とにかく当たる: 報知競馬ブログ「現場発!POGブログ」

ブログ報知

スポーツ報知 | スポーツ報知競馬 |  ブログ一覧

« 徐々に見えてきた | メイン| ようやく »

2016年1月 8日 (金)

とにかく当たる 

こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチです。よろしゅうお願いします。

さて、昨日からテレビや新聞ではタレントのベッキーさんとゲスの極み乙女。のボーカルの方との不倫騒動で持ちきりとなっております。まぁ、事の真偽やどう思うかなんていうお堅い話はさておき、こういう「ゲスの極み乙女。」なんて変化球的な名前をつけてるバンドは特に不祥事的なことをやっちゃうと大変なんですよ。テレビや新聞、大体の見出しが「ベッキーのお相手はゲスの極み」なんて表現。こういう感じで書かれちゃうから。もしもですよ、SEKAI NO OWARIの方々に何かあったりしたら、「世界の終わり」をマイナスイメージに引っかけたりするんですよね、多分。

もう5、6年前になるでしょうか。数年ぶりに会った同じ年の友人と三宮(神戸の繁華街)を2、3軒飲み歩いたことがあります。で、向こうから急に自分の彼女の話を振ってきて、「今度、湯布院か黒川温泉に行きたいんやけど、近場で楽しめるスポットがないかな」と相談を持ちかけてきた。久々に会った友人から、しかも地元に関する相談。真剣に考えて、レンタカーであそこに行ったらなどなど、有名スポットから穴場まで自分で言うのも何ですが懇切丁寧に教えたモノです。

ところが、話の最後の方になって、もう午前2時を過ぎたあたりだったかな、あるコトに気づいたのです。「あれっ、お前、結婚したって言ってなかったっけ?」。今までの会話を振り返ると「嫁」ではなく、「彼女」という言い回し。すると、もうベロ酔いの彼は「まぁ、それはそれということで…」と言葉を濁しつつ、話を強引に違う話題へ切り変えてしまったのです。何と不倫旅行の手ほどきをしてしまったというワケで、まぁ、うまくハメられたんですよね。その後もたまに飲むことがあり、その関係も終わったという妙な報告を聞き、偶然とはいえ、ホントの嫁さんに遭遇する機会もあって、ワタクシが変に気を遣いながら話したことも。完全に「もらい事故」みたいな話です。

ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょ。

明日は京都で新馬は1鞍のみ。2Rのドラゴンカップ(牡、父ステイゴールド、母シルヴァーカップ)は姉にPOG期間中は当ブログで触れたこともあったシルヴァーグレイスを持ちます。こちらは今週の角居厩舎情報、ジュリアナ橋本記者からの情報提供でございます(いつものことですが…)が、「「調教を始めた頃の感じでダートでデビューしますが、今週乗ってくれたルメールが、乗りやすいし、芝でも走れそうと言ってくれました。本数はけっこうやっています。素質はありそうですよ」と前川助手は手応えをつかんでいるようです。このレース、友道厩舎から近親にロジユニヴァースなどを持つアドマイヤフィズ(牝、父ワークフォース、母ゼマティス)もデビュー。結構、いい時計は出ています。「こっちが思っているより、時計が出ている感じ」と友道調教師は口にしつつ、「使っていった方が良くなりそうなタイプ」とも。この条件への適性は感じていましたけどね。

さて、今週は音無厩舎が3歳戦で攻勢をしかけます。今週は音無調教師、さらには生野助手と二人にしっかりと取材したんですが、どうにも「あること」が気になりまして…。というのが、この音無厩舎の出走馬で取材したレース、同じくよく取材させてもらう橋口、矢作厩舎の馬たちと、ワタクシの立場からすると「2頭出し」になっていることが非常に多い。音無、橋口厩舎の対戦は明日の京都7Rと9R、日曜の京都8Rと3レースあるんですが、こちらは3歳馬絡みは全くなし。ただ、音無、矢作厩舎の対戦は明日の中山6R、日曜の中山9R、月曜の京都5R、10Rと4レースもあって、しかも3レースが3歳馬絡み。当然、取り上げないワケにはいきません。

その前にまず、音無厩舎にとっては京都5Rが非常に大切です。過去2戦、スムーズさを欠く競馬の続くレッドアヴァンセ(牝、父ディープインパクト)が登場します。「2戦ともまともに追えたのは1ハロンもない。長く、いい脚が持ち味だと思うけど、全く生かせていない」と音無調教師は首をかしげます。「相変わらず、今週もいい動き。もう何とかしたい」。音無調教師はこの馬の適距離はマイルと見ていて、桜花賞が大目標という見立て(以前はその後にNHKマイルCを使えれば、という話もしていたぐらいですからね)。だからこそ、もう足踏みは許されないという気持ちのようです。勝って、桜花賞戦線の新星として、名乗りを挙げてほしいモノです。ちなみに、音無厩舎は明日、登場するノガロもデビューから2度、スムーズさを欠きながらも3戦目で圧勝。「じゃあ、レッドも3戦目だな」と最後はトレーナーも自虐気味な笑みを浮かべていましたが、ホントにこの馬にかける期待は大きいのです。

さて、その音無厩舎VS矢作厩舎の第1弾は意表を突いた中山6Rです。音無厩舎は京王杯2歳S以来の実戦となるレッドラウダ(牡、父ダイワメジャー)を送り込みます。その前走の重賞は逃げる形になって、最後に失速しての4着。「1400ぐらいまでは大丈夫ななずだけどね。今度は差す競馬も考えている」と音無調教師は口にしていましたが、外めの枠に入りましたからね。どういう競馬を選択するのか。ちなみに、状態に関しては「本当にいいですよ」と担当の平井助手が太鼓判を押していました。

対する矢作厩舎はバシレウスライオン(牡、父キンシャサノキセキ)です。前走のクリスマスローズSは惜しい2着。とはいえ、十分に復調の兆しが見える走りでした。「前回は勝ちパターンと思ったけど、少し折り合いを欠いた分ですかね。久々を使って、いい感じでガスが抜けて、中間は乗りやすくなっています」と安藤助手は上積みを感じている様子。確実に自己条件で賞金加算を狙った2頭が平場で、しかも関東で当たってしまうのは皮肉なモノですが、面白い一戦となりそうです。

で、この勢いで明後日のレースも触れますか。中山9Rの寒竹賞も両厩舎の馬が出走。矢作厩舎からはタイセイサミット(牡、父ダイワメジャー)が出てきます。東スポ杯2歳S、朝日杯FSと道中で何度スムーズさを欠いたことか。それでも、最後はちゃんと伸びてきているんですよね。矢作調教師の言葉を借りるとするならば、「もどかしいどころの話じゃない」。その不利のあった前走のダメージもなく、中間も順調に調整できているようです。「折り合うので距離は大丈夫です。不利がありながらも強い競馬はできているし、状態は維持しています」と安藤助手。今度こそ、という気持ちの強い一戦です。

一方の音無厩舎からはノガロ(牡、父キングカメハメハ)。実は圧勝だった前走、少し間隔があいていたこともあり、「この状態でも勝ってほしい馬ですけどね」と生野助手は少しだけ慎重だったんです。その前走を叩いた今回となりますが、「いいですね。ひと叩きで良くなっていると思います。あとはうまく輸送を辛抱してくれれば」と生野助手は手応えを感じているようでしたよ。決して器用というタイプじゃないので、音無調教師は「中山がどうかだね」と口にしていましたが、期待しているようでしたし、どんな走りをしてくれますか。

その音無厩舎、ネオヴァンプアップ(牡、父カンパニー、母ネオイユドゥレーヌ)という馬が今週の新馬を除外されたんですが、この馬、なかなか厩舎での評判は高いんです。「水準以上の動きをする。今週の坂路で上がりの時計がかかったのは、前にいた馬が邪魔になって追えなかったから。マイルから1800あたりがいいと思うし、面白いかも」と音無調教師は期待していました。順調なら、来週の芝1800㍍に使うはずです。さらに、音無調教師が春先から期待していたデイジーフローラ(牝、父キングカメハメハ、母ブラボーデイジー)も栗東に戻ってきました。「以前よりはしっかりしてきたし、これなら(1回)京都開催の間に使えるかも」とトレーナーは口にしていましたよ。

では、ネット限定「厳選馬」。今日は珍しく2鞍を。「置きにいった」予想じゃないですよ、念のため。

京都5R→8レッドアヴァンセ(最近、多いパターンですが、詳しくは上記更新分をご一読ください。スムーズな競馬なら、まず負けない)

京都7R→6ミカエルシチー(前回は差してきたが、本来は先行力を生かす形が理想。ここは同型が少ない。できれば絞れていてほしい)

続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

京都3R→14ロイヤルクルーズ(デビュー前から坂口調教師は「ダートかも」と口にしていた。中間の攻め馬絶好。減量起用で先手奪えば)

京都10R→1ロングリバイバル(この2走を見ると、やはり芝でこそ。絶好枠で同型不在も魅力)

京都12R→14ボールドジャパン(うまく馬群の中に入ってほしいが、京都外回り1400㍍では別馬。今回もマークが薄いので妙味)

今日はここまで。しかし、2場開催でスムーズにパッチパチすれば、こんなに早い時間に更新できるのね。また、明日です。ではでは

コメント

突然のコメントですみません。いつも記事を楽しみにしています。
オディールの全弟ジェフティなのですが、橋口先生の厩舎に入厩すると聞いていましたが、その後何の情報もありません。
オディールゆかりの厩舎で、ファンの1人として心配しています。都合がつけば、ちょっと一言聞いてみていただけませんか?

今回のヤマタケさん芸能界の御意見番みたいです、ベッキ―は驚きましたね。あと神田正輝さんと三船美佳さん&V6岡田さんと宮崎あおいさんもお忘れなく。松本潤さんと井上真央さんのご結婚も注目です。
ブチコ圧勝驚きましたね。秋に牝馬の重賞交流レースでみたいです。あと短期免許の外国人騎手多いけど楽しみ。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

報知Facebookページ

おすすめブログ

関西ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券

地方競馬 南関東ブログ「プラス1」

記者プロフィール

ユーザーのつぶやき

サイト内検索

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.