ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« ウルトラ命 夫婦でトレイル参戦 | メイン| ガチンコ手賀沼 第1回水戸黄門漫遊 »

2016年10月28日 (金)

ウルトラ命 出会いを大切に

Dsc_05451

 「ウルトラ命」第12回は、大会での出会いを大切にする田中弘子さん(61)=奈良県=。前夜祭やエイドでのおしゃべり、地元の方との交流を何よりも楽しんできました。

 2004年、王寺ランナーズクラブに入会し、「ウルトラの母」と呼ばれる8歳年上の先輩と知り合った。各地の大会に参加してきたベテランから「一緒に行こうよ」と誘われ、08年の四万十川ウルトラマラソンに出場した。
 20キロまでは好調だったのに、中盤から右ひざが痛くなった。「母」から「みんな、足が痛いんだよ。関門にかかるまで走ろう」と携帯電話で励まされたけど、痛みがひかず80キロでリタイア。厳しい「母」に「ダメだった所は必ず完走してリベンジしないとあかん」と言われ、11年の四万十川は13時間55分1秒でゴールできた。
 そんな普通のおばさんが走り始めて17年。ウルトラ歴は8年で、大会出場数は今月のえちご・くびき野100キロマラソンで28回になった。
 14年の村岡ダブルフルウルトラランニングでは、素晴らしい景色を見つけたものの携帯電話を持参してなかった。携帯で写真を撮っていた男性に「その写真を送ってもらえませんか」と図々しく頼み、アドレスを伝えた。翌年も村岡に参加すると、その男性から「田中さんですよね」と声をかけられてビックリ。思わぬ再会と写真のお礼が言えてうれしかった。
 今年6月の隠岐の島ウルトラマラソンでは、応援メッセージをくれた女の子とお父さんが55キロ付近で待っていてくれた。「オレンジのユニホームで走ります」と伝えていたので、「田中さんですか」と声をかけてもらった。3人でおしゃべりしたのは1分弱だけど、私は人と接することが大好き。大会での1回限りの出会いであっても大切にしたいと思う。
 来年は秘かな目標がある。4月の奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足、5月のえびす・だいこく100キロマラソン、6月の隠岐の島を制限時間内に完走できれば「島根ウルトラの神」として島根県知事から表彰され、副賞の特産品ももらえるという。隠岐の島はこれまで7回走って5回完走。7回完走すれば「レインボーメダルホルダー」として表彰される。励みになる1年になりそうだ。
 島根には「母」も同行。おばさん2人がワイワイやりながら、見知らぬ人たちとのステキな瞬間を期待したい。私は「王寺RC」とプリントされたオレンジのユニホームで走る。見かけたら声をかけて下さいね。
 ◆田中 弘子(たなか・ひろこ)1955年5月4日、熊本県生まれ。ベスト記録はフルが4時間4分15秒(2012年2月、泉州国際)、100キロが12時間48分12秒(09年6月、サロマ湖)。161センチ、54キロ。血液型B。
 写真=9月の高野龍神スカイラインウルトラマラソンに出場した田中さん

 次回「ウルトラ命」は11月4日

コメント

おはようございます。
私の知らない田中さんをたーくさん知ることができました。
ウルトラ企画にも合致した素晴らしい方ですね。
練習も常にウルトラやん。と思うような練習なさっているのです。

更に尊敬いたします。
田中さん繋がりでどんどんこの企画広がるのではありませんか?次回以降も楽しみにしています。

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.