2017年9月

2017年9月26日 (火)

26日、船橋競馬12R⑦⑫⑥(◎△▲)と入り、

その配当が3連単69万9670円eye

これはビックリeye

たまげた配当だscissors

自身はワイド馬券を持っていたが、

それでも万馬券だったgood

たぶん、

これまでの自分自身の最高的中配当ではないかsmile

こんなに配当がよかったのは、

それも、これも、3着でしたが、

リュウノファンタジ=浜田騎手のおかげ。

人気がなかったのです。

川崎競馬でのレースぶりが消化不良だったので、

▲にしました。

horse

友人のK氏にtelephoneしたところ、

本紙をそばやのT氏に渡してきたので、

もしかしてT氏が当たっているかもsign02

馬券を買っていたらおめでとうございますscissors

2017年9月25日 (月)

本日(25日)付けの本紙紙面、森泰斗騎手のコラムでも話されていたように、

骨折が完治して、きょうから復帰。

Photo

戻ってきましたsign03

6鞍に騎乗して7、2、2、1、5、6着。

8Rはシグマグレードに騎乗してV。

復帰後初勝利となったと同時に、

この馬自身が20戦目でのVとなりました。

人馬ともにうれしい勝利。

「新人のようなフレッシュな感じがします」と森泰斗騎手。

御神本訓史騎手もこの夏に戻ってきて、

そして、森泰斗騎手もレースに復帰。

この2人の競演は久々になりますeye

スタージョッキーの競演は、

レースが華やかになるsign03

今後も熱い戦い、

熱戦に期待punch

2017年9月24日 (日)

昨日(23日)は、

浦和・小久保智厩舎の1000勝を祝う会が行われました。

オーナー、調教師、ジョッキーをはじめ、

たくさんの関係者が師のお祝いにかけつけていました。

Photo

自分もお招きにあずかり、光栄です。

しかし、

こういったことに慣れておらず、

ちょっとした失礼もあり、

これは、これはいかんですcoldsweats02

ジョッキーたちが集まり、

小久保師との写真撮影がありましたが、

アップをしていけないというので、

せっかく撮りましたが、

心の中にしまってくださいとの「かよちゃん」の声。

ng

小久保師のあいさつのなかで、

「もっとやれることがある」。

この言葉に今後のさらなる活躍が、

述べられているのだと思います。

horse

そして、心に残っているのが、

1000勝を達成されたに時に、

小久保師は、

「僕たちが頑張ることで馬が幸せになれる」。

この言葉はすごく、

胸に残りました。

そして、

先週のコラムのなかで小久保師は、

「1000勝を達成しましたが、ここまで思った通りにいかなかった馬のことが頭に浮かぶ」。

思った通りに走れなかった馬がいて、

それを今度はどうしたらいいのか、

考えながらまた次へと進む。

そんな探究心が師を前へ前へ、

ひとつづつ前進するみなもとなのだと思います。

おめでとうございました。

★サンデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析、「トレまる」も大事)

中山9R

馬単&3連単

①⑥⑧

ワイド

①から⑥⑧へ。

中山11R

「オールカマー」

◎⑭モンドインテロ(中間調教◎)

〇②アルバート(気合乗る)

▲⑯ツクバアズマオー(当舞台【1010】)

★④ブラックバゴ(一発あり)

△⑥⑧⑨⑫⑮

※買い目

単複⑭、馬単②⇄⑭、

②⑭ワイド、

⑭馬単裏表流し印通りへ。

阪神1R

⑧ソリストサンダー(順当)

阪神5R

④トーセンブレイヴ(調教◎)

阪神11R

「神戸新聞杯」

◎⑤キセキ(馬体に実が入る)

〇⑧レイデオロ(完調手前も)

▲②サトノアーサー(馬体の成長ほしいが)

★③ダンビュライト(仕上がる)

△④⑥⑨⑬⑭

※買い目

馬単&3連複BOX

②③⑤⑧

ワイド

③⑤

◎⑤から馬単裏表流し印通りへ。

続きを読む »
2017年9月23日 (土)

★サタデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析)

中山5R

④グランドピリエット(中間調教◎)

阪神3R

③ウィズ(前走のデビュー戦は、馬券圏内に絡めなかったが、1度使えば変わってくると思う)

⑦マイスターシャーレ(デビュー戦の勝ち馬はルーカス。相手が悪かった)

2017年9月22日 (金)
2017年9月21日 (木)
2017年9月20日 (水)

「第28回オーバルスプリント・SⅢ」(1400メートル)は、20日浦和競馬場で12頭が競い、2番人気戸崎圭騎乗サイタスリーレッド(牡4歳、栗東・佐藤正雄厩舎)が逃げ切ってV。

重賞初制覇を飾った。

鞍上の戸崎圭騎手は、同レース4連覇となった。

勝ちタイム1分25秒1(稍重)。

戸崎圭騎手

「以前に芝で乗せていただいときにセンスのある馬だなと思っていた。ダートに替わってから走りがすごくいいので、そのイメージでいくと浦和もいいのかなと思っていた。スタートは上手に出てくれて、二の脚が速いという感じを受けた。(道中は)手応えは十分でホント気持ちよく走っているなと感じで、いい雰囲気だった。ゴール前外から見えると、また反応して伸びるような形をとってくれたのでいけると思った。今後も楽しみ」

続きを読む »
2017年9月19日 (火)

【8R発走14時50分】

  ◎〇▲ ★△△△

8R③⑪④ ⑧⑨⑫⑤

※自信度A。

小久保智調教師、

今開催自信の一頭。

転入初戦から。

◎③から馬単裏表流し印通りへ。

※9R以降の印は紙面の方でよろしくお願いします!!