川崎 Feed

2017年10月13日 (金)

【8R発走18時30分】

  ◎〇▲ ★△△△

8R⑥③⑦ ⑩

※◎⑥連勝に期待。

◎⑥から馬単裏表流し印通りへ。

【9R発走19時05分】

9R③⑧④ ⑨②

※◎③JRAから転入初戦もいきなり通用。

◎③から馬単裏表流し印通りへ。

【10R発走19時40分】

10R⑫①⑪ ②

※◎⑫上積み十分。

◎⑫馬単裏表流し印通りへ。

【11R発走20時15分】

11R⑫⑨⑪ ⑩⑤

※◎⑫狙い目十分。

◎⑫から馬単裏表流し印通りへ。

【12R発走20時50分】

12R⑩⑦⑪ ④⑧⑨

※◎⑩中心不動。

◎⑩馬単裏表流し印通りへ。

2017年10月12日 (木)

【8R発走18時30分】

  ◎〇▲ ★△△△

8R①⑤⑨ ⑧⑫⑥

※◎①JRAから転入初戦も実績で。

◎①から馬単裏表流し印通りへ。

【9R発走19時05分】

9R⑩②⑧ ③⑥

※◎⑩前走のJRA交流戦が鼻差2着。

地力を買う。

◎⑩から馬単裏表流し印通りへ。

【10R発走19時40分】

10R⑪⑤⑭ ⑫⑨⑦⑧

※◎⑪そろそろ一発がある。

◎⑪馬単裏表流し印通りへ。

【11R発走20時15分】

11R③④⑥ ⑤⑧②

※◎③前走が不完全燃焼。

改めて。

◎③から馬単裏表流し印通りへ。

【12R発走20時45分】

12R②⑬③ ⑤⑭⑫

※◎②スピードが違う。

連勝濃厚。

◎②馬単裏表流し印通りへ。

2017年10月11日 (水)

「第16回鎌倉記念・SⅢ」(1500メートル)は、11日川崎競馬場で13頭が競い、

直線で抜け出した森泰斗騎乗7番人気リコーワルサー(牡2歳、大井・荒山勝徳厩舎)が優勝。

重賞初Vを飾った。

勝ちタイム1分35秒4(稍重)。

勝ち馬を勝利へと導いたのは、

けがから9月25日に戦列復帰を果たした森泰斗騎手。

自身にとってもこれはうれしい勝利となった。

これでひと息つけるでしょうconfident

続きを読む »

【8R発走18時30分】

  ◎〇▲ ★△△△

8R⑧⑪①

※◎⑧JRAから転入初戦の前走で力見せる。

2戦目も好勝負必至。

単複⑧、

馬単⑧⇄⑪、⑧⇄①。

ワイド⑧から①⑪へ。

【9R発走19時05分】

9R⑨②③ ⑥⑫

※◎⑨連勝狙う。

◎⑨から馬単裏表流し印通りへ。

【10R発走19時40分】

10R⑧⑤① ⑦⑥⑨⑭

※◎⑧ここでも。

◎⑧馬単裏表流し印通りへ。

【11R発走20時15分】

11R⑦⑪⑥ ⑩⑫⑨⑤

※◎⑦強豪そろうも、素質に賭ける。

単複⑦、

◎⑦から馬単裏表流し印通りへ。

【12R発走20時50分】

12R⑪②③ ⑦⑨①

※◎⑪クアトロ騎手の一発期待。

◎⑪馬単裏表流し印通りへ。

2017年10月10日 (火)

【8R発走18時30分】

  ◎〇▲ ★△△△

8R⑦⑤② ⑥①⑫

※◎⑦転入初戦の前走はもまれて不完全燃焼。

改めて。

単複⑦。

◎⑦から馬単裏表流し印通りへ。

【9R発走19時05分】

9R③④⑩ ⑦

※◎③使って上昇。

◎③から馬単裏表流し印通りへ。

【10R発走19時40分】

10R⑩⑦① ⑨

※◎⑩速力で押し切る。

◎⑩馬単裏表流し印通りへ。

【11R発走20時15分】

11R⑤①⑥ ⑬

※◎⑤前走圧勝を再現。

◎⑤から馬単裏表流し印通りへ。

【12R発走20時50分】

12R⑧⑦⑥ ⑩⑪⑫⑬

※◎⑧主力も、

印をつけた7頭の3連複BOXも面白い。

◎⑧馬単裏表流し印通りへ。

3連複BOX

⑧⑦⑥⑩⑪⑫⑬。

35点。

2017年10月 9日 (月)
2017年9月 7日 (木)

「第46回戸塚記念・SⅡ」(2100メートル)は、7日川崎競馬場で14頭が競い、

左海誠騎乗カンムル(牡3歳、浦和・小久保智厩舎)が、

2周目3角から先頭に立つと、

追ってくるキングガンズラングに2馬身半差をつけ完勝した。

勝ちタイム2分17秒4(重)。

horse

小久保智調教師

「暑さがなくなり、どんどんどんどんよくなり、相当期待していた。(左海誠騎手には)向こう正面にいったら、腹を決めるように、それだけ言った。言ったからではなくて、左海誠騎手がうまく乗ったと思う。直線は頑張れ、頑張れと思った。器用な馬で、仕上げての時でも人が求めていることを、吸収してくれる頭のいい子。今後は、ダービーグランプリへ行きたい」

左海誠騎手

「自分が思い描いていたのと一番近いレースができた。内にだけは閉じこめないようにして、気持ちよく外めを回しでもいいからと思った。並ばれてももうひと伸びするような感じだったので、最後は頑張ってくれと思って乗っていた。ゴール板では足音も聞こえていなかったので、良かったと思った。重賞なので、ガッツポーズが自然と出た。返し馬ですごく良さそうな感じを受けた。厩務員さんからも『状態はここ最近では一番いいから』と言われていたので、自信を持って乗った。長い脚を使えるのが強み」

続きを読む »
2017年9月 6日 (水)
2017年8月25日 (金)

25日、川崎競馬場では2歳能力試験が行われた。

注目は2組目。

矢野貴騎乗グローリアスゾーン(牝、川崎・高月賢厩舎、父パイロ、母クランベリー、オーナー・日下部勝徳氏)、

今野忠騎乗チャーミングリボン(牝、川崎・内田勝厩舎、父ヴァーミリアン、母プライムナンバー、オーナー・星野隆男氏)の2頭。

Photo

内ラチ沿いがグローリアスゾーン(馬体重471キロ)。

外チャーミングリボン(馬体重492キロ)。

ともに余力十分の手応えでフィニッシュsign03

800メートルを両馬同タイムの50秒6。

horse

ウォーミングアップ時では、

グローリアスゾーンの方が、

トモに厚みがあって、

いわゆる見栄えする馬体。

でしたが、

走らせてみると、

なんのなんのチャーミングリボンも走るeye

とにもかくにも注目でございますpunch

2017年8月23日 (水)

「第14回スパーキングサマーカップ」(1600メートル)が、23日川崎競馬場で12頭(イッツガナハプン除外、タマノブリュネット取り消し)が競い、的場文騎乗ケイアイレオーネが逃げ切ってV。

5つ目のタイトルを手にした。

勝ちタイム1分41秒3(良)。

的場文騎手

「ハナへ行くかどうか迷ったけど、ちょっと抜けて行ったので行きました。3か月空いていてこの暑さ。ちょっと心配はありましたが、順調に仕上がっていた。レースを終わってみれば。3か月ぶりでちょっと興奮気味でしたが、待避所で落ち着いてくれたので大丈夫だと思った。スタート内からの出方を見ながらでしたが、首くらい自分の馬が抜けていたので、これはハナへ行ったほうがいいと思った。1頭になるとフワッと遊ぶところがあるので、遊ばなければ勝てると思った。ファンのご声援、競馬関係者のみなさんのおかげで、常に常に最年長記録を出させてもらって本当に感謝の気持ちでいっぱいです。(今年の重賞へ)いま7つなので、目標は10と思っています。あと3つですね。宿題がね。(佐々木)竹見さんの記録もあと100(勝)くらいになったので、頑張って乗らないといけないと思っています」

佐宗応調教師

「ホッとしています。前走後はこの馬にしてはガクンときたので、じっくり良くなるまで待ってここまで来ました。元の状態には戻ったので自分のレースさえできれば勝てると思っていた。スタートさえ決まればいいところにつけられると思ったのでそのへんだけした。心配は。このあとのローテーションは考えていない」

続きを読む »