2017年9月 9日 (土)

every day チェック 中央版

★サタデー・ピックアップホース(※グリーンチャンネル・パトロールビデオ、調教映像等を参考に分析)

中山1R

⑨イナンナ(少し注意)

中山6R

⑯ノーザンライアン(勝ち負け)

中山9R

⑦クレバーバード(有力)

中山11R

「紫苑S」

◎⑱サロニカ(仕切り直し)

〇⑰シーズララバイ(折り合いひとつ)

▲②ブラックオニキス(一発秘め)

★①フレスコパスト(調教◎)

△③⑤⑧⑮⑯

※買い目

◎⑱から馬単裏表流し。

印通りに。

ワイド①②⑰⑱BOX。

阪神1R

⑥リリーマイスター(ダートで一変も)

阪神2R

①リリカルドリーム(順当)

阪神3R

④クリノダイヤモンド(勝ち負け)

先週の振り返り。

「新潟記念」(△△△)shock

◎ハッピーモーメントは9着。

着差はないとはいえ、

馬券圏内に入っておらず、

生活は苦しくなる。

乗り方ひとつで何とかなると、

思っていたが、甘くはなかった。

この馬はもう少し長い距離でないと、

力がフル回転しないのか。

勝ったタツゴウゲキは、

調教診断であれだけ、

いいと、書いておきながら、

△の評価。

どうしても新潟コースという、

イメージがなかった。

センスのない予想bearing

これはいかんですbearing

horse

「小倉2歳S」(△△〇)shock

制裁があります。

オーロスターキスの川島信騎手は、

4コーナーで外側に斜行。

過怠金1万円。

被害馬フローラルシトラス、ルリハリ。

◎モズスーパーフレアは7着。

スタートしてしばらくは、

いいリズムで走れていたが、

1ハロンを過ぎたあたりから、

行きたがった。

これは誤算。

2番手で我慢しているが、

脚がたまっていない。

これでは最後のひと踏ん張りができなかった。

強気の競馬だが、やはり折り合わないことには。

ただ、この馬は坂路追いで動きように、

パワーがある。

言われなければ、牝馬だとは思えない馬体。

ダート。という選択肢もあっていいだろう。

見直しが必要なのが、

4着ヴァイザー。

直線の入り口では、

外の馬と接触して、内へはじかれる不利。

これは痛かった。

よく最後押し上げているeye

horse

「札幌2歳S」(◎△△)scissors

制裁があります。

クリノクーニングの北村友騎手は、

最後の直線コースで外側に斜行。

過怠金1万円。

被害馬カレンシリエージョ。

◎ロックディスタウンは、

ポジションもよかったし、

直線の反応もグッドgood

そして、

注目はホッカイドウ競馬から参戦の2頭。

ダブルシャープが3着、

ミスマンマミーアが7着。

ダブルシャープは、前半折り合いを欠きながらも、

大外を回ってここまで迫っていた。

これは走る。

広いコースで折り合ったら、

相当やれるはず。

ミスマンマミーアも、

直線内を突いて伸びている。

とにかく、

今年のホッカイドウ競馬の馬たちは、

粒ぞろい。

翌日の「すずらん賞」をリュウノユキナが勝ったように。

レベルが相当高い。

まだまだ、

馬券になるはずだ。

※だいぶ遅れましたが、しっかりチェックは完了。

コメント