ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 隣のレジェンド 80歳「二刀流」 | メイン| 秋晴れの札幌マラソン »

2017年9月29日 (金)

隣のレジェンド 仲間と走る喜び

Photo

 「隣のレジェンド」第5回は、ウルトラマラソン歴25年を誇る伏見房子さん(75)=大阪府=。ラン仲間との走り旅を中心に国内外を飛び回っています。

 今年1月は台湾ジャーニーラン、春の大型連休は青森・浅虫温泉~岩手・釜石ラン、5月末は横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン65キロの部、7月は東京・葛西臨海公園の7時間走、8月は核兵器のない世界平和実現を願う広島~長崎リレーマラソン。70代中盤ながら、伏見さんはエネルギッシュに活動する。
 気心のしれた20年越しのラン仲間が、ロングランや練習会を企画。その合間にウルトラマラソンに出場する。「最年長の私は、ずっと最後尾。やっとついていくほど遅いのに、いつも誘ってもらえる。ありがたいなあ。みんなと楽しく、いつまでも日本列島を旅したい」という。
 若いころは体調がもうひとつ。子育てが一段落した45歳の時、ご主人の正勝さん(15年前に62歳で死去)に「走ったら元気になるで。靴だけあればできるやろ」と言われて走り始めた。朝晩のジョギングが日課となり健康になった。48歳で初フルとなったホノルルを4時間17分で完走。49歳で初ウルトラを迎え、阿蘇カルデラの100キロを11時間40分で走り通した。
 「ウルトラは知らない方でも話しかけやすく、すぐ友人になれる。走る仲間がたくさんできて、いろんな大会を勧められるようになって、すっかりはまってしまった」。100キロは野辺山、四万十川、宮古島ワイドーなど多数。100キロ超級は山口萩往還(250キロ、完踏10回)、夜叉ヶ池伝説(135キロ、同17回)、関西周遊(305キロ)、トランスエゾ(襟裳岬~宗谷岬550キロ)なども参加してきた。
 一方、68歳の時には思わぬ大病も経験。物がゆがんで見えたため、脳神経外科を受診すると脳動脈瘤(りゅう)と診断され、開頭手術を受けた。無事に社会復帰を果たし、「自分へのご褒美」としてトランスヨーロッパとスパルタスロンに出場。いずれも途中でリタイアしたが、その行動力が周囲を驚かせた。
 脚に違和感が出てきたら整形外科に直行。バランスのよい食事、カルシウムの摂取を心がけているが、最近、血圧が高くなってきた。それでも、整形外科医から「走って血圧を下げましょう」と言われ、薬よりも運動することで体調をキープしている。
 「今、走らなくなったら、足腰の丈夫さを保てない。みんなと走っていて道に迷うことがあったら辞めようと思ってますけど」と笑う伏見さん。来年1月には仲間と沖縄一周ジャーニーランに向かう。その準備として、年内はハーフマラソンに2~3回出場する予定だ。
 ◆伏見 房子(ふしみ・ふさこ)1942年8月3日、大阪府生まれ。フルのベスト記録は3時間32分(93年1月、西脇レディース)。142センチ、40キロ。血液型O。
 写真=鹿児島・佐多岬に着いた伏見さん

 次回「隣のレジェンド」は10月6日に掲載

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.