ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 台湾、中国人はメダル好き | メイン| 富士山とタフな坂道  »

2017年5月18日 (木)

中国で人気 日本の大会 

2017_1

 本日も11日に開催された「市民マラソンサミットin湘南」(神奈川・藤沢市)をリポートします。
 サミットに参加したのはイーハトーブ花巻ハーフ、いわきサンシャイン、つくば、小布施見に、横浜、湘南国際、静岡、京都、奈良、愛媛、高知龍馬、メルボルンの12大会事務局。皆さん、参加者数が急増している台湾、中国、香港から来日するランナーへの関心が高く、サミットに招かれた中国人パネリストの「ナマの声」は貴重なものとなりました。
 「RUNNET」を運営するアールビーズ社グローバル事業推進室・候峰(コウホウ)さん「現在、中国で公認されている公認大会は326。国土が広いため、旅費などは日本に行くのと変わらないケースが多い。中国では日本の大会のクオリティーの高さが評判で、中国よりも日本に行きたがる人が増えてます。傾向としては地方に行って、東京や大阪のような大都市の大会とは違う経験を望む人が多い。ただ、地方大会のホームページは日本語ばかり。中国語と英語も表記すれば、中国からの参加者は一気に増えます」
 湘南国際、静岡、長野マラソンなどに出場したランナー・謝威(シャウェイ)さん「中国ではこの5年間、健康のために走り始めた人が増えました。海外のマラソン大会に行くこともブームで、特に日本の人気は高い。大会参加費は中国の2倍ですが、給水や給食、応援などの『おもてなし』のよさは有名です。受け入れ態勢を整えれば、もっと中国人は参加すると思います」
 会場にいた12大会の関係者は真剣な表情で聞き入り、メモを取ってました。中国とは政治・外交を巡り問題が生じてますが、ことマラソンに関しては交流の場が広がり「ウィン・ウィン」の関係になりやすい状況にあるようです。
 写真=今年3月の静岡マラソン。33キロ過ぎ、左手に富士山を見ながら走るランナー(同大会事務局提供)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.