ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« コトブキヤ稲田 後輩に闘志 | メイン| 小江戸川越の楽しみ方 »

2017年11月26日 (日)

小江戸川越 魂のエール

Img_5467

 小江戸川越ハーフマラソン(報知新聞社後援)が26日、埼玉・川越市で開催され、ハーフや10キロ、ファンラン(約4キロ)にエントリーした約1万人のランナーが観光スポットの蔵造りの町や田園地帯を駆け抜けました。
 今回も大会特別協賛企業サミーが、コース上でランナーを強力サポート。約3.5キロ地点の蔵造りの通りには応援団「セガサミールーターズ」のメンバー5人とチアリーダー2人が待機。太鼓をたたき、声と手拍子で「ファイト、ファイト」「頑張れ、頑張れ」などと、都市対抗野球仕込みのパフォーマンスを披露しました。同社のパチンコ、パチスロ遊技機は主に川越工場で製造。「地元」とあって、社是である「積極進取」とコースマップを印刷したハリセンマップ3000枚も沿道で配って大会を盛り上げました。
 参加したランナーは「ガチンコ派」よりも「お楽しみ系」が多そう。汗を流して川越の居酒屋で打ち上げる方がほとんどとか。皆さん、楽しそうでした。
 明日27日も川越の様子をリポートします。  
   
 写真=蔵造りの町でランナーにエールを送るサミー応援団

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.