ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 奈良マラソン 人気の理由 | メイン| 青梅試走会 半世紀の伝統 »

2017年12月11日 (月)

古都の景観 タフな坂道

Img_6288

 本日も10日に開催された奈良マラソン2017(奈良市、天理市)をリポートします。
 平城宮跡や東大寺大仏殿などの古都を巡るロケーションに優れる一方、坂の多い難コースが待ち受ける大会としても有名です。中盤以降、白川ダム周辺の約4キロ続く坂を往復するため、「記録が出にくい」といった評判をよく耳にします。
 そのアップダウンに関し、取材したランナーの感想を紹介します。
 「坂と峠にやられた。ここでサブスリーを出せる人はすごい」(3時間9分28秒=男性54歳、埼玉県)
 「天理に抜ける坂を2回通ってしびれた。きついコースだった」(3時間16分59秒=男性33歳、宮城県)
 「坂が多過ぎて何度も心が折れた。予想以上にタフな大会でした」(3時間52分28秒=男性41歳、兵庫県)
 「坂に撃沈。でも、給食のぜんざいがおいしく、来年も挑戦したい」(4時間3分44秒=女性40歳、兵庫県)
 「坂ばかりでよい練習になった。ここでサブフォーを出したいです」(4時間3分49秒=女性53歳、大阪府)
  
 写真=ゴール地点には天平時代のお姫様?、ゆるキャラがお出迎え 

コメント

奈良マラソン 連日の投稿ありがとうございます。
激坂だとわかっていても走りたくなる、走らなきゃと思う県民ランナー達今年も年末に盛り上がりました。ここで
サブ3 サブ4狙ってみよう 来年も…
毎年奈良マラソンが真冬を呼んできます。
今朝は氷が張っていました。奈良。

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.