« 18日(土)ダイヤモンドS、京都牝馬S予想ほか | 25日(土)アーリントンC予想ほか »

2017年2月18日 (土)

19日(日)フェブラリーS、小倉大賞典予想ほか

 死んだ種牡馬の子は走る―。14年前のフェブラリーS(2003年)を勝ったゴールドアリュールが18日、この世を去りました。18歳。エスポワールシチー、スマートファルコンなどダートGⅠを勝った砂の猛者を父として送り、今年のフェブラリーSにもコパノリッキー、ゴールドドリームの2頭をエントリーさせています。しかも2頭は黒帽の2枠に同居。こうなることが分かっていたかのような演出なのでしょうか…。

 さて結果はどうなりますか。

2月19日(日) 東京11R 第34回フェブラリーS

馬名S性齢斤量替 騎手
1 1 サウンドトゥルー セ7 57 *柴田善臣
1 2   ホワイトフーガ 牝5 55 蛯名正義
2 3 ゴールドドリーム 牡4 57 M.デム
2 4   コパノリッキー 牡7 57 *武豊
3 5 アスカノロマン 牡6 57 和田竜二
3 6 モーニン 牡5 57 *ムーア
4 7   ブライトライン 牡8 57 *石橋脩
4 8   デニムアンドルビー 牝7 55 *内田博幸
5 9 ベストウォーリア 牡7 57 戸崎圭太
5 10 カフジテイク 牡5 57 *津村明秀
6 11 ノンコノユメ セ5 57 ルメール
6 12   ニシケンモノノフ 牡6 57 横山典弘
7 13 エイシンバッケン 牡5 57 岩田康誠
7 14   キングズガード 牡6 57 藤岡佑介
8 15   ケイティブレイブ 牡4 57 *幸英明
8 16   インカンテーション 牡7 57 藤岡康太

 【東京・11R】昨年、デビュー7戦目で天下を取ったモーニンを信じます。その後4戦は勝ち切れていませんが、58キロを背負った3走前の日本テレビ盃(2着)で56キロのアウォーディーと頭差の競馬ができたように、当然ながら能力は落ちていません。

 前走のチャンピオンズCは大外枠から終始、後手後手に回らされての7着。もまれ弱いというのか、簡単に前に入られるシーンが目立ちました。ただそれでも勝ち馬とは0秒5差。今回6番枠から枠なりに積極的に運べば、勝ち負けは十分でしょう。馬連(6)から印へ。

 【小倉・11R】前走の万葉Sではロスの多い競馬で3着に敗れたスピリッツミノル。ヨーイドンの瞬発力勝負は合わないタイプで、エンジンを噴かしながら追走できる小倉コースが合いそうです。馬連&ワイド(13)から(8)(6)(7)(14)(9)(2)(11)(12)と手広く。

コメント

あきまへんなー

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.