今年最後の: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 3日ぶりの… | メイン| 今年最初の… »

2015年12月31日 (木)

今年最後の 

こんにちは。牧野です。まさか、大晦日に更新するとは思わなかったんですが、美浦で情報を集めて来てくれた後輩記者のためにも重い腰を上げた次第です。

ヤマタケ記者のブログにもありましたが、有馬記念後の打ち上げには東京の競馬チームに加えて、ヤマタケ氏も参戦。いろいろ盛り上がる話題はあったんですが、事実を書いても、ヤマタケ氏から「盛る」と言われるので、辞めておきましょう(笑)。居酒屋でエンジンがかかった後は、カラオケへ。1年の総決算ということで、ヤマタケ氏が真っ先に歌ったのは「シーソーゲーム」。まるでプライベートで何かあったような気がしないでもない。それは、あくまで推測……。

美声?を披露した彼は、後輩のイシノ記者にAKB48のヒットソングをリクエスト。みんなで振り付けをマネながら大いに歌いました。「恋する♪ ヤマタケ クッキー♪~」。恋してるかどうかは知りませんが、ヤマタケ氏の笑顔は忘れられません。しかし、椎名記者からオーダーされた「家族になろうよ」は拒絶する。まだ結婚する気はないのか(あくまで推測)。そして、最後はミスチル締め。「終わりなき旅」をチョイスしたのは、終わりなき独身の旅を暗示しているわけではないと思いますが(これまた推測)。カラオケを出ると、最後はワタクシとヤマタケ氏の2人で再び居酒屋へ。POGブログ反省会……とはならなかった。まあ、酔っ払いすぎて覚えていないんですが、来年もブログ更新を頑張りましょう、という感じでお開きになったような。とりあえず、来年もよろしくお願いします。

さて、本日は美浦に残っている上倉記者に取材してもらった2歳馬情報を中心に触れていきましょう。

まずは、ホープフルS組の動向について。勝ったハートレー(牡、父ディープインパクト)の次走は未定。「まだ何も決まっていませんよ。とりあえず1月4日に放牧へ出す」と手塚調教師。あくまでウワサの領域ですが、ダービーにはムーアを呼ぶなんて声もちらほら。まだ真偽のほどは分かりませんが、昨年のダービー馬ドゥラメンテにはダービーでムーアが乗るプランがありましたし、あながちあり得ない話ではないかも。ムーア本人も「向こうでもずっとドゥラメンテ(の動向)をチェックしていた」とはっきり言っていましたし、とりあえずサンデーRからの発表を待ちましょう。

2着のロードクエスト(牡、父マツリダゴッホ)は在厩のまま皐月賞トライアルへ。小島茂調教師によれば、「残念としかいいようがない。上がって行き方一つだったが、出脚をそがれるところもあったから。右回りの2000メートルもこなしてくれたので、無事に行って欲しい。まだ5、6分の感じなので馬自体はまだ良くなりそう。トライアルのどちらかを使って皐月賞へ。ミルコは休み明けなら1800Mの方が良さそうだと言っているけど、他にも馬がいるので、本当に乗ってもらえるのか、ちゃんと確認しながら決めていきたい」とのことでした。

6着に敗れたプランスシャルマン(牡、父ジャングルポケット)は京成杯に向かうそうです。斎藤誠調教師は、「道中、かみっぱなしだったけど、それでもあそこまでは来た。もう少しリラックスしていれば違ったと思うが、経験を積んでいたのが裏目に出た感じ。うまい競馬はしたとは思うけど」とのこと。

ほかでは、デビューから2連勝でクリスマスローズSを勝ったマレボプール(牡、父キンシャサノキセキ)は年明けにNF天栄へ移動。「レースの選択肢があまりないので、様子を見ながらですね。テンションが上がってきて、ゲートを出なかったが、控える競馬をして幅が出たと思うし、今後を考えると、ああいう競馬ができたのは、良かったと思う。距離がもちそうな感じはあるので、延ばしていければ」と中川調教師。

続いては新馬勝ちした馬から。先週の中山・芝2000Mで勝ったルネイション(牝、父アドマイヤムーン)は、若竹賞か寒竹賞を視野に入れているそうです。栗田徹調教師は「センスがいい。おとなしくて乗りやすいが、まだ緩い面もあるので、良くなりそうな感じはある。オーナーと相談してですけど、若竹賞か、寒竹賞へ」とのこと。同じダーレーJのリンクス(牡、父アドマイヤムーン)はジュニアCを予定していますが、Aムーン産駒からクラシックを意識できそうな子供が出てきた感じも。ちなみに、「なりふり構わずディープを付けまくれ」と言ったかどうかは推測の域ですが、ダーレーJでは大ボスの指示で今年からディープインパクトを何頭か種付けしたとのこと。受胎は5頭だったそうですが、繁殖牝馬のクオリティーを考えると、3年後にPOGで注目を浴びる存在が出てくるかも。

中山の芝1600Mで勝ったサトノキングダム(牡、父ディープインパクト)はセントポーリア賞へ向かうそうです。国枝調教師は「まだ(良くなりそう)という感じだったが、初戦としては良かったんじゃないか。次はセントポーリア賞を使いたい」とのこと。

ほかでは、アイビーS4着以降は放牧に出されているスターオブペルシャ(牡、父ダイワメジャー)について。藤沢和調教師によれば、「まだ決まっていないよ。暖かくなってからだね。古馬になって走るだろうから、今は寒いし、無理はしない。戻す時期もまだだね」とのこと。2戦目で勝ち上がったチェッキーノ(牝、父キングカメハメハ)については、「これもスターオブペルシャと同じ。先々は走ってくるだろうし、暖かくなってからだね」とゆったり構えているようです。

本日はここまで、というより今年はこれで最後の更新。ワタクシがブログを始めたのは4月からでしたが、くだらない前フリも含めて、1年間ありがとうございました。来年もより多く更新できるように努めていきたいと思います。

みなさん、良いお年を。

コメント

おひさしぶりです。今年もありがとうございました。恋するヤマタケクッキー良いですね。ヤマタケさんとHKTの指原さん同郷の大分ですね。私は祐一騎手に敬意をしつつ、栃木県の壬生町の戸崎騎手の2年連続リーディング大変嬉しかったです。3年連続リーディング獲って欲しい。あと堀厩舎の快進撃は2016年止まりませんね。ハートレーとリオンディーズとエアスピネルを止めるのは、ウムブルフに注目しております。けど豊さんファンとしては頑張ってかきまわして欲しいです。
サッカーは監督交代劇あり、チェルシーやマンチェスター赤も水色もバイエルンも忙しくなりそうです。イブラ、ネイマールの移籍噂もありますね。
2016年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.