ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

大会レポート

2017年7月16日 (日)

神経質な人には不向き?

Img_00781

 第23回ランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園が15日と16日、山梨・富士吉田市で開催され、179チームの計2060人が出場しました。
 当ページの管理人・桃井光一は、初めて24時間リレーを取材。「寝ずに走るの?つらそうだな」と先入観をもってましたが、皆さん、チームを班分けして睡眠時間を確保するなど、知恵を出し合って無理せず楽しむ方法を工夫していました。
 食べ物や飲み物を持ちより、テントなどで一昼夜を過ごす居住空間を作ってレースに臨む。そんな24時間リレーの特徴を、Kさんは「キャンプと合宿を兼ねたような大会で団体行動が必要」、Tさんは「隣で寝てる人のいびきが気になるような神経質な人には向いてません」と解説してくれ妙に納得しました。
 2日間とも天気に恵まれ、富士山もよく見えました。走る順番を待つ間、スマホでパシャパシャ撮影する方が多かったです。
 写真=富士山をバックにタスキの受け渡しをするランナー(16日午前6時ごろ)

 明日もランナーズ24時間リレーマラソンin富士北麓公園をリポートします。

2017年7月 7日 (金)

日光 いろは坂を上る喜び

Photo_4

 本日も第1回日光100キロウルトラマラソンをリポートします。3回目の今回は、大会誕生までの経緯をお伝えします。
 2015年の夏ごろ、ある関係者がチャレンジ富士五湖や八ヶ岳野辺山などのウルトラマラソンを運営するランナーズ・ウェルネスに「日光でマラソン大会を開催するなら、ウルトラの方がランナーに受けるのではないか」と相談。秋からランナーズ・ウェルネスのスタッフが調査を始め、地元の警察や観光協会と協議を重ねて翌16年8月に日光ウルトラの開催が決まりました。
 国内屈指の観光地・日光杉並木や世界遺産の日光東照宮などを巡り、いろは坂を上って下る。日光江戸村や東武ワールドスクエアにも寄る日光ならではの夢コースを半年かけて検討。この間、12年に飛騨高山、13年に白山白川郷と、地方のウルトラを立ち上げてきたランナーズ・ウェルネスのノウハウが生かされたはずです。そして今年1月、募集開始を迎えました。
 エントリーが始まると、100キロの部、62.195キロの部に44都道府県から計2525人が応募。第1回大会は「定員が埋まるのか」と関係者をヒヤヒヤさせるそうですが、「日光」パワーは絶大で定員をはるかに超えるエントリーがありました。
 当初から運営に携わってきたランナーズ・ウェルネスの上北康弘さんは「現在、参加した皆さんから多くの意見が届いています。辛口の意見や耳の痛い感想もありますが、第2回に向けて必ず参考にします。これから1年かけて、よりよい大会にしたい」と、しっかり「次」を見すえてます。
 写真=いろは坂を上るランナー

2017年7月 6日 (木)

日光 世界遺産の輝き

1

 本日も2日に開催された第1回日光100キロウルトラマラソンをリポートします。標高約200メートルのスタート地点からいろは坂を経由し、中禅寺湖畔の標高約1400メートルまで上り続ける100キロの部は、起伏の多いウルトラ大会に参戦するランナーの心に火をつけました。「今年の野辺山の参加Tシャツを着て走っている人が多かった」という声もあり、日光への注目度はかなり高かったようです。
 「どれどれ」と興味をもって参加したベテランがいる一方、初100キロの舞台に日光を選んだ方もいます。見事、完走を果たした2人のコメントを紹介します。
 小川浩一さん(42=10時間40分14秒)「サブ10を目標に60キロまではペース通り。そこからは下りのダメージがあって足が上がらなくなった。いろは坂は景色がよく、『ここまで上ってきたんだ』と気持ちがよかった」
 平野稔恵さん(55=13時間46分34秒)「日光東照宮などでは世界遺産だ、パワースポットだと感激。いろは坂は歩かず上れ、中禅寺湖が見えて『やったーッ』と感動。後半は関門との闘いになって気力と根性で頑張りました」
 残念ながら75キロでリタイアした亀田陽一さん(54)は「いろは坂はカーブが多く、下りはきつい。50キロ以降のエイドではバナナしか残っていなかった。まあ、遅いから仕方ありませんが、ガス欠になって眠くなりました」
 62.195キロの部を7時間31分25秒で完走した國定博子さん(63)は「日光杉並木、東照宮、日光江戸村など、観光地巡りを楽しめた。後半の田んぼの中の道は熱風で暑かった。参加Tシャツはカッコよかったですね」
 皆さん、お疲れさまでした。しばらくお休み下さい。
 写真=日光山輪王寺の法華堂前を通過するランナー

2017年7月 5日 (水)

日光100キロ完走記

Dsc_4717_2

 第1回日光100キロウルトラマラソンが2日に開催され、100キロと62.195キロの部に計2267人が出場しました。
 いろは坂を上って下り、世界遺産の日光東照宮などを巡る100キロのコースは多くのランナーの注目の的。当ブログでは本日から3日間、「日光」にスポットを当てます。
 第1回は、八ヶ岳野辺山100キロウルトラマラソンの10回完走者に贈られる称号「デカフォレスト」を2015年にゲットした垣本耕一さん(58)=千葉県=の完走記を掲載します。

 早朝4時30分、新しい100キロの旅が始まった。主催者から「このコースはデカフォレストへの挑戦」と聞いたら完走するしかない! 28キロで標高1400メートルまでひたすら上る序盤は、日光杉並木、日光東照宮、いろは坂、中禅寺湖、日光二荒山神社など、自然と世界遺産の文化を堪能でき、辛さより楽しさで一気に駆け上がることができた。いろは坂の交通量を考えた厳しめの制限時間(33.7キロ=4時間45分)をクリアし、中禅寺湖の風に「なんて心地よく見どころ満載なレースなんだろう」とホッとした。
 上ってきた分、同じだけ坂を下り、再び日光東照宮へ。足へのダメージは大きかったけれど参道で多くの参拝客から声援をもらい元気に、神橋では結婚式に遭遇し幸せな気分になった。まさしくパワースポット。後半は鬼怒川温泉方面へ。鬼怒川を4回渡り、日光江戸村、東武ワールドスクエアのエイドでそれぞれの園内を垣間見ることができた。
 この大会の本当の厳しさは60キロあたりからかもしれない。日中のひどい蒸し暑さに加え、見どころはあるものの単調なコースを多くの信号ストップでペースを乱され何度も心が折れそうになる。この日は曇り空で直射日光を浴びなかったのがせめてものラッキー。最後はいつものように苦行を成し遂げた感で、12時間51分13秒でフィニッシュした。
 以下、大会で感じたことをいくつかあげておく。
 【良かったこと】
 ・前半の豊かな自然の中、文化に触れながらハードな坂を走破できた ・いたる所で市民の初々しい応援が力になった=レース
 ・エイドのソーメンとツリ予防サプリ ・コース中でのマッサージは助かった=運営
 【残念だったこと】
 ・日本有数の温泉地・鬼怒川温泉に活気が感じられず、温泉街としての応援感もなく後半の盛り上げポイントとしては?
 ・日光江戸村と東武ワールドスクウェアの軒を借りただけのエイド。娯楽施設らしさをもっと期待してたのに…
 【見直してほしいこと】
 ・後半の信号が多過ぎる。ペースがつかめず心身への負担が大きく満足度を下げる
 ・スタート時間が早いのに近くに宿屋も駐車場もなかったのは辛かった
 とはいえ第1回。いろんなことがあっても楽しめた。運営スタッフやボランティアの方のランナーへの配慮がものすごく伝わってきて、とても良い大会だと思った。(垣本 耕一)

 写真=所属する浦安ランナーズクラブの仲間と完走を祝う垣本さん(左端)

2017年7月 3日 (月)

函館の達成感

Img_4489

 本日も2日に開催された「2017函館マラソン」をリポートします。北海道外から参加したランナーの多くが、大会の一番の魅力として函館山や赤レンガ倉庫などを望む景観の良さ、函館冷やし塩ラーメンや漁り火がごめ丼などが出てくる給食をあげてました。一方、コースのアップダウンが激しく、完走した時の達成感を指摘する道産子ランナーがたくさんいました。
 2年連続出場の札幌市のMさんは「津軽海峡沿いの漁火通(いさりびどおり)の向かい風で体力を消耗し、後半のともえ大橋の上りはきつい。けっこう走りがいのある大会ですよ」。八雲町のHさんは「私にとっては『魔のともえ大橋』。疲れた後半、あそこを2回通るのは厳しい。それだから走った感はすごい」と話していたのが印象に残ってます。
 北海道は5月に洞爺湖、6月に千歳JAL、7月に函館、8月に北海道、9月にオホーツク網走、10月に別海町パイロットと「フルマラソン王国」。春から秋まで毎月、大会があるから、皆さん、比較ができて目が肥えてます。「函館の達成感」はその通りで、道外の人が大会を選ぶポイントになりそうです。
 写真=レースを終えて千代台陸上競技場の芝生でくつろぐランナー。遠くに函館山が見えてます

2017年7月 2日 (日)

The函館グルメ

Img_4194

 「函館マラソン2017」が2日、函館市で開催され、フルとハーフにエントリーした約8100人が津軽海峡や函館山、赤レンガ倉庫などを望む港街・函館ならではのコースを駆け抜けました。
 心配されていた天気は、スタート時は曇りで気温20度、風速約5メートル。津軽海峡沿いの漁火通(いさりびどおり)は今年も強風で、1~2列になって走るランナーの集団が目立ってました=写真=。
 この大会は景観の良さに加え、地元色満載の給食が大好評。数量限定の函館冷やし塩ラーメン、漁り火がごめ丼、カステラ饅頭、チーズオムレットのほか、のどを潤し糖分を補給できる夕張メロンが今年も人気でした。
 函館市出身で「はこだて観光大使」を務めるタレントの福島和可菜(34)が今年もゲストランナーとして参加。レース後のあいさつで、「函館は坂と風と太陽の街。大会ではこの三つと『The函館グルメ』も味わえます。それが魅力ですから私も全部、おいしくいただきました」と故郷の素晴らしさをPR。彼女の明るくハキハキした口調は説得力があり、「そう、そう」とうなづく女性ランナーが多かったなあ。
 

2017年7月 1日 (土)

函館マラソン 明日号砲

Img_8462

 「函館マラソン2017」が明日2日、函館市で開催されます。昨年は北海道新幹線開業(新青森ー新函館北斗)を記念し、従来のハーフに加えてフルを新設。そのコースは津軽海峡と函館山、赤レンガ倉庫などが並ぶベイエリアを望め、全国47都道府県から集まったランナーたちに大好評でした。
 ただ、昨年は雨と強風に見舞われ、津軽海峡沿いの漁火通(いさりびどうり)を通過するランナーを苦しめました。今年も天候が不安視される中、前日の1日に「アクシデント」が発生。函館空港の上空が濃霧のため視界不良となって、午前中に各地を出発した計4便の到着地が新千歳空港に変更されたのです。このため、午前11時と午後2時30分から予定していたゲストの金哲彦さんの「ランニングクリニック」は、午後3時からの1回だけとなりました=写真=。
 もっとも、午後からは天候も回復。メイン会場の千代台公園陸上競技場に隣接する野球場では高校野球の地方予選が行われ、ブラスバンドや歓声が鳴り響いてました。当ページの管理人・桃井光一は羽田発の午後便だったため、すんなり函館入り。会場に着いて、多くのランナーがまだ到着できずにいることを知りました。
 さて、明日の本番はどんなドラマが待っているのか。天気予報は晴れ後曇りで最高気温は23.4度、風速5メートル。「雨降って地固まる」展開となることを祈ってます。

2017年6月26日 (月)

富里スイカ ゆるさが人気

Img_3959

 本日も25日に開催された第34回富里スイカロードレース(千葉・富里市)をリポートします。
 ゴール手前の約2キロ地点に設けられた「給スイカ所」とメイン会場では、特産品のスイカが無料で振る舞われるため、年々、人気が上昇。10キロの大会では珍しく、5年前から抽選制になりました。今回は北海道から沖縄県までの42都道府県から約2万人が応募。1万3066人が出場権をゲットし、当選倍率は約1・5倍でした。
 大会当日に用意されたスイカは、給スイカ所などのコース用に1200個、ゴール後の会場用に350個、会場内の販売所用に3000個の計4550個。富里産は5月中旬から2か月間が最盛期で、地元の関係者によると「サクサクッとした食感と皮目に近い方も甘いのが特徴です」とか。販売所での値段は1個(Lサイズ)1800円で、多くのランナーがお土産用に購入してました。
 大会の様子は28日のスポーツ報知(東京本社版)に掲載します。
 写真=10キロの部の約8キロ地点。ゆる~い雰囲気も人気です

2017年6月25日 (日)

富里スイカ 笑顔いっぱい

Img_3812

 第34回富里スイカロードレースが25日、千葉・富里市で開催され、メインの10キロ、5キロ、3キロの部に計1万1101人が出場しました。特産品のスイカが無料で振る舞われる大会とあって、スイカにちなんだ仮装ランナーが多いこと。雨が降りしきるレースでしたが、家族やラン仲間、職場の同僚たちと一緒に走る方が目立ち、笑顔が並んでました。
 都内の会社のランニング仲間と参加したNさんは「ここはタイムは二の次。みんなでパフォーマンスできるから楽しいね、と言いながら少し本気で走りました」。家族と友人ら10人で来たMさんは「コミュニケーションを取るには最高の場。盛り上がったあ」。スイカをイメージしたおそろいの衣装を見てると、こっちも楽しくなってきました。
 明日も富里スイカをリポートします。
 写真=独断ですが、本日の仮装大賞の皆さん。テーマはスイカ泥棒ですよね?

2017年6月11日 (日)

ヒルクライムに挑む理由

Img_3474

 本日も11日に開催されたMt.富士ヒルクライム(山梨・富士吉田市)をリポートします。
 約1万人のライダーが距離24キロ、標高差1255メートルの富士スバルラインを自転車で上っていく光景は迫力満点。カラフルなウェアとヘルメットを身につけた選手たちは「ハアハア、ゼイゼイ」と呼吸を荒くし、必死にペダルを踏み続けます。この日、当ページの管理人・桃井光一はメディア専用車でコースを巡回。テレビに映ったツール・ド・フランスのようなシーンの連続に目を見張りました。
 レース後、何人かの方に「なぜ、つらいヒルクライムに出るのですか?」と取材。答えは「頑張れば達成感が大きい」「去年の自分を越えたい」「仲間と健闘をたたえられる」といったものが多く、フルマラソンやウルトラ100キロの完走コメントを聞いているような気がしました。ともにタイムを目標にゴールを目指す競技で、中高年の愛好者が多いランとバイクは、やはり感性が似ているようです。
 Mt.富士ヒルクライムの様子は、27日のスポーツ報知(東京本社版)に掲載します。
 写真=ゴールが約500メートル先に迫り、最後の坂でスパートするライダーたち

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.