ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 東京へ続く道 | メイン| 加古川マラソン »

2016年12月17日 (土)

青梅マラソン試走会

Img_9388

 来年2月19日に開催される青梅マラソン(報知新聞社主催)の試走会が、盛んに行われています。毎年、11月に入ると週末や休日ごとに首都圏各地のランナーが青梅市に集結。30キロの部のコースをスタートからゴールまで、グループや個人で駆け抜けます。
 試走に訪れたランナーの行動は、ほぼ同じ。メイン会場の青梅市総合体育館のロッカーに荷物を預け、3~4時間かけて30キロを走ります。その後、同体育館のシャワーか最寄りのJR河辺駅前の温泉施設で汗を流してラン仲間と打ち上げと、青梅の年末の「風物詩」となってます。
 青梅の30キロはアップダウンに定評があり、「その厳しさを前もって体験したい」と多くの人が試走します。もっとも、ハードコースの30キロ走は最高の練習になるため、最近はエントリーしていないランナーも青梅に来て走り込んでいるようです。
 30キロのコースはJR青梅線とほぼ並行しているので、体調が悪くなったら電車に乗ってスタート地点まで戻れます。同じ東京とは思えない山や川の景色も楽しめます。充実した練習と気分転換にはもってこいの場所といえます。
写真=30キロの部の折り返し地点付近を走るランナー

コメント

昨日、30キロの試走をしました。折り返して、二俣尾駅辺りから脚が上がらず、練習不足を痛感!
2月の青梅マラソンでは初30キロに挑戦。坂に負けない!そして、自分に負けない!を目標に、練習します。

I’ll immediately seize your rss feed as I
can not in finding your email subscription hyperlink or newsletter service.
Do you have any? Please permit me realize so that I could subscribe.
Thanks.

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.