ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« ハイテクハーフマラソン | メイン| 全国13大会がPR »

2017年1月10日 (火)

猫ひろし、福島和可菜も激走

Img_6769

 明日11日のスポーツ報知(東京本社版)は、東京・荒川河川敷で8日に開催されたハイテクハーフマラソン(報知新聞社後援)を特集します。
 ハーフ一般男子は専大時代に箱根駅伝で活躍した大橋秀星(26)=ラフィネグループ=が1時間5分28秒で、同女子は鈴木絵里(32)=能代山本陸協=が1時間16分55秒で初優勝。リオデジャネイロ五輪・男子マラソンのカンボジア代表・猫ひろし(39)とタレント・福島和可菜(34)のゲストランナー2人も好記録で駆け抜けました。
 自己ベストを出したランナーも多く、新年最初のハーフ大会はホットな盛り上がりを見せてました。
 写真=トークショーやチャリティオークションでも会場をわかせた(左から)猫、福島、谷川真理さん
 

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.