2017年7月22日 (土)

every day チェック 中央版

★サタデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析)

函館1R

②カレンシリエージョ(順当)

福島5R

⑭モルフェオルフェ(調教◎)

福島10R

⑧ミッキースワロー(ここなら)

福島12R

⑯バトルサンバ(調教◎)

中京1R

①ドンフォルティス(勝ち負け)

中京5R

⑨アップファーレン(中間調教◎)

中京7R

⑪トゥザクラウン(調教◎)

中京9R

⑥アドマイヤアルバ(デビュー戦の前走はレベルの高い組み合わせ)

③アマルフィコースト(前走のデビュー戦Vはノーステッキ。鞍上がビジョンを見て後ろを確認する余裕)

先週の振り返り。

「函館記念」(★……)shock

参りました。

あれだけ雨が降ってしまっては…。

発表は重馬場でも、

実際はもう不良に近いコンディション。

いい訳にしかなりませんが、

◎ステイインシアトルには、完全に不向きな馬場でした。

京都で重馬場で勝っていますが、

洋芝の函館とは、また別物。

でも、ステイゴールド産駒で大丈夫そうと、

思いきや、

ステイインシアトルは、

フットワークがものすごくきれいな馬。

同じステイゴールド産駒でも、

走るストライドがきれい過ぎる。

到底、函館のしぶった馬場には対応できなかった。

15着のここはノーカウント。

勝った★ルミナスウォリアーは、

ホント絶好調でした。

今年の初め、何度か、

ブログに登場した馬で、

力出し切れてない。と。

もっと追いかけるべきでした。

センスないです。

調教診断で書いたように、

柴山騎手。ゴール前で調教で併せた相手に何か、

話しているように見えました。

かなりの手応えを感じ取っていたんでしょう。

レースでは、強気に外から上がって行き、

自ら勝つんだ、という内容。

道悪も関係なかった。

パトロールビデオを見ると、

アングライフェンが1コーナーで折り合いを欠いて行きたがっていた。

それでも4着。道悪競馬なのでジャッジは微妙だが、スムーズなら馬券圏内があったか。

先週は、

自分自身に勝負感がなかった反省ですbearing

コメント