられた時のことです。

15年5月23日、的場さんのメールに「昨日亡くなられました」と送信。

 

的場さんは、そのことを知ると、すぐにお悔やみを申したそうです。

 

そして、今年、

小久保先生が、東京ダービーで、

的場さんに乗ってもらえる可能性がある。

と、

言っていたローズジュレップが死亡という、残念なことがおこりました。

 

「小久保智調教師×的場文男騎手」

 

東京ダービーでのローズジュレップ騎乗はかないませんでした。

 

その代わり、ではないでしょうが、

この大記録に、歴史に残る日に、

小久保先生と、的場騎手の二人を天国から見守りながら、

引き合わせたのか。

 

こんなことを言うと、

二人に叱れそうですが、

僕はそう感じます。

 

コメント