« 29日(日)根岸S、シルクロードS予想ほか | 2月5日(日)東京新聞杯、きさらぎ賞予想ほか »

2017年2月 3日 (金)

2月4日(土)エルフィンS予想ほか

 先週のセントポーリア賞でデビュー2連勝を飾ったダイワギャグニー。2戦それぞれ5、6番人気と、ファンの評価以上に強い走りを見せています。思えば、昨年のちょうど今頃、増沢末夫元調教師を取材したとき「ダイワの大城オーナーとダービーを勝つ馬を買ってきた」と話していたのが、この馬でした。今後は、皐月賞を目指してのローテが組まれるとのこと。今後がすごく楽しみです。

 もう一頭、松籟Sを勝ったジュンヴァルカンは、今年中に重賞を勝つ馬だと思っています。

2月4日(土) 京都10R エルフィンS

馬名S性齢斤量替 騎手
1 1   ラントシャフト 牝3 54 *フォーリ
2 2 アルミレーナ 牝3 54 *蛯名正義
3 3   ハローユニコーン 牝3 54 *武豊
4 4 アカカ 牝3 54 M.デム
5 5 ミリッサ 牝3 54 ルメール
6 6   ラーナアズーラ 牝3 54 *浜中俊
7 7   ビーカーリー 牝3 54 和田竜二
7 8   ビップキャッツアイ 牝3 54 *幸英明
8 9 サロニカ 牝3 54 *福永祐一
8 10 アドマイヤローザ 牝3 54 岩田康誠

  【京都・10R】2段ロケットの末脚が光るミリッサが本命です。新馬戦は、4コーナーで大外から進出しましたが、いったん完全にかわした2着馬が直線内でもうひと伸び。しかし慌てず騒がず徐々に追い詰め、ゴールでは1馬身1/4差でフィニッシュしました。最後の1ハロンのレースラップが11秒2なので、だいたい11秒フラットの鋭脚で伸びた計算です。

 オークス馬シンハライトの半妹(父ダイワメジャー)という血統背景も頼もしく、ここをクリアするようなら、桜花賞で2強(ソウルスターリング、リスグラシュー)に迫れる逸材でしょう。

 相手は爆発力あるアカカ、アドマイヤローザ。京都得意のディープインパクト産駒サロニカ、アルミレーナ。馬連(5)から(4)(10)を厚めに(9)(2)。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.