ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 北海道で大人の合宿 | メイン| 宗谷岬へ北上 »

2017年8月11日 (金)

走り旅の喜びと達成感

20170811_sbsh01641

 北の大地を駆け抜ける「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)は11日、第6ステージ(富川―浦河)が終了。右手に太平洋を見ながら進む約84キロの行程ですが、サラブレッドの生産牧場が次々と現れます。大狩部周辺の広大な牧草地には未来のGⅠ馬?が並び、記念写真のスポットになってました=写真=。
 今年で21回目を迎えた大会は、呼び掛け人の御園生維夫(みそのう・ゆきお)さん(51)自身の体験から生まれました。30歳の時、年末年始に京都~東京間535キロを6日間で走破する「東海道五十三次ジャーニーラン」に参加。両足首がはれ上がりボロボロの状態でゴールしたものの、喜びと達成感が大きく「この感動を多くの人に伝えられないか」と、壮大な「走り旅」創設を思いつきました。
 舞台は大学時代を過ごした北海道とし、タイムや順位よりも自然や文化、出会いを「ゆっくりと楽しみ、旅をするように走る」ことをコンセプトに掲げ、制限時間も早歩き程度の時速5.5キロを基準に設定。ルールはコースマップを頼りに必用な荷物を担いで走歩すること。エイドや誘導も最小限にし、ランナーが自力で乗り切っていく大会としました。
 そんな夢プランを詰め込んだトランス・エゾは、1997年にスタート。99年までは襟裳岬から宗谷岬を目指すコース「toそうや」で行われ、2000年に宗谷岬から襟裳岬までの「toえりも」、宗谷岬と襟裳岬を往復する「アルティメイト・ジャーニー」を新設。二つの岬を往復する距離は1096.8キロに達し、継続する大会では世界最長とされます。

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.