ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 第2回「日光」6・17開催 | メイン| さいたま国際 ドラマの予感 »

2017年10月31日 (火)

盛り上がった富山、宮古島

Dsc06178

 明日11月1日のスポーツ報知(東京本社版)は、先月29日に開催された富山マラソン、エコアイランド宮古島マラソンの様子をリポートします。
 高岡市から富山市に向かうワンウェイで行われた富山マラソンには、フル、車イス(9㌔)、ジョギング(約4㌔)の部に計1万2850人が出場。台風22号の影響で断続的に雨が降り続くコンディションながら、ランナーやボランティア、沿道で応援する人たちが大会を盛りあげました。
 沖縄本島の南西約290キロに位置する宮古島を駆け抜けるエコアイランド宮古島マラソンは、フルとハーフ、10キロの部に計1558人が出場。こちらも台風のため本州や沖縄本島からの航空機、フェリーの欠航が相次ぎ、参加者は例年より800人ほど少なかったとか。それでも、宮古島と伊良部島を結ぶ全長3540㍍の伊良部大橋も走ることができ、参加者は青い海原とサンゴ礁のナイスビューを楽しみました。
 今年から秋開催となった横浜マラソンは、安全面を考慮し前日の28日に中止を決定。「横浜を走れなかった友人の分も頑張りました」。富山マラソンを完走した男性のコメントが耳に残ってます。
  
 写真=伊良部大橋を通過するランナー

コメント

宮古島!こんなところで一度は走ってみたい!

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.