2017年10月31日 (火)

長い間ありがとうございました

本日をもって「しょうちゃんブログ」は終わります。

正直、不本意ながらですが、

至らぬところがあり、仕方ありません。

これまで取材に協力してくださった関係者の方には本当に感謝しています。

報知新聞社で仕事ができたのは、

故・川島正行師のおかげだと思っています。

仕事をしてきたなかでは、

調教師、騎手のコラムを担当。

特に、森泰斗騎手の研究心には頭が下がりました。

馬には乗ることはできませんが、

レースを見ることに関しては、見習うところ多々です。

そして、

小久保智調教師、高月賢一調教師ありがとうございました。

今後は、これまで培ってきたことを忘れずに、

がんばっていきたいと思っています。

取材をしてきたなかで、

一番心に残っているは、

川崎競馬の関係者をインタービューし、

シリーズとした企画(12年)。

当時は、大変だな、と思いつつ続けましたが、

終わってみれば、

非常に勉強になることばかりでした。

そんななかでも、

岩本洋調教師を取り上げたときのこと。

上下に渡り、2日に分けて紙面で掲載されました。

 夏の甲子園大会を目指し、予選大会が近づくこのころ、毎年のように母校、野球の名門・日大三高のことが気になると言う。「高校に上がってからは、野球はやめましたが、日大三高の中等部で野球をしていました。仲間は甲子園へ行き、準優勝をしましたからね」。青春時代、白球を追いかけた。

 父の亀五郎氏は、川崎競馬の調教師。その厳格さはまわりからも周知されていたほど。高校を卒業するころに馬をやろうと思った。「父からはとにかく『馬をやるなら騎手になれ』と言われた」。ただ、体重が56キロくらいあり、減量と戦うつらい日々が続いた。「減食して学校に行くにも大変だった」。そのとき感じたのが“我慢”だった。「野球をやっていたときもそうでしたが精通するところがありますね」。

 朝はパン2枚に、牛乳。昼は野菜で。なおかつ汗取り、まわりは丼飯を食べている。「みんなには一時期『(誘いに)来ないでくれ』と言ったくらいです。父の厳しさより、食べないことの方の我慢がキツかった」。その我慢の甲斐あって、73年4月にデビュー。騎手時代の思い出の馬は、3つの重賞(76年八王子記念、同年アラブ王冠賞、78年船橋記念)を制したタクマスリー。「逃げ馬なんだけど、行ききるまでが大変だった。ただハナに立つと強さを見せた」と懐かしんだ。

 父、故・亀次郎氏の体調不安で騎手生活は、7年(73~79年)でピリオドを打つことなり、長くはなかったが、中身の濃い日々を送った。76年に神奈川県騎手会会長となり、全日本騎手連盟を立ち上げた。「騎手の身分の確立が目的。進上金など、騎手の立場を強くをもっとうに連盟を作りました」。自分のこと以外に、業界のことに携わり、尽力した。
 80年に調教師へと転身し、父の厩舎も見守りつつ、4馬房から開業。「(父は)見て覚えろという感じでしたね」。父の背中を見ながら、いろいろなことを吸収した。「(馬の仕事は)好きになることがいいことなのかもしれない。知らなければ、知らないでそれまで。知れば知るほど奥が深い。何の仕事でもそうでしょう(笑)。知らない、知らないではそれまでなんですから。難しいですね」と話す。
 98~08年まで神奈川県調教師会長を歴任。川崎競馬の赤字対策として、経営改善検討会議などを開き、駅前で、無料券(入場)を配布しお客さんを呼び寄せた。06年、初めて川崎競馬場で行われたJBC開催がきっかけとなり「そこからなんとか黒字が出始めた。お正月開催が定着したことも大きい」と胸をなで下ろす。
 川崎競馬場は、家族連れで訪れ、公園が設置されている内馬場内でくつろぐ姿をよく目にする。「川崎市内にはこういう遊び場が少ないこともあるんでしょう。子供の時から競馬場に運んで、馬に興味を持ってもらえたらいいですね。先の長い話しになりますけど(笑)。川崎は、臨場感のある心が通うに競馬場。ファンの方には川崎を愛してほしい。いつまでも」とベテラン調教師が微笑みながら、熱いメッセージを送った。

horse

全文を掲載しましたが、

心に残る言葉というのは、

最後の方で師が話された「(馬の仕事は)好きになることがいいことなのかもしれない。知らなければ、知らないでそれまで。知れば知るほど奥が深い。何の仕事でもそうでしょう(笑)。知らない、知らないではそれまでなんですから。難しいですね」。

“知らない、知らないではそれまで”

ここです。

すごく奥が深いと思います。

12年の時の取材ですが、この言葉が頭に残っています。

horse

扉を閉ざしてしまえばそれまで。

でも、それでは次へと進まない。

ふとすれば、内気な性格の自分にとって、前向きになれる言葉でした。

今後も、人とのつながりも大事になりますが、

印(◎〇▲)を打っていくのもまた大事。

数年前のある日のこと。

相談にのっていただいた某スポーツ紙のW氏の言葉。

「印ひとつで、自分の意思を表現できるこんな仕事はない」。

確かにです。

馬を見て、見てわからなければ話しを聞きに行く。

このくり返しを今後も続けたい。

そう思っています。

コメント