« 2月4日(土)エルフィンS予想ほか | 11日(土)クイーンC予想ほか »

2017年2月 5日 (日)

2月5日(日)東京新聞杯、きさらぎ賞予想ほか

 土曜のエルフィンSで1番人気のミリッサは3着止まり。まずまずのスタートに映りましたが、序盤3ハロンで折り合いを欠いてジョッキーが抑えたことで、徐々にポジションを下げ、最後方からの追走。直線上がりNO1の末脚で追い上げましたが、時すでに遅しでした。小さな体をまた減らして(414キロ→410キロ)の出走でしたし、これで桜花賞出走はやや厳しい情勢に。エンジンがかかっての脚は3歳牝馬2強(ソウルスターリング、リスグラシュー)と遜色ないだけに残念ですが、まずは気性の成長と馬体の維持が急務でしょう。

2月5日(日) 東京11R 第67回東京新聞杯

馬名S性齢斤量替 騎手
B1 1   ダイワリベラル 牡6 56 北村宏司
2 2 ブラックスピネル 牡4 56 *M.デム
3 3 マイネルアウラート 牡6 57 柴田大知
4 4   ストーミーシー 牡4 56 江田照男
5 5 プロディガルサン 牡4 56 田辺裕信
6 6 ブラックムーン 牡5 56 *内田博幸
7 7 エアスピネル 牡4 57 武豊
7 8   タガノブルグ 牡6 56 *吉田隼人
8 9 ロイカバード 牡4 56 *横山典弘
8 10 ヤングマンパワー 牡5 57 *戸崎圭太

 【東京・11R】デビュー戦以来のマイルで新味が…というより、もともとこの距離がベストでないかとにらんでいるプロディガルサンを本命にします。

 2歳時の東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800メートル=2着)に注目しました。直線で勝ったスマートオーディンに2度寄せられましたが、ひるむことなく最後まで伸び、1馬身差。トップスピード時の致命的な不利にもかかわらず、闘志を切らさなかったメンタルは買い材料です。

 その後の4戦は、すべて芝2200メートルを超える距離の競馬で、相手もG1級。ここなら格下感は皆無です。

 エアスピネルは前走の京都金杯(1着)で道中折り合いを欠くシーンがありました。今回は輸送もあるため、そのあたりの不安が払拭しきれず2番手の評価です。

 馬連(5)から(7)(10)(2)を本線に(9)(6)(3)が押さえ。

 【京都・11R】エンジンのかかりは遅いが、この相手なら力が違いすぎるサトノアーサーが本命です。相手本線はディープインパクトを出した華麗なる母系出身のプラチナヴォイス。前走はパドックから落ち着きを欠いていたのが敗因でした。リフレッシュされ、気分良く走れば粘り込みは可能でしょう。

 馬連(1)から(5)を厚めに(3)(4)(7)まで。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.