ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 隣のレジェンド 復帰を誓う | メイン| 隣のレジェンド 80歳「二刀流」 »

2017年9月19日 (火)

「走り旅」ウルトラの魅力

1709103034y

 明日20日のスポーツ報知(東京本社版)は、ウルトラマラソンの魅力をベテランランナー2人に語ってもらいました。
 2人が上げた共通ワードは「走り旅」。「四万十川は川と橋の景観が最高。秋田内陸はローカル線沿いのコースで、列車が通過する時に『頑張って』と警笛を鳴らしてくれる」「しまなみ海道(2014年大会で終了)は、みかんやオレンジの生しぼりジュースがおいしかった」と、印象に残った大会も指摘してくれました。100キロ大会の一覧表とともにお楽しみ下さい。
 秋のフルマラソンに向けた連載「直前チェック」には、1999年の世界陸上セビリア大会・女子マラソンで銀メダルを獲得した市橋有里さん(39)が登場。「30キロ走が苦手な人は登山に行きましょう」と興味深いことをアドバイスしてます。

 写真=10日に開催された白山白川郷ウルトラマラソン。早朝5時過ぎ、世界遺産「白川郷合掌造り」の岐阜・白川村を走るランナー(右側)  
  

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.